ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888688 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大杉谷(日帰り)

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー Rollingfifty
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7時着 2台目でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
1時間15分
合計
8時間55分
S登山口07:1508:40千尋滝09:10シシヶ淵09:3009:50ニコニコ滝10:30桃の木小屋10:55七ツ釜滝11:4012:20光滝12:30隠滝13:20七ツ釜滝13:35桃の木小屋14:20シシヶ淵15:00千尋滝15:1016:10登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4時過ぎに大阪市内を出発して、7時に登山口着。
千尋滝までは見せ場がなく単調であるが、この天空の滝以降は見所満載である。
七ツ釜滝で昼食をとりゆっくり休憩。
隠滝まで足を延ばしたが、同時に足も使った。
その後はいつもの展開(よれよれ)で下山。
コース状況/
危険箇所等
 危険箇所はありますが、これでもかという位鎖が設置されており、体調が万全で無理をしなければ大丈夫。逆の言い方になると、私は復路で足と膝に来ており慎重に下りました。もう一つ言うと、標高差はないが岩場歩きとアップダウンが多く、思いのほか足に来ます。あと、案外河原に降りる機会は少ないのでポイントで水は確保しておいたほうが良いと思います。
その他周辺情報大阪、奈良の人は、たかすみ温泉(大人500円)はどうでしょうか。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ガスコンロ 長袖シャツ Tシャツ ズボン 雨具 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

トイレと登山ポスト、駐車場2台目でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレと登山ポスト、駐車場2台目でした。
1
いきなりこんな道。怖く写ってますが、全然大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりこんな道。怖く写ってますが、全然大丈夫です。
1
吊り橋は全て立派なものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋は全て立派なものです。
吊り橋から見た自分の影を撮ってみました。終始快晴でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から見た自分の影を撮ってみました。終始快晴でした。
1
少しでも危険そうな場所は、鎖が付けてあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しでも危険そうな場所は、鎖が付けてあります。
千と「千尋の滝」。ちなみに「せんぴろ」と読むそうです。
天空の滝。水量があれば完璧です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千と「千尋の滝」。ちなみに「せんぴろ」と読むそうです。
天空の滝。水量があれば完璧です。
1
シシヶ淵。みんな休憩しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シシヶ淵。みんな休憩しています。
2
この花はたくさんありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花はたくさんありました。
ニコニコ滝。これも立派です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニコニコ滝。これも立派です。
1
巨岩がゴロゴロしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩がゴロゴロしています。
吊り橋から、桃の木小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から、桃の木小屋。
七ツ釜滝。大杉谷のシンボル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜滝。大杉谷のシンボル。
2
エメラルドグリーン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エメラルドグリーン。
2
崩壊地のサワグルミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地のサワグルミ。

感想/記録

私が高校生の時、七つ釜滝の写真を見て行かなければ(当時は吊り橋からの墜落事故で入山禁止であった。)と思ってから3?年、やっと念願がかなった。泊まりでなければ行けないと思っていたが、みなさんの記録を見てメインの滝位までは行けそうだと思い、梅雨入り前の平日の晴れ間を狙っての山行となった。隠滝あたりで引き返し予定時間(12:30)となり、堂倉滝まで行けなかったが、天気にも恵まれ大満足であった。
訪問者数:459人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 サワグルミ 梅雨 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ