ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 887499 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳へ

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー hiroz55, その他メンバー2人
天候曇り空。それでも雲は高いところにありましたので、風景はよく見えました。
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
茅野駅からレンタカーを利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち57%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間32分
休憩
3時間57分
合計
11時間29分
Sやまのこ村04:1704:23美濃戸山荘04:2405:10堰堤広場05:1106:11赤岳鉱泉07:3107:38大同心沢(大同心ルンゼ)分岐07:3907:42ジョウゴ沢07:4308:41赤岩の頭08:5109:11硫黄岳09:3609:56硫黄岳山荘10:0110:25台座ノ頭10:47横岳(奥ノ院)10:5911:05無名峰11:0911:16横岳(三叉峰)11:23石尊峰11:31鉾岳11:3511:44日ノ岳11:4511:52二十三夜峰11:5312:01地蔵の頭12:06赤岳天望荘12:4713:20赤岳頂上山荘13:26赤岳14:0614:10竜頭峰14:11赤岳14:1314:20文三郎尾根分岐14:2315:14行者小屋15:1915:46赤岳鉱泉G
日帰り
山行
1時間2分
休憩
5分
合計
1時間7分
宿泊地08:4208:59堰堤広場09:31美濃戸山荘09:3209:40赤岳山荘09:4409:49ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目はGPSの起動が遅れてしまい、1kmほどブランクが空いています。赤岳鉱泉を8時15分頃出発しました。
コース状況/
危険箇所等
横岳〜赤岳山頂間は岩場、鎖場が連続します。落ち着けば難なく越えられますが、高度感はあります。
その他周辺情報八ヶ岳の山小屋は大抵風呂またはシャワーがあります。美野戸口にも風呂のある店がありますし、近隣にも日帰り温泉が何か所かあります。我々は茅野市の施設「玉宮温泉望岳の湯」を利用しました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ
備考 サングラスが壊れて持って行かれませんでした。

写真

北沢と南沢の分岐。暫く林道歩きが続きます。
2016年05月28日 04:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢と南沢の分岐。暫く林道歩きが続きます。
赤岳鉱泉にて今宵の宿を設営。早朝なので、良い場所が確保できました。
2016年05月28日 07:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉にて今宵の宿を設営。早朝なので、良い場所が確保できました。
1
テン場を望みます。
2016年05月28日 07:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場を望みます。
赤岳鉱泉。よさげな山小屋です。次回は小屋も良いかも。
2016年05月28日 07:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。よさげな山小屋です。次回は小屋も良いかも。
硫黄岳近く。山々が見えます。
2016年05月28日 07:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳近く。山々が見えます。
この稜線を歩くんですねぇ。
2016年05月28日 08:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この稜線を歩くんですねぇ。
1
硫黄岳へ到着。ここまでは穏やかな登り道。
2016年05月28日 09:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳へ到着。ここまでは穏やかな登り道。
1
爆裂火口。中々迫力のある光景です。
2016年05月28日 09:36撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口。中々迫力のある光景です。
1
一休みして横岳へ向かいます。
2016年05月28日 09:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休みして横岳へ向かいます。
硫黄岳山荘。トイレが山小屋にあるまじきウォシュレット…。
2016年05月28日 09:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。トイレが山小屋にあるまじきウォシュレット…。
富士山が見えました!
2016年05月28日 10:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えました!
2
ツクモグサ。
2016年05月28日 10:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクモグサ。
2
赤岳が近づいてきました。途中、何度も難所を通りますが、そこは写真を撮っている余裕がないので…。
2016年05月28日 10:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳が近づいてきました。途中、何度も難所を通りますが、そこは写真を撮っている余裕がないので…。
頂上山荘。八ヶ岳最高峰へ到着です。
2016年05月28日 13:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘。八ヶ岳最高峰へ到着です。
手作りの可愛らしい看板が置いてありました。
2016年05月28日 13:31撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作りの可愛らしい看板が置いてありました。
1
一休みして下山します。早く降りてビールを飲みましょう!
2016年05月28日 13:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休みして下山します。早く降りてビールを飲みましょう!
テン場で宴会をしていたら日が沈んできました…。
2016年05月28日 19:15撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場で宴会をしていたら日が沈んできました…。
1
朝のテン場。
2016年05月29日 06:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のテン場。
赤岳に別れを告げて、麓に戻ります。
2016年05月29日 07:19撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に別れを告げて、麓に戻ります。

感想/記録


 毎年4月から5月末までにかけては仕事が多忙を極めることとなっている。
 今年もまぁ、例年同様に多忙を極めた。

 その多忙が終わった後、今年はご褒美として同僚と八ヶ岳への山行を企画していた。
 例年、人が多くなる開山祭の直前の空いているうちに、雪解けした爽やかな稜線を歩こうという魂胆だ。

 そうして、同僚2人と楽しみにしていた八ヶ岳にやってきた。

 天気はぱっとしなかったけど、よく考えれば風景は存分に楽しめたし、かんかん照りにならず心地よく歩くことができて逆に良かったのかも知れない。

 横岳〜赤岳間はスリリングな岩場も何か所かあったけど、気をつけて足を運べば何とかなるレベル。それでも落石が怖い箇所があると同僚に言われて、ヘルメットは装着して臨んだ。

 赤岳からの眺めを存分に堪能して、山を下ることにした。
 今年は5月から雲取、八ヶ岳と2回もテン泊を楽しむことができた。

 次は何処へ行きましょうかねぇ。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ