ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888121 全員に公開 ハイキング関東

上日川峠から大菩薩嶺、小金沢山へ

日程 2016年06月02日(木) [日帰り]
メンバー Tad(CL), その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上日川峠に駐車場 50台分ほど
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間36分
合計
7時間51分
S上日川峠07:3907:57福ちゃん荘08:0309:02雷岩09:1109:21大菩薩嶺09:2509:34雷岩09:43神部岩09:55賽ノ河原10:01親不知ノ頭10:14大菩薩峠10:5911:12熊沢山11:1311:24石丸峠11:35天狗棚山11:3611:50狼平11:5112:38小金沢山13:0213:42狼平13:56天狗棚山14:07石丸峠14:47小屋平バス停(石丸峠入口)14:4915:27上日川峠15:3015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
狼平を過ぎて小金沢山の稜線を歩く道は、岩の多いトラバース気味の道や踏み跡の不明瞭な部分も多く注意が必要。
その他は問題箇所なし。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

7時半過ぎにロッジ長兵衛を出発
2016年06月02日 07:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時半過ぎにロッジ長兵衛を出発
福ちゃん荘までは車道の方を歩く
2016年06月02日 07:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘までは車道の方を歩く
30分足らずで福ちゃん荘
2016年06月02日 07:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分足らずで福ちゃん荘
ここから唐松尾根の本格的な登り
2016年06月02日 08:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから唐松尾根の本格的な登り
早くも富士山が見えた!
2016年06月02日 08:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも富士山が見えた!
1
標高が高いからかまだミツバツツジが咲いている
2016年06月02日 08:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が高いからかまだミツバツツジが咲いている
1
大菩薩湖と富士山
2016年06月02日 08:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖と富士山
2
福ちゃん荘から1時間で稜線に到着
2016年06月02日 09:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘から1時間で稜線に到着
1
文字が擦れててよく読めない
2016年06月02日 09:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文字が擦れててよく読めない
雷岩で記念撮影
2016年06月02日 09:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩で記念撮影
2
10分ほどで大菩薩嶺の山頂を往復
2016年06月02日 09:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで大菩薩嶺の山頂を往復
行く手に大菩薩峠、熊沢山、小金沢山、そして富士山
2016年06月02日 09:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手に大菩薩峠、熊沢山、小金沢山、そして富士山
クリアな富士山
2016年06月02日 09:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリアな富士山
同じような構図だな
2016年06月02日 09:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような構図だな
大菩薩峠で昼食休憩
2016年06月02日 10:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠で昼食休憩
熊沢山は意外に嶮しい
2016年06月02日 11:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢山は意外に嶮しい
石丸峠を見下ろす
2016年06月02日 11:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠を見下ろす
1
石丸峠からは人がめっきり減る
2016年06月02日 11:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠からは人がめっきり減る
大菩薩湖の全体が見渡せる
2016年06月02日 11:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖の全体が見渡せる
1
狼平を過ぎて小金沢山の山体にかかる
2016年06月02日 11:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平を過ぎて小金沢山の山体にかかる
岩と木の根に阻まれなかなか手強い道
2016年06月02日 12:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と木の根に阻まれなかなか手強い道
おっ!?
2016年06月02日 12:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!?
小金沢山頂に到着
2016年06月02日 12:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山頂に到着
大月市の「秀麗富岳十二景」の一つ
2016年06月02日 12:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大月市の「秀麗富岳十二景」の一つ
帰りもかなり苦労して下る
2016年06月02日 13:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りもかなり苦労して下る
ここにもミツバツツジ
2016年06月02日 13:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもミツバツツジ
奥秩父の山々
右から国師岳、北奥仙丈岳、左奥に金峰山
2016年06月02日 13:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父の山々
右から国師岳、北奥仙丈岳、左奥に金峰山
ここからの大菩薩湖は形が良い
2016年06月02日 13:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの大菩薩湖は形が良い
1
石丸峠に戻って来た
2016年06月02日 14:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠に戻って来た
上日川峠方面へ
2016年06月02日 14:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠方面へ
富士山も見納め
左は小金沢山
2016年06月02日 14:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見納め
左は小金沢山
途中で林道を横切る
2016年06月02日 14:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で林道を横切る
沢も2回渡る
2016年06月02日 14:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢も2回渡る
ブナの巨木
2016年06月02日 15:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの巨木
新緑の中を進む
2016年06月02日 15:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の中を進む
上日川峠に戻って来た
今日も無事下山!
2016年06月02日 15:25撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠に戻って来た
今日も無事下山!
撮影機材:

感想/記録
by Tad

年に何度か一緒に山を歩く先輩方4人と大菩薩嶺から小金沢山へのハイク。

7時半頃に上日川峠の駐車場に着き、支度をして先ず福ちゃん荘を目指す。緩やかな傾斜の林道をウォームアップのペースで歩くと20分程で福ちゃん荘。体が温まったので上に着ているものを脱いで体温調節。

分岐を左に入り、本格的な登りとなる唐松尾根へ。平日とは言え空気も爽やかな好天の日なので登山客は多い。
林の中を15分ほど登って後ろに少し視界が開けると、雪がすっかり少なくなった富士山が真っ青な空を背景に見えて、誰からともなく歓声が漏れる。

高度が上がるにつれて見晴らしも良くなり、振り返っては富士山の写真を撮る回数も増えてくる。福ちゃん荘から1時間ほどで稜線に達し、雷岩の上で南アルプスまで見える展望をカメラに一通り収めてから大菩薩嶺の山頂を目指す。
山頂は木々に囲まれて展望は殆どないので早々に引き返し、雷岩を通り過ぎて大菩薩峠を目指す。

殆ど起伏のない稜線をゆったりと歩いている間ずっと青い大菩薩湖と富士山をいつでも眺められ、その左手前にこれから向かう大菩薩峠と小金沢山が見えてくる。
途中、鞍部になっている賽ノ河原を過ぎ、少し登り返してから下ると大菩薩峠。ここで長めの休憩を取り昼食を食べる。

大菩薩峠を発ったのが11時頃。小高い熊沢山を一旦登ってから萱原の中の道を石丸峠へ標高差100mほど下る。石丸峠を左に分けて下ると2回歩いたことがある牛ノ寝通りの尾根だが、今回は真っ直ぐ小金沢山に向かう。もう一度やや小高い丘を登り、狼平に下りるといよいよ小金沢山への登りにかかる。

最初のうちは緩やかに尾根を登って行くだけだが、すぐに木の根や岩ゴロのトラバースが続いて踏み跡も交錯する歩き難い道になる。
アップダウンもそれ程大きな訳ではないのだが、距離の割には疲れの溜まる歩きを強いられる。
30分ほど林の中の道に苦戦しながら進むと、前方が開けて小金沢山の頂上に出る。

頂上の一角から再び富士山が眺められるが、次第に増えてきた雲に早晩隠れてしまいそうな感じ。記念撮影をしたりして20分ほど休憩した後に帰路に着く。
再び厄介な尾根道を下り、石丸峠まで戻る。ここからは大菩薩峠に戻らず、左に折れて直接上日川峠へ向かう道を下る。

途中で2度林道を横切り、沢も2回渡って新緑の林の中をひたすら下ること1時間半ほどで上日川峠に到着。
絶好の天気の中、美しい初夏の富士をずっと眺めながら気のおけないメンバーでのんびり歩くことができ、実に楽しい山行だった。


 
訪問者数:264人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ