ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889234 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

裏妙義縦走(御岳〜丁須の頭〜谷急山〜谷急山北稜)

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー danyamakomemame
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あさお吊り橋駐車場(無料/10台程度/8時30分頃到着時先客は2台)
※水洗トイレあり。
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち37%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
51分
合計
7時間36分
Sあさおの吊り橋 駐車場08:4609:20鼻曲り(龍駒山)09:2109:39産泰山10:09御岳10:1610:54丁須の頭11:2712:08赤岩12:1112:23烏帽子岩12:2412:28風穴尾根の頭12:3012:41三方境13:57谷急山14:0116:22あさおの吊り橋 駐車場16:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
・急谷山北稜はバリエーションルートのため、赤布・ピンクリボン・ペンキマーク等の
目印はいっさいありませんでした。
・丁須の頭付近を除いて出会った登山者は2組のみ。

●あさお吊り橋駐車場〜御岳
あさお吊り橋を渡ったところが御岳登山口となり、登山ポストが設置されています。
遊歩道を進んで木橋を渡ると滝の側壁に付けられた約10mの最初のクサリ場が現れ、
その後、岸壁にステップが切られたクサリ場を通過して、
樹林帯の尾根道に乗り、急登すると展望が開けた場所に出ます。
ここが鼻曲り(龍駒山)となり、稜線歩きが始まります。
幅の広い緩やかな稜線が続き、ほどなく産泰山へと至ります。
産泰山を過ぎると徐々に尾根が痩せ始めます。
焚き火跡がある岩屋を通過後、岩峰を東側に巻く3連のクサリ場をこなして
しばらく進むと御岳山頂へと至ります。

●御岳〜丁須の頭
御岳からも痩せた稜線が続き、それほど難易度が高くないクサリ場が連続します。
各小ピークで眺望が開けるごとに丁須の頭が近づき、
しばらく進むと国民宿舎方面との分岐である籠沢のコルへに到着します。
ここからは丁須の頭の裏側へ回り込むように進み、
クサリ場を丁須の台座へ向かってトラバースします。
丁須の頭へはオーバーハングしたハンマーヘッドの上部からクサリが
1本ぶら下がっていてこれを利用して上り下りします。

●丁須の頭〜三方境
丁須の頭の隣の無名岩峰を下るとすぐにチムニー内の20mのクサリ場を下ります。
後半はクサリを使わずとも岩のホールドだけでも下れます。
赤岩の手前まで再び痩せ尾根を進み、赤岩の基部を東側に巻くところで
クサリ場の連続となり、クサリの付いた桟道のトラバースしていきます。
その後、展望の利く場所を通過し今度は烏帽子岩の基部を西側にトラバースして
風穴尾根の頭へと至ります。
ここから稜線は広くなり、高低差100mほど樹林帯を下ると三方境へ到着です。

●三方境〜谷急山
三方境から小ピークを一つ越すと女坂分岐が現れ、
ここから谷急山への痩せ尾根の急登となります。
谷急山までの登山道は、それまでと比べると荒れている印象で、
クサリ場は1〜2か所のみであとはお助けロープが取り付けられているところがほとんど。
P1まで急登し、いったん傾斜が緩んだ後に今度はP2まで再び急登。
P2から小刻みなアップダウンで小ピークを4つ(P3〜P6)越えると
急谷山山頂へと至ります。

●谷急山北稜〜あさお吊り橋駐車場
北稜の分岐は三角点から少し三方境側に戻ったところにあり、
藪で閉ざされていますが踏み跡が続いているのがわかります。
北稜は顕著な尾根筋でしばらくは樹林帯の痩せ尾根を下っていきますが、
標高850〜1050m付近は岩稜帯のナイフリッジとなっていて高度感アリアリ。
特に西側は切れ落ちているのでスリリングでした。浮石や腐った木などもあり、
一歩ずつ手足の置き場を確認しながら慎重に下る必要がありました。
この岩稜帯を通過すると再び樹林帯となりますが、
ザレた急斜面の下りがとにかく滑りやすくかなりのストレスでした。
途中で大きな岩を巻くところがあるので目印になるでしょう。
標高を下げるにつれて尾根は広がり踏み跡も薄くなり多少のルーファイが必要でした。
さらに下ると突如として入山川の河原が眼下に見えてきて下りは終了。
渡れそうなところをテキトーに探して入山川を渡渉後、
少し登り返しガードレールを越えて県道92号へ出ます。
ここから5km強の車道歩きとなります。
 
 

写真

あさお吊り橋の駐車場からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あさお吊り橋の駐車場からスタート
1
吊り橋の入り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋の入り口
吊り橋を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ります
吊り橋を渡り終えると正面に登山ポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡り終えると正面に登山ポスト
御岳コースへ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳コースへ向かいます
最初は遊歩道を進んでいきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は遊歩道を進んでいきます
1
鍵沢を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵沢を渡ります
1
早速クサリ場のお出ましです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速クサリ場のお出ましです
2
岩場をトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をトラバース
3
尾根筋を登っていくと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋を登っていくと…
ほどなく鼻曲り(龍駒山)に到着。最初の眺望ポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく鼻曲り(龍駒山)に到着。最初の眺望ポイント
2
ザンゲ岩からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩からの眺望
1
ザンゲ岩より。眼下には碓氷峠鉄道文化むらがミニチュアのように見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩より。眼下には碓氷峠鉄道文化むらがミニチュアのように見えました
8
ザンゲ岩より。御岳の東稜でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩より。御岳の東稜でしょうか
鼻曲り(龍駒山)からは幅広い稜線が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鼻曲り(龍駒山)からは幅広い稜線が続きます
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
歩きやすい稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい稜線
1
産泰山に到着。特に眺望はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
産泰山に到着。特に眺望はありません
1
産泰山を過ぎると尾根が細くなり始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
産泰山を過ぎると尾根が細くなり始めます
岩小屋には焚き火跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋には焚き火跡
岩小屋が過ぎるとちょっとした岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋が過ぎるとちょっとした岩場
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
石碑があるピークを通過すると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石碑があるピークを通過すると…
ほどなく御岳山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく御岳山頂に到着
1
山頂には石碑もあります(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には石碑もあります(photo komemame)
1
御岳より。白雲岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳より。白雲岳
1
御岳より。鷹戻し、金洞山、星穴岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳より。鷹戻し、金洞山、星穴岳
2
御岳より。丁須の頭が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳より。丁須の頭が見えてきました
御岳を過ぎると痩せた稜線が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳を過ぎると痩せた稜線が続きます
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
2
進行方向右手に浅間山が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進行方向右手に浅間山が見えました
1
丁須の頭が徐々に近づいてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭が徐々に近づいてきます
1
三連のクサリ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三連のクサリ場
2
痩せ尾根状に付けられたクサリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根状に付けられたクサリ
1
御岳を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳を振り返ります
1
表妙義を一望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表妙義を一望
2
さらに丁須の頭が近づきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに丁須の頭が近づきます
3
丁須の頭アップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭アップで(photo komemame)
1
籠沢のコルを通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
籠沢のコルを通過
籠沢のコルを通過すると丁須の頭まで回り込むように進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
籠沢のコルを通過すると丁須の頭まで回り込むように進みます
1
丁須の頭手前のクサリ場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭手前のクサリ場
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
丁須の頭の基部への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭の基部への登り
丁須の頭の台座まで登ります1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭の台座まで登ります1
丁須の頭の台座まで登ります2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭の台座まで登ります2
1
丁須の頭のTOPに到着(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭のTOPに到着(photo komemame)
7
丁須の頭より。台座のkomemameを見下ろします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。台座のkomemameを見下ろします
5
前の写真を逆から見上げます(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前の写真を逆から見上げます(photo komemame)
2
丁須の頭より。手前から赤岩〜烏帽子岩〜谷急山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。手前から赤岩〜烏帽子岩〜谷急山
2
丁須の頭より。足元は心もとない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。足元は心もとない
2
丁須の頭より。榛名山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。榛名山
2
丁須の頭より。表妙義。鷹戻し〜金洞山〜星穴岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。表妙義。鷹戻し〜金洞山〜星穴岳
1
丁須の頭より。眼下には妙義湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭より。眼下には妙義湖
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
丁須の頭からの下り1(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭からの下り1(photo komemame)
4
丁須の頭からの下り2(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭からの下り2(photo komemame)
隣の無名岸峰より。ここからは丁須の頭がよく見えます。カメラに向かって手を振る若者をパチリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の無名岸峰より。ここからは丁須の頭がよく見えます。カメラに向かって手を振る若者をパチリ
3
隣の無名岸峰より。赤岩と烏帽子岩。奥に谷急山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の無名岸峰より。赤岩と烏帽子岩。奥に谷急山
2
チムニーの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チムニーの下り
2
下り出しはクサリに頼る必要があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り出しはクサリに頼る必要があります
1
下の方は特にクサリを使う必要はありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方は特にクサリを使う必要はありませんでした
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
下りたところからチムニーの全体を見上げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りたところからチムニーの全体を見上げます
1
赤岩の基部付近からはクサリ地帯になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の基部付近からはクサリ地帯になります
稜線からいったん下降し(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からいったん下降し(photo komemame)
1
基部をトラバースします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基部をトラバースします
トラバースの途中で赤岩を見上げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースの途中で赤岩を見上げます
長いトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いトラバース
1
ふにゃふにゃに曲がったハシゴの残骸
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふにゃふにゃに曲がったハシゴの残骸
新緑が眩しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が眩しい
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
3
桟道のトラバースに入ります1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道のトラバースに入ります1
3
桟道のトラバースに入ります2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道のトラバースに入ります2
1
けっこうスリリング
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうスリリング
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
桟道が終了後もトラバースは続きます。見た目よりも足元はしっかりしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道が終了後もトラバースは続きます。見た目よりも足元はしっかりしています
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
2
トラバース終了後はクサリを使って登り返します1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース終了後はクサリを使って登り返します1
1
トラバース終了後はクサリを使って登り返します2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース終了後はクサリを使って登り返します2
谷筋を跨いだ後にハシゴあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋を跨いだ後にハシゴあり
次は烏帽子岩の基部をトラバースします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は烏帽子岩の基部をトラバースします
1
眺望が開けるところがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望が開けるところがあります
1
右側が巻いてきた烏帽子岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側が巻いてきた烏帽子岩
風穴尾根の頭を過ぎると尾根の幅が広がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風穴尾根の頭を過ぎると尾根の幅が広がります
1
高低差100mほど下ると三方境へ到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高低差100mほど下ると三方境へ到着です
1
三方境からは谷急山まで高低差250mほどの登りとなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境からは谷急山まで高低差250mほどの登りとなります
1
三方境から谷急山にかけてはクサリ場は少なく…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境から谷急山にかけてはクサリ場は少なく…
お助けロープが中心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープが中心
1
P2の肩より。谷急山が近づきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2の肩より。谷急山が近づきました
1
P2の肩より。歩いてきた稜線を振り返ります。烏帽子岩と奥は赤岩。右側には小さく丁須の頭も見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2の肩より。歩いてきた稜線を振り返ります。烏帽子岩と奥は赤岩。右側には小さく丁須の頭も見えます
2
P2の肩より。荒船山の独特な山容が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2の肩より。荒船山の独特な山容が見えます
1
三方境より先はそれまでに比べると少し荒れた印象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境より先はそれまでに比べると少し荒れた印象
ぽっかり開けたところに出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぽっかり開けたところに出ました
ここが谷急山に到着。妙義連峰最高峰だそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが谷急山に到着。妙義連峰最高峰だそうです
1
山頂より。浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。浅間山
1
北稜への分岐の入口は藪に閉ざされています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北稜への分岐の入口は藪に閉ざされています
2
下り始めてしばらくは歩きやすい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めてしばらくは歩きやすい道です
高岩とその下に上信越道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岩とその下に上信越道
2
標高1050m付近から痩せた岩稜帯となります1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1050m付近から痩せた岩稜帯となります1
1
標高1050m付近から痩せた岩稜帯となります2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1050m付近から痩せた岩稜帯となります2
このあたりお尻ムズムズしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりお尻ムズムズしました
3
両手両足を使ってしっかりと下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両手両足を使ってしっかりと下ります
1
南側は断崖絶壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は断崖絶壁
3
ようやく樹林で視界が遮られるようになってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく樹林で視界が遮られるようになってきました
1
痩せ尾根が終わると今度はザレザレ地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が終わると今度はザレザレ地帯
1
かなり滑りやすくストレスでしたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり滑りやすくストレスでしたが…
1
突然入山川の河原が眼下に見えてきて下りは終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然入山川の河原が眼下に見えてきて下りは終了
2
汚れた手を洗います(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汚れた手を洗います(photo komemame)
2
渡れそうなところで入山川を徒渉します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡れそうなところで入山川を徒渉します
ガードを乗り越えて終了!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードを乗り越えて終了!
1
ここから5km強の車道歩きとなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから5km強の車道歩きとなります
民家の脇を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の脇を進みます
北側からの裏妙義
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側からの裏妙義
1
ショートカットして…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットして…
あさお吊り橋駐車場に戻ってきました。お疲れさまでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あさお吊り橋駐車場に戻ってきました。お疲れさまでした!
3

感想/記録

丁須の頭はお尻がムズムズしたなぁ。谷急山北稜のナイフリッジの下りも。
なんか歳をとるに従って高さに対して弱くなっているような、そんな気がします。
 

感想/記録

夏山対策として、先週は
長距離・長時間歩きがいちおクリアできたので
今週はアップダウン強化のため裏妙義へ。

表妙義は行ったことがあったので、
急峻な岩場が続き、鎖だらけなイメージを抱いていましたが、
それだけじゃない、とても変化のあるルートでした。

とはいえ妙義、結構早い段階から鎖が登場します。
まだウォーミングアップもできていないうちから、
からだ全部をつかって登りはじめます。
ひたすら登ったり降りたり、登ったり降りたりしながら、
幾つかの山を越えて御岳にたどり着くと、
あの丁須の頭が見えました。遠くから見ても、あのかたち、ありえない。笑
「あそこに登るんだー」とウキウキしします。
ウキウキしていたから、意外と早くついて、
さぁ登るぞーって思いましたが、やっぱり相当怖そうで、
お尻がもぞもぞするのでやめました。
私には登れたとしても降りられないナ。
そのあと中学生くらいの集団がきましたが、
いとも簡単に、しかも恐怖心なんかありませんって涼しい顔で
登っていくのをみて、思わず「若いってすごいなぁ」と感心してしまう。

そこから先、三方境までは、
けっこう頑張らないとダメ系の鎖がいくつか続きます。
下りなので、慎重におりました。
でもこういうの、けっこう楽しいです。

しかし、三方境から先はとてもとても長かった。
谷急山へのアップダウンはこれでもかってくらい、
登りにくいザレたところを登り降りしないとならない。
少しずつペースダウンしてしまいます。
ちょっとノロっとしていると、後ろからdanyamaが頭突きしてくる。。。
やっとだどりついた谷急山は暑くて、ありがたみも感じず、
早々に退散してしまいました。
そしてここからの下りの大変さといったら!
正規のルートじゃないから、とはいうものの、
ザレたくだりでは、ずるっと転ぶこと数回。
しかもかなり長い〜。
最後の方は足がガクガクになりました。
あとちょっと長かったら、歩けなくなっていたかな〜。

まぁ、でも、まだまだ涼しいこの季節。
そこまで暑くなかったから歩ききることができました。

ここのところ体力ダウンしていて、
夏山へのモチベーションがだいぶ下がっていましたが、
先週に引き続き、今週はアップダウンを克服できたので、
自信もだいぶ取り戻しました。よかったぁ〜。
梅雨入りして、また歩く機会が減りそうだけど、
体力落ちないように、そして夏山への妄想をしつつ、
山温度が下がらないように日々過ごしたいと思います。


おしまい


訪問者数:802人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ