ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888337 全員に公開 沢登り谷川・武尊

小出俣川 マチホド沢

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー yoshi629
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小出俣川林道入り口のところに駐車スペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間35分
休憩
0分
合計
8時間35分
Sスタート地点05:5006:25千曲平橋07:303段100m大滝08:2070mスラブ滝09:05小ヒラナメのセン10:55小出俣山14:00千曲平橋14:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

川古温泉の手前から小出俣川林道が伸びている
その起点に駐車スペースがある。
2016年06月03日 05:47撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川古温泉の手前から小出俣川林道が伸びている
その起点に駐車スペースがある。
林道の状態は良いです。
ちなみにこの林道にはヒルがいます・・
2016年06月03日 05:55撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の状態は良いです。
ちなみにこの林道にはヒルがいます・・
35分ほど歩き、小出俣川左俣に架かる千曲平橋に到着。
ここから入渓します。
2016年06月03日 06:23撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
35分ほど歩き、小出俣川左俣に架かる千曲平橋に到着。
ここから入渓します。
橋の上から眺めたところ
2016年06月03日 06:24撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から眺めたところ
しばらくゴーロが続きます。
2016年06月03日 06:35撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくゴーロが続きます。
やがて9m滝が出てきます。
水流右から登れそうな気もしましたが、落ち口が立っているので無理せず左から巻きました。
2016年06月03日 06:43撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて9m滝が出てきます。
水流右から登れそうな気もしましたが、落ち口が立っているので無理せず左から巻きました。
2
滝上はトイ状になっています。
2016年06月03日 06:53撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上はトイ状になっています。
見逃しそうなほど小さな松ホド沢が右岸から流れ込む辺りから
2016年06月03日 06:57撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見逃しそうなほど小さな松ホド沢が右岸から流れ込む辺りから
沢床の岩盤が発達してきて、その先に
2016年06月03日 06:59撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢床の岩盤が発達してきて、その先に
「大ヒラナメのセン」と呼ばれる大ナメ帯が始まります。
2016年06月03日 07:03撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大ヒラナメのセン」と呼ばれる大ナメ帯が始まります。
4
沢幅いっぱいにナメが広がります。
2016年06月03日 07:03撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢幅いっぱいにナメが広がります。
2
本当に気持ち良いところです♪
2016年06月03日 07:04撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に気持ち良いところです♪
2
楽しいです。
2016年06月03日 07:07撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しいです。
2
いったんナメが途切れて、多段ナメ滝が出て来て
2016年06月03日 07:10撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったんナメが途切れて、多段ナメ滝が出て来て
2
左岸から大ビノ沢が流入すると
2016年06月03日 07:13撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸から大ビノ沢が流入すると
1
再び、ナメ床となります。
2016年06月03日 07:15撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、ナメ床となります。
1
結構、長いナメです。
初級者でもここまでなら問題なく来れるので、「大ヒラナメのセン」だけ楽しんでも良いかも。
2016年06月03日 07:17撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構、長いナメです。
初級者でもここまでなら問題なく来れるので、「大ヒラナメのセン」だけ楽しんでも良いかも。
2
「大ヒラナメのセン」が終わると8m滝が出てきます。
2016年06月03日 07:19撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大ヒラナメのセン」が終わると8m滝が出てきます。
この滝のところで小センノ沢が合流します。
2016年06月03日 07:23撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝のところで小センノ沢が合流します。
8m滝は右から登れます
2016年06月03日 07:23撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8m滝は右から登れます
1
1050m辺りまで来ると側壁が高くそびえてきて、険悪なゴルジュ地形となる。
2016年06月03日 07:29撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1050m辺りまで来ると側壁が高くそびえてきて、険悪なゴルジュ地形となる。
2
左からセンノ沢が落ちてくるところがゴルジュのドン詰まり。
2016年06月03日 07:31撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左からセンノ沢が落ちてくるところがゴルジュのドン詰まり。
1
このポイントに核心となる3段100m滝がある。
下から見上げると圧巻である。
1段目は右から容易に登れる。
2016年06月03日 07:33撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このポイントに核心となる3段100m滝がある。
下から見上げると圧巻である。
1段目は右から容易に登れる。
4
1段目上から2,3段目を見上げる。
2016年06月03日 07:39撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1段目上から2,3段目を見上げる。
真下から見上げるとこんな感じ。
2016年06月03日 07:41撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真下から見上げるとこんな感じ。
1
ここは登れないので、定石と言われる右ルンゼから登ります。
灌木もあるし、ホールド・スタンスもしっかりしてますが、結構立っています。ロープを出した方が良いかも。
2016年06月03日 07:41撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは登れないので、定石と言われる右ルンゼから登ります。
灌木もあるし、ホールド・スタンスもしっかりしてますが、結構立っています。ロープを出した方が良いかも。
1
ルンゼを登ったところから大きく、右に巻いて落ち口に下ります。落ち口から見下ろしたところ。
2016年06月03日 08:04撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを登ったところから大きく、右に巻いて落ち口に下ります。落ち口から見下ろしたところ。
1
大滝の上はトイ状となっています。
2016年06月03日 08:04撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の上はトイ状となっています。
ちょっと行くと7m2条チムニー滝
左から巻きました。
2016年06月03日 08:09撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと行くと7m2条チムニー滝
左から巻きました。
その後も沢幅が狭い状態が続きますが、
2016年06月03日 08:17撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も沢幅が狭い状態が続きますが、
1
突然、広がります。
お、ひょっとして・・
2016年06月03日 08:18撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、広がります。
お、ひょっとして・・
1
70mスラブ滝です(1200m付近)
結構高いところから水が落ちてきます。
2016年06月03日 08:19撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
70mスラブ滝です(1200m付近)
結構高いところから水が落ちてきます。
4
下3分の1を登ったところから見上げます。
右の水流がマチホド沢で、左がオゼノ沢です。二つの沢がスラブ滝で出合っており、素晴らしい景観を成しています。
2016年06月03日 08:22撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下3分の1を登ったところから見上げます。
右の水流がマチホド沢で、左がオゼノ沢です。二つの沢がスラブ滝で出合っており、素晴らしい景観を成しています。
左から登ります。逆層で登りづらいです。
2016年06月03日 08:30撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から登ります。逆層で登りづらいです。
1
上の方に行くと斜度が上がります。こんな感じ。
結構ヤバくなってくるので、上部では左の灌木帯に逃げました。
2016年06月03日 08:32撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方に行くと斜度が上がります。こんな感じ。
結構ヤバくなってくるので、上部では左の灌木帯に逃げました。
1
巻きすぎてオゼノ沢の次の滝の下に出てしまった。これも結構大きな滝です。
2016年06月03日 08:47撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きすぎてオゼノ沢の次の滝の下に出てしまった。これも結構大きな滝です。
1
中間尾根を乗っ越してマチホド沢に戻りました。こちらも滝になってました。15mナメ滝。
2016年06月03日 08:54撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間尾根を乗っ越してマチホド沢に戻りました。こちらも滝になってました。15mナメ滝。
ちょっとこんなところを挟んですぐに
2016年06月03日 09:00撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとこんなところを挟んですぐに
「小ヒラナメのセン」となります(1280m付近)
小というだけあって「大ヒラナメのセン」よりは小ぶりですが、きれいなナメが続きます。
2016年06月03日 09:03撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「小ヒラナメのセン」となります(1280m付近)
小というだけあって「大ヒラナメのセン」よりは小ぶりですが、きれいなナメが続きます。
1
「小ヒラナメのセン」が終わると20mナメ滝です。
2016年06月03日 09:09撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「小ヒラナメのセン」が終わると20mナメ滝です。
1
登って行くと、再び大きなスラブ滝が見えてきます。
2016年06月03日 09:12撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って行くと、再び大きなスラブ滝が見えてきます。
2
60mスラブ滝です
青空の下、なんて素晴らしいんでしょう♪
70mスラブ滝と違って順層なので登りやすいです。
2016年06月03日 09:14撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
60mスラブ滝です
青空の下、なんて素晴らしいんでしょう♪
70mスラブ滝と違って順層なので登りやすいです。
4
滝上からはナメ滝がひたすら続きます。
2016年06月03日 09:22撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上からはナメ滝がひたすら続きます。
3
快適です♪
かなり楽しいです。
良い沢だなあ。
2016年06月03日 09:24撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適です♪
かなり楽しいです。
良い沢だなあ。
3
1420m二俣
2016年06月03日 09:36撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1420m二俣
1
小出俣山の山頂を目指すので左に入る
2016年06月03日 09:46撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小出俣山の山頂を目指すので左に入る
1
まだまだナメ滝が続きます。
なんて快適な源頭なんだろう。
2016年06月03日 09:52撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだナメ滝が続きます。
なんて快適な源頭なんだろう。
2
1600m二俣。
ここまでナメ滝が続きます。
右に行くと山頂直下で岩壁に遮られそうなので左に進む。
2016年06月03日 09:54撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1600m二俣。
ここまでナメ滝が続きます。
右に行くと山頂直下で岩壁に遮られそうなので左に進む。
ここで雪渓が出てきました。
でもちょっとしかありませんでした。やはり寡雪なんですね。
2016年06月03日 10:05撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで雪渓が出てきました。
でもちょっとしかありませんでした。やはり寡雪なんですね。
雪渓を過ぎると水が涸れ、窪状となり、両岸から藪が覆ってきます。軽くかき分けるだけなので藪漕ぎというほどでもありません。そして、そのまま藪漕ぎ無しで稜線に出ます。
2016年06月03日 10:25撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を過ぎると水が涸れ、窪状となり、両岸から藪が覆ってきます。軽くかき分けるだけなので藪漕ぎというほどでもありません。そして、そのまま藪漕ぎ無しで稜線に出ます。
1720mの辺りで稜線に出ました。
見下ろすと先ほどの雪渓が見えます。
2016年06月03日 10:48撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1720mの辺りで稜線に出ました。
見下ろすと先ほどの雪渓が見えます。
2
小出俣山の山頂はすぐ目の前です。
藪は腰くらいなので、特に問題とはなりませんでした。
2016年06月03日 10:48撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小出俣山の山頂はすぐ目の前です。
藪は腰くらいなので、特に問題とはなりませんでした。
1
小出俣山の山頂から俎方面
鷹ノ巣沢とか川棚沢にも、もう入渓出来そうな感じ。
2016年06月03日 10:54撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小出俣山の山頂から俎方面
鷹ノ巣沢とか川棚沢にも、もう入渓出来そうな感じ。
1
小出俣山の山頂から万太郎山方面
眼下には赤谷川本谷。泊まり装備を持っていれば、このまま下って行きたい衝動に駆られた(笑)
2016年06月03日 10:54撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小出俣山の山頂から万太郎山方面
眼下には赤谷川本谷。泊まり装備を持っていれば、このまま下って行きたい衝動に駆られた(笑)
5
小出俣山の山頂から仙ノ倉方面
2016年06月03日 10:55撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小出俣山の山頂から仙ノ倉方面
下って行くと背丈以上の笹薮となります。灌木も混じってきて鬱陶しいです。この沢は下山も核心の1つかも。
2016年06月03日 11:02撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って行くと背丈以上の笹薮となります。灌木も混じってきて鬱陶しいです。この沢は下山も核心の1つかも。
撮影機材:

感想/記録

小出俣川 マチホド沢:3級〜3級上 (なんちゃって沢屋の主観)
3段100m滝や60m・70mスラブ滝など大きな滝を持ち、全体を通してひたすらスラブやナメが続く沢。源頭まで延々とナメ滝が続く様は美しい。美渓だと思う。
谷川では湯檜曽川本谷・大倉沢・オタキノ沢・笹穴沢・西ゼンなどと並ぶほどの銘溪。しかし、比較的手軽なこれらの沢に比べて、大滝の巻きや登攀など難しい部分もあり、下山も含めると簡単な沢ではないと思う。

下山
小出俣山には登山道が無いので下山は藪を漕ぐか、沢の下降となる。尾根の場合は小出俣川右俣と左俣を分けるオゼノ尾根を下る。他のレコによると1400m以下では藪も少なくなり歩きやすいとのこと。
稜線は腰くらいの笹なので楽だが、下るに連れて背丈以上となり、灌木も混じるので結構鬱陶しい。見通しが利かないので読図も難しい。やっぱりこんな時はGPSが欲しいと思った。
私は早い段階で尾根を外してしまい、ヤブ漕ぎトラバースに疲れてしまったので、途中でもういいやと沢を下ってしまった。小出俣川右俣の方は下降も楽らしいのだが、大ビノ沢を下ったので苦労した。1350mくらいから下ったが、10〜20mクラスの滝が多く、30m滝も1つあって、その度に懸垂下降したり、ルーファイして慎重に巻き下りるということを繰り返したので、疲れたし、時間もかかってしまった・・
この沢は下山も含めるとグレードが上がると思う。
訪問者数:493人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 829
2016/6/4 0:46
 いきなりすごい開幕ですね〜
yoshiさん、こんばんは〜
いや〜〜びっくりするような上越開幕戦ですねぇ
この前ご一緒した阿能川岳の近くにこんな銘渓があったのですね。圧倒的スケールでわくわくさせられました。明日にでも上越のどこかに行きたい気分になりましたよ〜
ヤマレコも上越沢の記録がちょくちょく上がるようになりましたね。テンション自然と高くなってきましたよ
登録日: 2011/11/17
投稿数: 1961
2016/6/4 16:43
 素晴らしい!
相変わらずの事ですが、
遡行時間も素晴らしい
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1248
2016/6/4 19:48
 開幕しました
stkさん、こんばんは。

大ベタテ沢で軽く始める予定だったのですが、このところコンスタントに沢に入れて、体がキレていたので本格的なところに行ってみようかと思い、以前から目をつけていたマチホド沢に行った、という訳です。
気温が上がるとヒルが出て秋まで入渓出来なくなるので、その前に行ってしまえ!という気持ちもありました

美渓との評判だったのですが、本当に素晴らしかったです。見応えのある60m、70mスラブ滝と源頭部に延々と続くナメ&ナメ滝。間違いなく銘渓だと思います。

今年は上越のシーズンが間違いなく長いですね。素晴らしいシーズンになると思います  上越の沢を一緒に楽しみたいですね
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1248
2016/6/4 19:52
 Re: 素晴らしい!
(天気が良かったこともありますが)素晴らしい景観がひたすら続く銘渓でした。銘渓ひしめく谷川においてもかなり上位に入る美しさだと思います  是非、遡行を!

やはり1人だと早いですよね。安全かつスピーディーな行動を常に意識はしてますが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ