ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889120 全員に公開 ハイキング丹沢

大室山(道志の湯コース)

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー Kitara
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道相模湖インターから約30キロ。道志の湯に至るまでの道はかなりきついカーブが連続するので、特に下り坂は走行注意。びゅんびゅん飛ばす二輪車が非常に多いので、適宜道路脇のスペースに退避して追い越してもらった方が気が楽。
道志の湯の少し奥に駐車場が設けられており、駐車台数には余裕がある。
トイレは道志の湯施設の反対側に設置された公共トイレを利用する。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
1時間13分
合計
6時間9分
S加入道山 室久保川登山口07:1809:00加入道避難小屋09:02加入道山09:0309:08加入道避難小屋09:0909:17馬場峠09:2009:24前大室09:2509:35破風口09:3610:17大室山・犬越路分岐10:24大室山11:2811:36大室山・犬越路分岐11:3712:01破風口12:11前大室12:14馬場峠12:1512:20加入道避難小屋13:27加入道山 室久保川登山口13:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:18 加入道山 室久保川登山口
8:57 加入道山
9:00 加入道避難小屋
9:18 馬場峠
9:24 前大室
9:36 破風口
10:17 大室山・犬越路分岐
10:39 大室山
コース状況/
危険箇所等
加入道山手前の白石峠からのコースとの合流地点までの登山道は、鬱蒼とした樹林帯が続き、笹は刈られているので、概ね歩きやすい。四阿を過ぎて傾斜が増してきた後、加入道山手前の合流地点までに3箇所ほど道幅がかなり狭い危険個所があり、万一足を滑らせて深い谷に落ちると大怪我は必至と思われるので、山側のロープを手繰りつつ緊張感を持って通過したい。
加入道山手前の合流地点から先は、木道や土嚢等の整備が行き届いており、危険度の少ない快適な尾根道となる。
全般的に道は明瞭で、案内標識も充実しているので、道迷いの心配はない。
加入道山山頂に立派できれいな避難小屋がある。雨水を貯めておく水道タンクもある模様。
携帯電話(au)は、登山口では不通だが、加入道山や大室山の山頂では、若干不安定ではあるものの電波が入る。
その他周辺情報登山口のすぐ近くに道志の湯があり、600円で入浴できる。食堂も併設されているので、登山後の休憩所として利用できる。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

道志の湯のすぐ先にある登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志の湯のすぐ先にある登山口
朝陽が差す樹林帯を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽が差す樹林帯を行く。
登山口から30分程の地点にある四阿。ここから傾斜が増してくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から30分程の地点にある四阿。ここから傾斜が増してくる。
ブナの新緑が目にまぶしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの新緑が目にまぶしい。
展望も開けてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望も開けてきた。
富士山が望める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が望める。
富士山をアップで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をアップで。
だいぶ標高を上げてから再び富士山が望めた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ標高を上げてから再び富士山が望めた。
広大な裾野の富士山をアップで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大な裾野の富士山をアップで。
加入道山手前の白石峠との分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加入道山手前の白石峠との分岐点
ここからは美しいブナの階段を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは美しいブナの階段を登っていく。
登山道の両脇が草原状になっており、爽快なことこの上ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の両脇が草原状になっており、爽快なことこの上ない。
加入道山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加入道山山頂
山頂直下の避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の避難小屋
中は非常にきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中は非常にきれい。
1
写真では分かりにくいが、避難小屋に下りる階段に「加入道ひなん小屋」との文字が刻まれているのが心憎い。この先の登山道にも、同じような思わず目を引くユニークなオブジェがたくさんあって楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりにくいが、避難小屋に下りる階段に「加入道ひなん小屋」との文字が刻まれているのが心憎い。この先の登山道にも、同じような思わず目を引くユニークなオブジェがたくさんあって楽しい。
再びブナの草原に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びブナの草原に。
気の利いたオブジェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気の利いたオブジェ
「クマヨケ」とあるが、どうやって使えばよいのだろう。この先にも3個ほど同様のオブジェが存在する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「クマヨケ」とあるが、どうやって使えばよいのだろう。この先にも3個ほど同様のオブジェが存在する。
奥に大室山が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に大室山が見えてきた。
南側の丹沢方面の眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の丹沢方面の眺望
これも例のオブジェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも例のオブジェ
久しぶりに望めた富士山に早くも雲がかかってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに望めた富士山に早くも雲がかかってきた。
小ピークの前大室
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークの前大室
結構眺めもよい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構眺めもよい。
コルの破風口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルの破風口
雲が増えてきたが、この辺りからの丹沢方面のパノラマは素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が増えてきたが、この辺りからの丹沢方面のパノラマは素晴らしい。
たまに北側の展望も開ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに北側の展望も開ける。
トウゴクミツバツツジ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ
1
新緑とのコラボが目に鮮やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑とのコラボが目に鮮やか。
最後の丹沢方面の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の丹沢方面の眺め
最後の北側の眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の北側の眺め
山頂直下のベンチが設けられた休憩所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のベンチが設けられた休憩所
山梨百名山の標識が新旧二つ並んでいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標識が新旧二つ並んでいる。
丹沢といえばやはりブナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢といえばやはりブナ
下山途中で本文中で触れた危険個所を撮影。足場が狭くてもろく、谷が急峻なので、緊張しながら通過した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で本文中で触れた危険個所を撮影。足場が狭くてもろく、谷が急峻なので、緊張しながら通過した。
危険個所その2。ここは補助ロープがなく、足場が狭いので緊張を強いられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所その2。ここは補助ロープがなく、足場が狭いので緊張を強いられる。
危険個所その3。補助ロープはあるが、ここもかなり怖い。滑落したらまず助からないであろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険個所その3。補助ロープはあるが、ここもかなり怖い。滑落したらまず助からないであろう。

感想/記録
by Kitara

今日も天気が下り坂で午後から曇りとの予報が出ていたので、先週の御正体山に続いてあまり展望が期待できない山リストの中から、丹沢西北端に位置する大室山(山梨百名山)に目標を定める。
道志の湯の先から快調に登っていくが、途中で足場が細くて不安定な落ちたら谷底に真っ逆さまという緊張を強いられる箇所もあった。補助ロープが張られた箇所もあるものの、いずれは足場が崩れ落ちてしまいそうな気もするので、できれば安全対策を望みたいところ。標高を上げていく途中で富士山が大きく見えて、素晴らしい景色に思わず息を呑む。
加入道山手前の合流地点から先は、明るい草原のブナ林が続き、上部ではトウゴクミツバツツジの花がまだ結構残っていて、新緑とのコントラストが美しい。稜線からは時折丹沢の山並みや、遠くに南アルプスも望めて、思っていた以上に展望もよかったのは収穫であった。
ピークの加入道山や大室山は、いずれも展望はない地味な山頂だが、四方にコースが設けられており、丹沢の奥深さを味わうには好適地といえる。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ