ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 887944 全員に公開 ハイキング甲信越

入笠山 スズランと展望と林道の旅

日程 2016年06月02日(木) [日帰り]
メンバー shigken85
天候晴れ(午前中雲多し、午後晴れ)
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
7:00新宿発 特急スーパーあずさ1号・松本行
8:54小淵沢着
9:02小淵沢発 中央本線・松本行
9:10富士見着
タクシーでゴンドラすずらんへ行く(\1,600)・・・すぐ着く、意外に近い
ゴンドラすずらんで山頂駅へ \1,050(片道)

※無料のシャトルバス6月中は毎日運航とのこと
 10:00富士見発
 15:00ゴンドラ駅発
 行き帰り1本のみ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
1時間2分
合計
5時間49分
S富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅10:0710:17入笠湿原10:1810:52入笠山11:3111:40首切登山口(仏平峠)11:43首切清水11:51大阿原湿原前分岐11:5312:05テイ沢分岐12:35テイ沢入口13:25御所平登山口13:31山彦荘13:4914:20お花茶屋14:2214:45展望台15:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコ算出による標準コースタイム
ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原 10分
入笠湿原横断〜山彦荘 10分
〜入笠山 1.1km 30分
〜大阿原湿原 1.4km 25分
〜大阿原湿原横断、テイ沢林道出会い 2.1km 45分
〜山彦荘 3.7km 55分
〜すずらんの里駅 7.3km 2時間8分
コース状況/
危険箇所等
<ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原>
ゴンドラを下りて左へ行き道標通り歩く
鹿柵までは良く踏まれた登山道
鹿柵以降は木道
湿原内は全て木道
ゴンドラ付近にお花畑がありアツモリソウなどがある
6/2現在はまだ咲いていない状況
スズランの開花は全体の3割程度だと思う
入笠湿原はそんなに花はなく夏が近づくともう少し咲くのか?そう思う

<入笠湿原〜入笠山>
山彦荘の所から登山が始まる
立派なトイレと自動販売機などがある
朝の段階では山彦荘は静かであったが下りてきたときには山彦荘に人が多くいた
一般の道路を左に行きすぐに入笠山歩道があるので一般道路を歩かなくとも歩道で歩くことが出来る。もちろん、一般道路でも行けるし平坦なのは一般道路の方である。
自然歩道を終えると自動的に入笠山の登り口に着く
ここからは他よりは楽だが少々登山的な登りとなる
この登りにも沢山のスズランがあり1〜2割程度開花していた。まだまだ楽しめそう。
他の小さな花々も沢山咲いていた
九十九折を終えると、よくある感じの登山道的な道となり途中、岩場コースと普通コースに分かれるが、岩場コースは特に難しい岩場でもなく花も多いので岩場コースをお勧めする。ちなみに、普通コースは山頂を一旦巻いて逆から山頂に登る感じとなる。ゆっくり登る感じなので初心者はこちらでも良いのかもしれない。

<入笠山山頂>
山頂は岩があり、大きな範囲で剥げているのでレジャーシートなどで休息することも出来る。岩に腰掛けても良い。人気の山なので人が多い。平日ではあるが結構な人がいた。凡そ100人はいたと思う(小学校の登山と一緒だったので人数が多かった)
山頂標識は写真渋滞。
兎に角景色が良く、特に八ヶ岳が綺麗
北岳、甲斐駒ケ岳、富士山、奥秩父連山、中央アルプス、北アルプス、御嶽なども見える。諏訪湖も綺麗に見える
空気の澄んだ時期であれば花はないにしても展望は最高だと言える
あまりの良さに長居してしまいがちな場所となる

<入笠山山頂〜大阿原湿原>
山頂を反対方向へ下ってゆくと自然に舗装の道路へ出て湿原の入り口まで舗装道路を下ってゆく
山頂からの下りは一般の登山道的な道で少々急気味
法華道の佛平峠(1,850m)をへて舗装道路に出る
舗装道路は両脇が笹と林となり空が開けているので気持ちよく歩ける
途中に大阿原湿原の道があるはずであるが不明で結局奥の方の入り口まで行き湿原に入る
湿原内は木道(一部土の道)
大阿原湿原は入笠湿原に比べて湿原らしさがありここまで来る人も少ないので静か
奥に広く開けている
気持ちの良い場所である

<大阿原湿原〜テイ沢〜入笠牧場〜山彦荘>
湿原を奥へ行くとテイ沢の分岐がある直進方向へ
こちらも行く人が少なく静かだった
テイ沢の左岸をゆっくり下ってゆくとやがてテイ沢の沢を歩く感じとなり、以降右岸、左岸を繰り返して沢沿いを歩く
ここは、沢なので岩があり足元が少々不安定。ゆっくり気持ちよく下ってほしい。
コース中唯一の登山的な雰囲気の場所。
沢沿いには色々な花があり楽しめる。
やがて空が開けて来ると未舗装の林道に出る
林道を右へ行く
林道は一般車が通行できる道で歩きやすい
川沿いなので高原的な気持ちよさがある
やがて、入笠牧場のゲートがありゲートを超えると、すぐに舗装の道となり以降舗装道路を行く
牧場の中にある道なので回りが開けており高原の雰囲気
(残念ながら牛には会えなかった)
舗装道路を登ってゆくとマナスル山荘の脇を通り朝の道に合流する
以降は朝の逆コースで山彦荘まで戻る

<山彦荘〜すずらんの里駅>
山彦荘前のキバナアツモリソウ、ホテイアツモリソウを見逃してはいけない
キバナアツモリソウは満開であった
山彦荘前の道を歩いてゆくと、道路が左に曲がる辺りすずらんの里駅方面の道標があり、未舗装の少々荒れ気味の道の方へ行く
あとはこの未舗装の道を忠実に下ってゆくと自然に舗装の道路へ出る
途中青柳駅方面への分岐がある様であるが判らなかった。下手な道へ入ってもなんなのでここは忠実に下ってゆくのが無難だと思う。
尚、山と高原地図には悪路と書いてあるが車的に悪路で少々面倒と言う意味で人にはあまり問題ない。
舗装の道へ当ると右へ行く
山と高原地図の真っ直ぐ行く道的な道は見当たらなかった。
右へ道なりに進むと、高原農場的な所へ出る
羊がメーメー鳴いている。八ヶ岳の真正面なのでとてもきれいに見えて、又ついつい写真に没頭してしまう
少し下った辺りに御射山神戸八幡社があり巨大な欅(幹の太さが7.7m)がある。少々寄っても良い場所である
八幡様よりすぐに20号線を渡りすずらんの里駅へ着く
駅は無人。乗車証明の発券機があるので乗車証明を発券しておかないと乗った先が不明となり後で面倒なことになる可能性がある。ここは正直に乗車した方がよさそうである。1時間に1本。乗り遅れると1時間待ちとなる。周りには自販機すらなくお店もない。長閑な時間を過ごすほかない。


その他周辺情報ゆーとろんと言う温泉があるが木曜は休館
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス ロールペーパー 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

今日はここ
富士見駅よりタクシー
無料シャトルバスは10:00出発
待てない性格で1,600円を支払い御大臣移動
ロータリーの真ん前にバス乗り場がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここ
富士見駅よりタクシー
無料シャトルバスは10:00出発
待てない性格で1,600円を支払い御大臣移動
ロータリーの真ん前にバス乗り場がある
1
MTBのコースがありツツジが綺麗
暫く空中散歩を一人で楽しむ
(そんなに混んでなかったので)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MTBのコースがありツツジが綺麗
暫く空中散歩を一人で楽しむ
(そんなに混んでなかったので)
1
ゴンドラを下りて山腹を巻く道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラを下りて山腹を巻く道を行く
2
鹿柵
以降数か所これがある
勝手に開けて入る方式なのだが家の便所とは違い、必ず閉めなくてはいけない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵
以降数か所これがある
勝手に開けて入る方式なのだが家の便所とは違い、必ず閉めなくてはいけない
入笠湿原へ下る
高速道路のように歩ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原へ下る
高速道路のように歩ける
2
入笠湿原の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原の景色
2
入笠湿原の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原の景色
1
入笠山遊歩道入り口
右の一般道路でも同じ場所に出る
そんなに長くない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山遊歩道入り口
右の一般道路でも同じ場所に出る
そんなに長くない
入笠山登山口より入笠山方面
九十九折にこの原っぱを登ってゆく
スズランが多く綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山登山口より入笠山方面
九十九折にこの原っぱを登ってゆく
スズランが多く綺麗
1
ピンクも綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクも綺麗
5
群で咲いているのは本当に綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
群で咲いているのは本当に綺麗
3
すずらん
良い花をつけた株があったので頑張って撮ってみた
まだ、沢山咲くと思う。今後が楽しみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん
良い花をつけた株があったので頑張って撮ってみた
まだ、沢山咲くと思う。今後が楽しみ。
6
岩場コースと迂回コースの分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場コースと迂回コースの分岐点
岩場・・・
特に難しくもなくそんなに危険でもない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場・・・
特に難しくもなくそんなに危険でもない
2
この花が沢山咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花が沢山咲いていた
4
入笠山山頂直下
ここまで来ると突然開ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山山頂直下
ここまで来ると突然開ける
1
入笠山山頂風景
展望360°
展望の山と言ってよい
人が多く写真を撮るのが大変だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠山山頂風景
展望360°
展望の山と言ってよい
人が多く写真を撮るのが大変だった
12
諏訪湖方面
武田信玄が眠る諏訪湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪湖方面
武田信玄が眠る諏訪湖
3
甲斐駒ケ岳
こちら側から見ると鋭く綺麗な三角の山頂に見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳
こちら側から見ると鋭く綺麗な三角の山頂に見える
7
北岳方面
日本第二位の高峰は何時も優美で美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳方面
日本第二位の高峰は何時も優美で美しい
1
富士山
日本人ならば決して忘れてはいけない山
今日も雲をまとっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
日本人ならば決して忘れてはいけない山
今日も雲をまとっている
6
八ヶ岳方面
富士見の町を挟んで八ヶ岳が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面
富士見の町を挟んで八ヶ岳が見える
2
赤岳、阿弥陀岳
向うはこちらより1,000m上
赤岳よりこちらを見ているだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳
向うはこちらより1,000m上
赤岳よりこちらを見ているだろうか?
3
今日のCafe'de in Nyukasayama
今日は朝時間があったので新宿のドトールでテイクアウトしてきた。定番レタスドックとミラノサンド。フルーツサンドおまけ。コーヒー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のCafe'de in Nyukasayama
今日は朝時間があったので新宿のドトールでテイクアウトしてきた。定番レタスドックとミラノサンド。フルーツサンドおまけ。コーヒー
7
大阿原湿原入り口
看板の裏手が木道でここから入ると判り易い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阿原湿原入り口
看板の裏手が木道でここから入ると判り易い
入り口付近の花の様子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口付近の花の様子
2
大阿原湿原の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阿原湿原の景色
1
大阿原湿原の景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阿原湿原の景色
1
湿原に咲いていた黄色のはな
凛と一本咲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原に咲いていた黄色のはな
凛と一本咲
6
テイ沢の分岐
直進方面へ行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テイ沢の分岐
直進方面へ行く
テイ沢源頭の流れ(よどみ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テイ沢源頭の流れ(よどみ)
2
テイ沢のコース初めの辺り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テイ沢のコース初めの辺り
クリンソウだと思っている
今回の山旅では結構多く見た
真っ赤で綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウだと思っている
今回の山旅では結構多く見た
真っ赤で綺麗
5
薄日が差していて幻想的な感じになっていた
綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄日が差していて幻想的な感じになっていた
綺麗
1
この黄色の花は沢沿い一か所のみで見た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この黄色の花は沢沿い一か所のみで見た
1
この白の花も沢沿い一か所のみで見た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この白の花も沢沿い一か所のみで見た
1
沢なので滝もある
2m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢なので滝もある
2m
3
ラショウモンカズラだと思う
こちらも、今回一か所のみで見かけた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラショウモンカズラだと思う
こちらも、今回一か所のみで見かけた
5
下りきると林道(未舗装)に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきると林道(未舗装)に出る
明るく高原的な雰囲気が良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく高原的な雰囲気が良い
黄色い花が太陽に向かって咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花が太陽に向かって咲いていた
4
林道を登ってゆくと入笠牧場のゲートへ当る
乗り越えて行けと書いてあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を登ってゆくと入笠牧場のゲートへ当る
乗り越えて行けと書いてあった
1
真っ直ぐ行って舗装の道を歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ直ぐ行って舗装の道を歩く
3
牧歌的と言うべきか、高原のさわやかさが味わえた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牧歌的と言うべきか、高原のさわやかさが味わえた
1
綺麗に咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に咲いていた
3
本日二度目のコーヒーブレーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日二度目のコーヒーブレーク
5
山彦荘前のキバナアツモリソウ
ここだけにあるらしい花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山彦荘前のキバナアツモリソウ
ここだけにあるらしい花
5
山彦山荘前の道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山彦山荘前の道を行く
すずらんの里駅方面分岐点
右へ行く
以降この道を忠実にたどると駅に着く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらんの里駅方面分岐点
右へ行く
以降この道を忠実にたどると駅に着く
この舗装路に出る
右へ行くのか?左へ行くのかさっぱりわからずさんざん迷っていた所、地元の人が来て聞いた所、右へ行くと道なりで駅に出ると教えてくれた。温かい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この舗装路に出る
右へ行くのか?左へ行くのかさっぱりわからずさんざん迷っていた所、地元の人が来て聞いた所、右へ行くと道なりで駅に出ると教えてくれた。温かい。
1
こんな舗装路を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな舗装路を行く
やがて高原農場へ出る
結構広い農場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて高原農場へ出る
結構広い農場
1
丁度、猛禽類が電柱に泊まったので撮ってみた
精悍な顔つきがワイルドさを醸し出している
強そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁度、猛禽類が電柱に泊まったので撮ってみた
精悍な顔つきがワイルドさを醸し出している
強そう
6
ここから見る八ヶ岳もとにかく綺麗だったのでアップしてみた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見る八ヶ岳もとにかく綺麗だったのでアップしてみた
2
網笠山、権現岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
網笠山、権現岳
2
赤岳、阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳
1
横岳、硫黄岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、硫黄岳
1
高原農場にいた羊
歩くと柵越しに鳴きながらついてくる可愛いやつだった
おそらく食べ物目当て
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原農場にいた羊
歩くと柵越しに鳴きながらついてくる可愛いやつだった
おそらく食べ物目当て
3
あやめが綺麗に咲いていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あやめが綺麗に咲いていた
1
御射山神戸八幡社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御射山神戸八幡社
建立1762年の本堂
凡そ250年も前の建物があるというのは本当にすごい。もちろん屋根などは何度も補修しているのであろうが、当時の技術の高さがうかがえる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建立1762年の本堂
凡そ250年も前の建物があるというのは本当にすごい。もちろん屋根などは何度も補修しているのであろうが、当時の技術の高さがうかがえる
1
巨大な欅(幹の太さが7.7m)がある
本堂との対比でその大きさ加減がうかがえる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な欅(幹の太さが7.7m)がある
本堂との対比でその大きさ加減がうかがえる
2
今日の終着地
すずらんの里駅
無人・・・1時間待った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の終着地
すずらんの里駅
無人・・・1時間待った
2

感想/記録

6月のはじめ例年であれば梅雨の便りも聞こえる頃
今年は梅雨入りが遅そうな雰囲気となっている。雨も少なく乾燥している。
後数週間で関東も梅雨となるであろう。
今日の予報は晴。東京は風があったが快晴だったそうである。
今週は何処の山へ旅に出ようか?そう考えていた折、信頼のおけるフォロワーの御一人が入笠山へスズランを見に行ったとの事。私も全くスズランを見たことがないというわけでもないが今一度しっかりとスズランを見てみたいそう思ってしまったら、もう迷うこともなかった。入笠山へ出かけることにした。こういった山旅の決定もヤマレコに登録するようになって、信頼のおけるフォロワー様がいての事。感謝している次第である。信州は午前中雲が多く太陽を遮って曇りという感じの天候だった。気温は低く半袖では寒い気温。本日の山頂気温8時で8℃という事であった。

入笠山は花で有名な山。ゴンドラを使い登る事が出来る事でたくさんのハイカーが登っている山であった。小学生の野外活動だろうか?子供が沢山いた。山頂では沢山の歓喜の声が溢れ返り皆思い思いの方法で楽しんでいた。
湿原を渡る木道には多くの人が自慢のカメラで写真撮影に余念がない。実にほほえましい光景である。
肝心の花は少々少なく一面を埋め尽くすというには少ない状況であったが、一厘一厘がやっと訪れた喜ばしい季節の日の光を笑顔で浴びているような美しさであった。
この山で有名なスズランは控えめに頭を垂れて大きな葉の間で隠れているかのように咲いていた。
少々気になってスズランの花言葉を調べてみた
「純粋」「純潔」「謙遜」
との事である
まさに、清らかな白い小さな鈴をいくつかぶら下げている姿は純粋、純潔を思わせるに十分なのであった。久しぶりに清らかな気持ちになり、心にも平和が訪れた感じがした。ただし、スズランには毒があるのも忘れてはいけない。
入笠山は展望の山でもある。山頂は木が生えておらず広く禿げた状態にあり360°の展望が得られる。伊那谷の方はここより高い山はなく富士見の街を挟んで八ヶ岳が大きくきれいにそびえて見える。右に頭を振ると峻険で雄々しい甲斐駒ケ岳が見えてその横には南アルプスの山も見る事が出来る。今日は残念ながら見通しがきかない霞の状態であり遠くまで見えないのであるが、御岳、乗鞍、北アルプスの山々も見えると思う。下を見れば武田信玄が棺を沈めよと遺言した甲斐、信州の大きな湖、諏訪湖も見る事が出来た。
展望を楽しみ、花をめでて高原をハイキングするこんな山旅も悪くない。

今回、山彦荘で育てているキバナアツモリソウを撮影することができた。今が最盛期なのだと思う。黄色い縞々な袋をぶら下げた上に花を付けて花の周りには羽がある。そうしてそれをすべて自家製の屋根で覆っているのである。雨でも降ったらこの花を屋根が守ってるのかな〜そんな単純な感想があった。面白い形でかつ綺麗な姿に感動した。不思議な植物である。

ほぼ全てを木道、林道で回る事が出来て楽しみも多い良い山
お勧めできる

最後に余談であるが、すずらんの里駅は1時間に1本程度のダイヤとなっており、下山時色々里を見てゆっくりダラダラ下った結果、数分遅れで乗り遅れてしまい1時間待ちとなってしまった。自動販売機もなければ駅員も特に居ない駅なので長閑(のどか)な時間を過ごした
これも、平和な時間だとすればこれもよしと言う事であろう。
訪問者数:414人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/15
投稿数: 564
2016/6/3 23:25
 景色も花もステキですね♪
shigken85さま、こんばんは。
青空のもと、ぐるりと景色の見渡せる入笠山、とても気持ちよさそうですね♪ 初夏のさわやかな風が感じられる写真を堪能させていただきました。
富士山や北岳ばかりでなく、甲斐駒や八ヶ岳も目の前なのですね〜
これでは、ついつい山頂に長居したくなってしまいますね

湿原も私が訪ねた二週間前に比べると、ずっと緑が濃くなり、花の種類も増えています。この季節、どんどんと咲く花も変化してゆくのでしょうね。
白い花が満開になった樹はズミかしら? レンゲツツジも咲き始めたようで、とてもキレイですね〜

それにしても、shigken85さん、大阿原湿原をまわって、更にすずらんの里駅まで歩かれたのですね。コースタイムが速くてビックリ  健脚ですね〜♪
農場を通る道はのどかで良い雰囲気。黒いお顔のヒツジさんが、とっても可愛いです
登録日: 2015/10/19
投稿数: 58
2016/6/4 7:45
 Re: 景色も花もステキですね♪
snow_drop様

コメントありがとうございます

いえいえ、逆に良い山を紹介していただきありがとうございます。(^^
私のように花花言ってない人間でも、花を探して歩くくらい花を見る事が出来るし
花を見つけては真剣にカメラに収めたくなる位綺麗でした
にわか花マニアになってました(^^

普段は人工色の所に住んでいて、そこに植えられた街路樹でさえ人工と言う感じではないですか。入笠山は自然色が本当に目に優しい感じです。老眼が進んで結構かすんで見えたりしてしまうんですがこの時ばかりと目が冴えます(^^
高原農場も良くってそんな自然と人々の暮らしとが一緒になって、これまた長居したくなっちゃうんですね
おかげで、15時台の電車余裕で間に合うな~なんて思ってたら3分遅れで電車が駅を出るのを見てしまったのは残念でした(笑)
まー時計をチェックせずに行動してる私もどうかしているのですが・・・

軽く登れる良い展望の山を見つけたので次は空気の澄んだ頃にまた出かけようと思います

信頼のおけるフォロワー様に感謝です。ありがとうございました。m(_ _)m

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ