ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 887537 全員に公開 アルパインクライミング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳 前尾根

日程 2016年06月01日(水) [日帰り]
メンバー samoazakki, その他メンバー3人
天候曇りのち晴れ 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
裏道登山道登山口近くに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間26分
休憩
5時間23分
合計
19時間49分
S御在所岳裏道国道入口08:0108:36藤内小屋08:36藤内小屋08:56藤内壁出合08:56藤内壁出合09:01藤内壁 一の壁11:3709:01藤内壁 一の壁11:3715:49藤内壁出合15:49藤内壁出合16:05藤内小屋16:1016:05藤内小屋16:1016:33御在所岳裏道国道入口16:3416:33御在所岳裏道国道入口08:0116:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ザイルを出したのは5ピッチ(ヤグラ除く)
全体で6ピッチ?
カム(キャメロット#2)がよく使えた。
他にもボルト等あり。

装備

個人装備 クライミングシューズ ハーネス ヘルメット ロックカラビナ カラビナ スリング
共同装備 ロープ(ダブル 50m)×4<br />クイックドロー(アルパインヌンチャク×4 フリーヌンチャク×1)この程度リードが持てば足りるくらい?<br />キャメロット(#2 3 4 6)

写真

藤内小屋
2016年06月01日 08:33撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内小屋
1
藤内壁へ
2016年06月01日 08:57撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤内壁へ
1
1ピッチ目
2016年06月01日 09:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1ピッチ目
3
2ピッチ目後半部
2016年06月01日 11:19撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2ピッチ目後半部
2
3ピッチ目
2016年06月01日 12:06撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ピッチ目
3
3ピッチ目近づいて
2016年06月01日 12:12撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3ピッチ目近づいて
3
4ピッチ目
2016年06月01日 13:03撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4ピッチ目
2
一ノ壁と伊勢湾
2016年06月01日 14:21撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ壁と伊勢湾
2
ヤグラを望む
2016年06月01日 14:41撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラを望む
3
下山路 落石に注意
2016年06月01日 15:35撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路 落石に注意
2
岩塔群を望む
2016年06月01日 15:37撮影 by SO-04G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩塔群を望む
1

感想/記録
by samoa

天気のいい平日を狙って御在所岳にアルパインへ。
久々の本格的なアルパインなのでちょっと緊張気味。

山科駅へ集合して一路、名神へと思ったが工事のため京都東インター使えず...
大津インターまで行って高速へ。

久々の鈴鹿、四日市まで回り込むのは久々だ。
裏道登山道近くの駐車場は平日にも関わらず以外と車が停まっている。

さて、藤内沢沿いの道を登り、小屋を経由してのクライマー以外立入禁止の看板から藤内沢の支沢を一の壁を眺めつつ遡り、最初に出てくる取りつきポイントっぽいところを見送って前尾根の取りつきへ。

すでに別パーティが取りついている。
2人チームと3人チームに分けて、いざ出発。

1ピッチ
小さな樋状のチムニーをカムでランニングを取りつつクラックっぽい登りで突破。
この部分は左手から巻くこともできる。
上部はなんとでもなる。終了点はボルト。

2ピッチ
1ピッチ目からすぐで、立木を支点にビレイ。
上部のテラスに出る手前の岩に乗り移るところのムーブが大きめ。
ボルトがあるので、スリングをかけてホールドとして登ると楽。
テラスに終了点らしきボルトがあるが、もう一段上がったところが本当の終了点。
ボルトがあるが、立木を支点にセカンドビレイ。

3ピッチ
4ピッチ目の下まで適当に歩いていく。
ロープ不要。特に危険箇所なし。

4ピッチ
大きな岩壁の左手を登っていく。
少し登ったところにビレイ用のボルトあり。
下から登ると50mザイルで足りないクライなのでここでビレイするのがよさそう。
特に難しさはない快適な登はん。終了点はボルト。

5ピッチ
緩い斜面をフリクションを頼りに登っていく。
特に難しさはないが、油断して足を滑らせないよう注意。

6ピッチ
中盤あたりに出てくるクラックを越えるのが少し緊張する。
足をクラックにぶちこんで登る。
カムで支点を取れるのでお助けスリングもセット出きるかも。
終了点はあるが、一番上ではない。
ピナクルにスリングをかけて支点をとってフォローの確保。
終了点から安全地帯に移るまで微妙にスタンスが見えにくいので注意が必要。

それにしても風が強く、寒いどころか煽られて転倒しそうになるくらい。

ヤグラは時間がないのでカット。
ヤグラを向いて右手の下降路を降りる。
落石にとても気を使うルートを下ろして、藤内壁出合から来た道を戻って駐車場まで。

久々の外岩アルパイン。やっぱり気持ちがよい。
システムの確認等よい訓練となった。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

スリング 出合 ザイル 落石 ビレイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ