ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888364 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

丹沢主脈 大倉より東野まで

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー tentomori
天候晴れ 風強し
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小田急線・渋沢駅より大倉行きバス利用。
帰り:東野バス停よりやまなみ温泉行きバス利用(平日のみ運行とのこと)。
   入浴後、やまなみ温泉バス停(=バス折返場)より藤野駅行きバス利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間11分
休憩
34分
合計
7時間45分
S大倉バス停07:1507:15どんぐり山荘07:52雑事場ノ平08:39堀山の家08:53天神尾根分岐09:14花立山荘09:27金冷シ09:43塔ノ岳09:5910:19日高10:31竜ヶ馬場10:48丹沢山10:5111:15不動ノ峰休憩所11:20不動ノ峰11:27棚沢ノ頭11:42鬼ヶ岩ノ頭12:03蛭ヶ岳12:1713:02原小屋平13:13姫次13:1413:28八丁坂ノ頭分岐13:41青根分岐15:00東野15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鬼ヶ岩の鎖場二ヶ所は、ともにステップがついており、鎖を使わずに下れました。
青根方面へのつづら折れの下りは浮石が多く、足の置き場に気を付けました。
その他周辺情報藤野やまなみ温泉を利用。最寄りバス停の「やまなみ温泉入口」は、バス折返場でかつ始点である「やまなみ温泉」バス停から歩いて2分ほどの近さです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

出発。
2016年06月03日 07:15撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発。
4人ならんで顔を出したギンリョウソウ?
2016年06月03日 08:21撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4人ならんで顔を出したギンリョウソウ?
1
携行食を食べて、塔ノ岳を出発。
2016年06月03日 09:59撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
携行食を食べて、塔ノ岳を出発。
また出会えたマイヅルソウ。
2016年06月03日 10:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また出会えたマイヅルソウ。
1
丹沢山を出発。
2016年06月03日 10:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山を出発。
小群落があちこちに。
2016年06月03日 11:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小群落があちこちに。
1
山荘をとらえた。
2016年06月03日 11:21撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘をとらえた。
2
有名な木?
2016年06月03日 11:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な木?
2
目が「また来いよ」と。
2016年06月03日 11:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目が「また来いよ」と。
2
咲き残りのシロヤシオと蛭ヶ岳。
2016年06月03日 11:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き残りのシロヤシオと蛭ヶ岳。
1
鬼ヶ岩。かっこいい。
2016年06月03日 11:42撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩。かっこいい。
1
蛭ヶ岳の雄姿。
2016年06月03日 11:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳の雄姿。
2
山頂直下で、振り返る。
2016年06月03日 12:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下で、振り返る。
1
これで未踏区間がつながった。
2016年06月03日 12:03撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで未踏区間がつながった。
3
おにぎりだけ食べて、下山に入る。
2016年06月03日 12:17撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おにぎりだけ食べて、下山に入る。
ここまで長く感じた。登り返しがきつい。
2016年06月03日 13:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで長く感じた。登り返しがきつい。
1
ここから青根に下る。分かってはいたが、林道歩きが長かった。
2016年06月03日 13:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから青根に下る。分かってはいたが、林道歩きが長かった。
青根中学校。小学校の全焼はショッキングなニュースだった。
2016年06月03日 14:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青根中学校。小学校の全焼はショッキングなニュースだった。
1
東野バス停近くの自販機で、また緑茶を購入。
2016年06月03日 15:02撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東野バス停近くの自販機で、また緑茶を購入。
早く下山したおかげで、やまなみ温泉行きに間に合った!
2016年06月03日 15:12撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く下山したおかげで、やまなみ温泉行きに間に合った!
奥のバスに乗ってきました。支払いは現金のみ。
やまなみ温泉〜藤野駅間を走る便は、ICカード可。
2016年06月03日 15:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥のバスに乗ってきました。支払いは現金のみ。
やまなみ温泉〜藤野駅間を走る便は、ICカード可。
やまなみ温泉入口バス停の時刻表。
2016年06月03日 15:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やまなみ温泉入口バス停の時刻表。
1
道を挟んで向こう側に、温泉への案内掲示あり。
次に行ったら食事もしてみたい。
2016年06月03日 15:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を挟んで向こう側に、温泉への案内掲示あり。
次に行ったら食事もしてみたい。
1
撮影機材:

感想/記録

天気も良く、まだ歩いていない丹沢山〜蛭ヶ岳間をつないでみることにした。
東野から入るより早く出発できるため、大倉からスタートとする。
尾根上に上がると、風が強く涼しいほど。塔ノ岳でたまらずウインドブレーカーを羽織り、小休止。携行食をパクつく。

丹沢山から先は、大きく下って登り返し、小ピークが続いた。道の両脇に咲くマイヅルソウが愛らしい。シロヤシオの咲き残りもあった。
鬼ヶ岩の鎖場は、途中すれ違った方からお聞きした通りに、鎖を使わず下れた。やや拍子抜け。蛭ヶ岳がどっしりそびえる姿は圧巻。

蛭ヶ岳でおにぎりのみ食べて、下山にかかる。できれば16時過ぎの三ヶ木行きに乗りたいと考え、歩調を速めて進む。幸いバテなかった。

林道歩きを終えて、青根の町に到着。三ヶ木行きは1時間後。もう少しゆっくりしてもよかったな…と思いつつバスの時刻表をよく見ると、15時台のやまなみ温泉行きに間に合ったことを知る。こんな便があったのか。予約制の乗合タクシーに全て切り替わったのかと思っていた。

到着したバスの運転手さんにたずねると、このバス便は予約の要らない通常の路線バスとのこと(ただし運賃は現金支払いのみ、¥200)。これ幸いと、温泉でさっぱりして帰ることができた。

それにしても風の強い一日だったこと!頭が冴えて却ってよかったともいえる。
今回はザックを軽めにしたが、これを縦走トレーニングの重さにしたらどれくらい歩けるだろう…という考えが頭をよぎる。バスの時刻を確認した上で、いつか試してみたいところだ。
訪問者数:264人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ