ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888650 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

笊ヶ岳【日本二百名山】〜老平登山口〜

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
老平に6台ほどの駐車スペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間28分
休憩
55分
合計
11時間23分
S老平駐車場04:3605:59広河原06:0106:28山ノ神07:134本桧の肩08:05桧横手山08:0609:37布引山09:4810:43笊ヶ岳11:1112:00布引山12:0312:54桧横手山12:5813:254本桧の肩13:56山ノ神13:5815:11タケ沢吊橋15:1415:55老平駐車場15:5615:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
老平の駐車場にはトイレはありません。ヴィラ雨畑向かいの公衆便所を利用できます。林道ゲート横に登山ポストがあります。用紙と筆記具は各自で準備が必要です。
●老平〜広河原
林道区間は問題ありませんが、落石に注意。林道終点からは、崩落した橋の場所と滝のある崖の場所、崩壊地の通過の3箇所で注意。
●広河原の渡渉
石を飛んで渡ることもできますが、結構滑る石なので自信がない場合は無理はしないほうがいいと思います。水深はひざ下5僂曚匹任后
●広河原〜布引山
急坂がひたすら続きますがよく整備されており問題ありません。下山時に浮石に注意するぐらいです。
●布引山〜笊ヶ岳
樹林帯の快適な登山道です。展望はあまりありません。
その他周辺情報ヴィラ雨畑すず里の湯。入浴(町外)550円。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター ザック ザックカバー 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

朝4時過ぎに老平に到着。準備して出発します。平日の4時過ぎで駐車スペースはこの状況。
2016年06月03日 04:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝4時過ぎに老平に到着。準備して出発します。平日の4時過ぎで駐車スペースはこの状況。
林道ゲート。右の黄色い箱が登山ポストです。用紙や筆記具はありませんので各自で準備が必要です。
2016年06月03日 04:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲート。右の黄色い箱が登山ポストです。用紙や筆記具はありませんので各自で準備が必要です。
まずは、林道を30分程歩きます。林道脇に小滝。
2016年06月03日 04:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、林道を30分程歩きます。林道脇に小滝。
よく写真で見るトンネル。
2016年06月03日 04:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく写真で見るトンネル。
1
標識がありますので問題はないと思いますが、ここは右へ行きます。
2016年06月03日 04:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識がありますので問題はないと思いますが、ここは右へ行きます。
分岐からすぐに林道終点。広い転回スペースがあります。
2016年06月03日 04:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐からすぐに林道終点。広い転回スペースがあります。
少し進むと集落あとの石垣と廃屋があります。
2016年06月03日 05:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと集落あとの石垣と廃屋があります。
仮設の橋がいくつもあります。ほとんどの橋は安全です。
2016年06月03日 05:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仮設の橋がいくつもあります。ほとんどの橋は安全です。
狭い登山道。ところどころ幅の狭い場所があります。右は岩壁、左側は崖です。
2016年06月03日 05:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い登山道。ところどころ幅の狭い場所があります。右は岩壁、左側は崖です。
タケ沢吊り橋。
2016年06月03日 05:14撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケ沢吊り橋。
危険個所の崩落した橋の場所。梯子のある迂回路が右にあります。
2016年06月03日 05:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所の崩落した橋の場所。梯子のある迂回路が右にあります。
危険個所の登山道脇に滝がある場所。少し濡れますが、左側は絶壁なので、左に寄りすぎないように注意します。
2016年06月03日 05:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所の登山道脇に滝がある場所。少し濡れますが、左側は絶壁なので、左に寄りすぎないように注意します。
危険個所の崩壊地。途中までは足場もしっかりしていますが、中間地点に小石のある下りがあります。
2016年06月03日 05:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所の崩壊地。途中までは足場もしっかりしていますが、中間地点に小石のある下りがあります。
尾根を回り込むと沢音が大きくなってきます。
2016年06月03日 05:34撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を回り込むと沢音が大きくなってきます。
広河原手前で沢の脇を歩くようになります。
2016年06月03日 05:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原手前で沢の脇を歩くようになります。
広河原の渡渉場所。写真は渡った後の状況。臆病者ですので、面倒ですが飛び石ではなく先週と同じスタイルで渡ります。こちらのほうが長さ、水深ともにあります。
2016年06月03日 05:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原の渡渉場所。写真は渡った後の状況。臆病者ですので、面倒ですが飛び石ではなく先週と同じスタイルで渡ります。こちらのほうが長さ、水深ともにあります。
広河原から山の神への急な斜面をジグザグ登っていきます。幅は狭いですが、安全です。
2016年06月03日 06:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から山の神への急な斜面をジグザグ登っていきます。幅は狭いですが、安全です。
広河原から30分ほどで尾根上に出ると、山の神に到着です。
2016年06月03日 06:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から30分ほどで尾根上に出ると、山の神に到着です。
山の神から尾根を進むと、斜面の崩れている場所から展望があります。奥に七面山が見えます。
2016年06月03日 06:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神から尾根を進むと、斜面の崩れている場所から展望があります。奥に七面山が見えます。
ひたすら樹林帯の急坂が続きます。だんだん南アらしい森になってきます。
2016年06月03日 07:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯の急坂が続きます。だんだん南アらしい森になってきます。
広河原から2時間で桧横手山に到着です。テントが一張り。
2016年06月03日 08:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から2時間で桧横手山に到着です。テントが一張り。
1
少し下ると一番の急坂が待っています。
2016年06月03日 08:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると一番の急坂が待っています。
急坂が終わると、緩やかな尾根道になります。残念ながら雲の中です。
2016年06月03日 09:05撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が終わると、緩やかな尾根道になります。残念ながら雲の中です。
展望地のガレ場。展望を期待していただけに残念です。累積標高差が2000mを超えて足が前に進まなくなってきました。エネルギー不足です。水晶岳、槍ヶ岳のときも同じでした。体は素直です。
2016年06月03日 09:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地のガレ場。展望を期待していただけに残念です。累積標高差が2000mを超えて足が前に進まなくなってきました。エネルギー不足です。水晶岳、槍ヶ岳のときも同じでした。体は素直です。
予定より30分遅れで布引山山頂に着きました。エネルギー補給をしつつ休憩していると、一瞬青空になりました。写真はそのときのもの。
2016年06月03日 09:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より30分遅れで布引山山頂に着きました。エネルギー補給をしつつ休憩していると、一瞬青空になりました。写真はそのときのもの。
4
展望は期待できませんが、ここまで来たので笊ヶ岳に向かいます。
2016年06月03日 09:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は期待できませんが、ここまで来たので笊ヶ岳に向かいます。
鞍部への急な下りが始まる地点。木々の間から荒川、赤石の峰々が見えます。見られてよかったです。
2016年06月03日 10:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部への急な下りが始まる地点。木々の間から荒川、赤石の峰々が見えます。見られてよかったです。
2410mの鞍部。ここから標高差200mの登りです。
2016年06月03日 10:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2410mの鞍部。ここから標高差200mの登りです。
山頂直下で森林限界。布引山を振り返ります。
2016年06月03日 10:40撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下で森林限界。布引山を振り返ります。
登山口から6時間ほどで山頂に到着です。やはり展望はありません。
2016年06月03日 10:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から6時間ほどで山頂に到着です。やはり展望はありません。
3
聖岳方向。鳥森山と赤石ダムが見えます。
2016年06月03日 10:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳方向。鳥森山と赤石ダムが見えます。
こちらは荒川岳方向。山頂は携帯が使えたので、午後の天気を確認すると、夕方から雨の恐れがあるようなので下山開始です。この予報が昨日の夜出ていたら来なかったのですが、予報なので仕方ありません。
2016年06月03日 10:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは荒川岳方向。山頂は携帯が使えたので、午後の天気を確認すると、夕方から雨の恐れがあるようなので下山開始です。この予報が昨日の夜出ていたら来なかったのですが、予報なので仕方ありません。
鞍部を過ぎて少し登ったところで展望がありそうな場所があったので、少し登山道から離れて写真を撮りました。これだけ見れれば今日は十分です。
2016年06月03日 11:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部を過ぎて少し登ったところで展望がありそうな場所があったので、少し登山道から離れて写真を撮りました。これだけ見れれば今日は十分です。
4
布引山に戻ってきました。後は長い下りだけです。
2016年06月03日 12:03撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山に戻ってきました。後は長い下りだけです。
慎重に下山します。
2016年06月03日 12:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に下山します。
一気に飛んでワイヤーの墓場。
2016年06月03日 13:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に飛んでワイヤーの墓場。
新緑が気持ちいい。
2016年06月03日 13:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が気持ちいい。
2
山の神に戻ってきました。あと少しで広河原です。
2016年06月03日 13:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神に戻ってきました。あと少しで広河原です。
細いジグザグ道を下ると沢が見えてきました。山の神から思ったよりも長かったです。
2016年06月03日 14:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細いジグザグ道を下ると沢が見えてきました。山の神から思ったよりも長かったです。
写真中央が渡渉場所です。
2016年06月03日 14:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真中央が渡渉場所です。
こいつで無事に渡れました。
2016年06月03日 14:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こいつで無事に渡れました。
2
渡渉地点の下流方向。きれいな沢です。水平道を歩いて老平へ戻ります。
2016年06月03日 14:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点の下流方向。きれいな沢です。水平道を歩いて老平へ戻ります。
1
途中の橋。この橋は青いところを踏まないように注意しましょう。板が割れそうです。
2016年06月03日 14:51撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の橋。この橋は青いところを踏まないように注意しましょう。板が割れそうです。
崩壊地を通過。
2016年06月03日 14:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を通過。
水平道でここが一番怖いです。右側は深い谷です。濡れることは気にせず進みました。
2016年06月03日 15:04撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道でここが一番怖いです。右側は深い谷です。濡れることは気にせず進みました。
老平は奥の尾根の向こう側です。
2016年06月03日 15:05撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
老平は奥の尾根の向こう側です。
タケ沢吊り橋。
2016年06月03日 15:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タケ沢吊り橋。
さほど揺れませんが慎重に。
2016年06月03日 15:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さほど揺れませんが慎重に。
林道終点地点に戻ってきました。
2016年06月03日 15:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点地点に戻ってきました。
素掘りトンネルを通過。
2016年06月03日 15:42撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素掘りトンネルを通過。
下山完了です。いい天気ですが稜線は雲の中です。
2016年06月03日 15:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了です。いい天気ですが稜線は雲の中です。
1
ヴィラ雨畑前の公衆便所の様子。
2016年06月03日 16:54撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヴィラ雨畑前の公衆便所の様子。
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

展望を期待して笊ヶ岳に登ってきました。
出発前の予報では、北アルプス方面が良いのはわかってはいましたが、行きたい場所がなく、出発が遅いのであまり遠くには行けないこともあって、南アルプスの笊ヶ岳にしました。結果的には、少し早く雲が稜線にかかってしまい、展望はいまいちでしたが、雲の状況はイメージ通りだったので思惑通り涼しく快適に下山できました。昨年の槍ヶ岳以来の標高差2500m超えでしたが、曇っていたこともあり、予想より楽に登れました。

※谷ですのでGPS位置が一部不正確です。
訪問者数:528人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ