ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888967 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳初縦走(阿弥陀岳・中岳・赤岳・横岳・硫黄岳)

日程 2016年06月03日(金) 〜 2016年06月04日(土)
メンバー yorktown
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名古屋を午前3時過ぎに出発、東名から中央高速道路を経由して諏訪南ICで降りたのち赤岳山荘を目指します。宿泊先は赤岳展望荘を予約していますが、ネットの口コミで赤岳展望荘宿泊者は、美濃戸山荘駐車場が無料になると言う情報が有り事前に赤岳展望荘に確認しましたが、そのようなサービスは無く美濃戸山荘宿泊者専用の駐車スペースしかないとの事でした。八ヶ岳山荘から赤岳山荘までは、悪路でゆっくり進みます。赤岳山荘駐車場は午前7時前に到着、金曜日にも拘らず既に9割くらい埋まっていました。土曜日下山した時もほぼ満車でしたが、下山した人の空きスペースが2,3台分ありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間1分
休憩
45分
合計
6時間46分
Sやまのこ村07:0807:10赤岳山荘07:1107:17美濃戸山荘08:29中ノ行者小屋跡08:3209:18行者小屋09:2610:00中岳のコル登山道水場10:03阿弥陀岳北稜10:0510:24中岳のコル10:2611:06阿弥陀岳11:2711:54中岳のコル11:5512:07中岳12:0812:31文三郎尾根分岐12:3612:58赤岳13:02竜頭峰13:09赤岳13:32赤岳頂上山荘13:3313:54赤岳天望荘
2日目
山行
4時間9分
休憩
26分
合計
4時間35分
二十三夜峰06:1206:23日ノ岳06:2506:30鉾岳06:34石尊峰06:3506:41横岳(三叉峰)06:4306:49無名峰06:5006:57横岳(奥ノ院)06:5807:15台座ノ頭07:32硫黄岳山荘07:3307:54硫黄岳07:5608:18赤岩の頭08:2009:00ジョウゴ沢09:0109:04大同心沢(大同心ルンゼ)分岐09:09赤岳鉱泉09:2110:07堰堤広場10:41美濃戸山荘10:4210:47赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
初めての八ヶ岳でしたが、北アルプスに比べて目印が少なく何度か迷いそうになりました。
軽アイゼンを持参しましたが、登山道に雪は有りませんでした。
阿弥陀岳、赤岳、横岳の岩場登りが意外と険しく3点支持でしっかり足場を確認しながら登らないと危険です。
その他周辺情報宿泊した赤岳展望山荘は、山の稜線に有りながら、ごえもん風呂が有ってサッパリできます。食事もバイキングスタイルで好きなものを好きなだけ頂けます。
但し飲料水が無いので購入しなければなりません。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール ヘルメット

写真

赤岳山荘に到着すると直ぐに女将さんの集金が有ります。
1泊で2,000円を支払い名前カードを貰い見える位置に掲示します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山荘に到着すると直ぐに女将さんの集金が有ります。
1泊で2,000円を支払い名前カードを貰い見える位置に掲示します。
駐車場は、平日の金曜日朝なのに、ほぼ満車です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は、平日の金曜日朝なのに、ほぼ満車です。
水場が有って、たわしとかも有り下山後登山靴を洗わせてもらいました。隣のトイレはチップ式100円が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場が有って、たわしとかも有り下山後登山靴を洗わせてもらいました。隣のトイレはチップ式100円が必要です。
1
車を置いて登山開始ですがいきなり行き止まり。
あれ?間違えたかなとしばし考えますが他に道無く
橋の左端を歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を置いて登山開始ですがいきなり行き止まり。
あれ?間違えたかなとしばし考えますが他に道無く
橋の左端を歩いていきます。
直ぐに美濃戸山荘。この山荘にも駐車場が有りますが宿泊者専用との事で、たぶん宿泊者は橋のロープをいったん外して通過するようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに美濃戸山荘。この山荘にも駐車場が有りますが宿泊者専用との事で、たぶん宿泊者は橋のロープをいったん外して通過するようです。
八ヶ岳の案内看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の案内看板。
南沢と北沢の分岐点。ここから登山のスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢と北沢の分岐点。ここから登山のスタートです。
行者小屋到着。まだ営業していません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。まだ営業していません。
水場は、豊富な水量です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は、豊富な水量です。
1
6月4日に小屋開きのイベントが有るそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6月4日に小屋開きのイベントが有るそうです。
1
間近で見る八ヶ岳はゴツゴツで険しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近で見る八ヶ岳はゴツゴツで険しいです。
1
稜線まで出ると富士山がポッカリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで出ると富士山がポッカリ!
3
阿弥陀岳の最初の登りは、見ての通りかなり険しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の最初の登りは、見ての通りかなり険しいです。
阿弥陀岳山頂。祠があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。祠があります。
4
赤岳を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を望みます。
3
穂高連峰と槍がクッキリテンションが上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰と槍がクッキリテンションが上がります。
1
阿弥陀岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。
3
北アルプスの山脈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの山脈
ここで昼食をとる事にしました。
山で食べるラーメンはいつも美味しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼食をとる事にしました。
山で食べるラーメンはいつも美味しい!
2
中岳を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳を通過。
赤岳。あの山頂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳。あの山頂を目指します。
赤岳の核心部。この最後の岩登りが大変でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の核心部。この最後の岩登りが大変でした。
1
文三郎尾根分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐
この看板に勇気を貰いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板に勇気を貰いました。
ハシゴ場も満載。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ場も満載。
こんな所に咲いている健気な花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所に咲いている健気な花。
1
眼下には、宿泊地赤岳展望荘が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には、宿泊地赤岳展望荘が見えます。
山頂の案内看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の案内看板。
先程登った阿弥陀岳を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先程登った阿弥陀岳を望みます。
1
赤岳山頂小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂小屋。
1
赤岳展望荘を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘を目指します。
こんな所にも花が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所にも花が!
2
小屋到着。受付で大部屋1泊2食9,000円を支払いカップを貰います。カップが食券の代わりにもなり食事時刻も色で示されています。自分のカップは緑。食事は夕食5時、朝食5時です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋到着。受付で大部屋1泊2食9,000円を支払いカップを貰います。カップが食券の代わりにもなり食事時刻も色で示されています。自分のカップは緑。食事は夕食5時、朝食5時です。
2
小屋内案内図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋内案内図。
自分は62番のスペース。3畳位のスペースに寝袋が6個。
ピーク時は畳半畳分になりますが、この日は2人で利用出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分は62番のスペース。3畳位のスペースに寝袋が6個。
ピーク時は畳半畳分になりますが、この日は2人で利用出来ました。
1
なんとトイレは水洗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとトイレは水洗です。
2
ごえもん風呂も有ってこれは有り難い。汗を流しサッパリできます。男女時間を区切って利用しますが、男時間最初に行ったのでふろ桶に6人。ぎゅうぎゅうです。(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごえもん風呂も有ってこれは有り難い。汗を流しサッパリできます。男女時間を区切って利用しますが、男時間最初に行ったのでふろ桶に6人。ぎゅうぎゅうです。(笑)
2
食事は、バイキング形式。午後4時45分位に行ったら直ぐに取る事が出来ました。ビールは2本目。1本500円です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事は、バイキング形式。午後4時45分位に行ったら直ぐに取る事が出来ました。ビールは2本目。1本500円です。
7
食後は、夕日を堪能。寒かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後は、夕日を堪能。寒かった。
1
マジックアワー!
午後9時消灯ですが、8時半には眠りにつきました。
寒くて何度か目が覚めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マジックアワー!
午後9時消灯ですが、8時半には眠りにつきました。
寒くて何度か目が覚めました。
2
午前3時半に起床し日の出を待ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前3時半に起床し日の出を待ちます。
厚い雲の向こうに太陽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厚い雲の向こうに太陽
1
日の出です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出です。
4
モルゲンロート。焼け方が足りません。
赤岳が赤い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート。焼け方が足りません。
赤岳が赤い!
1
朝食もバイキング。午前5時前に行ったらやっぱり食べる事が出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食もバイキング。午前5時前に行ったらやっぱり食べる事が出来ました。
6
赤岳山上山荘、赤岳展望荘を後にして午前6時縦走開始です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山上山荘、赤岳展望荘を後にして午前6時縦走開始です。
2
振り返ると赤岳と富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると赤岳と富士山。
1
富士山が近くに見えてビックリです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が近くに見えてビックリです。
5
先ずは横岳を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ずは横岳を目指します。
仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳
意外と手強い岩登りの進めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と手強い岩登りの進めます。
横岳!この登山道、槍ヶ岳よりも厳しいと感じました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳!この登山道、槍ヶ岳よりも厳しいと感じました。
1
硫黄岳を望みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳を望みます。
硫黄岳山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。
振り返ると縦走してきた阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳が一望できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると縦走してきた阿弥陀岳、中岳、赤岳、横岳が一望できます。
やっぱり穂高!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり穂高!
硫黄岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂。
2
赤岩の頭手前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭手前
避難小屋?!小さいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋?!小さいです。
赤岳に挨拶して下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に挨拶して下山開始。
3
赤岳鉱泉に到着。
当初はここでテント泊する計画でしたが山小屋泊にして正解。
寒かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着。
当初はここでテント泊する計画でしたが山小屋泊にして正解。
寒かったです。
八ヶ岳の案内看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の案内看板。

感想/記録

アルプス行きたいけど残雪が心配でどうしようか迷っていると、本屋で偶然に八ヶ岳トレッキングの本を見つけ読んでみると面白そうで調べてみると今年は雪が少ないとの事。
早速プランニングしました。本当は、赤岳鉱泉でテント泊デビューを予定していましたが天気予報を見るとかなり冷え込む予想。山小屋泊に変更しました。
山と高原地図、カシミール3DとGarmin BaseCampを使用して登山ルート研究です。この時間が楽しいですね!
八ヶ岳は、沢山の山が有るのでルートも色々選べます。最終的に今回のルートに決めました。時間は、かなり余裕を持った計画です。
意外と手強い岩登りでビックリしました。権現岳、天狗岳、北八ヶ岳方面とまた行きたくなりました。

宿泊した赤岳展望荘も山小屋にしては珍しくお風呂が有ったり、水洗便所、バイキング形式の食事と、とても満足できました。

途中でご一緒させて頂いた皆様有難うございました。
また何処かの山でお会いしましょう!
訪問者数:382人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ