ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889243 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳19回目(巌剛新道〜西黒尾根〜トマの耳〜オキの耳〜天神尾根):中高年ハイカーが歩いてみた

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー TheDainagon
天候晴れ ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
水上駅からバスでロープウェイ駅へ(670円)。
バスは上毛高原駅でたくさん乗ったそうで、水上駅発の臨時便が出ました。

6/5〜6/30はロープウェイが運休期間となるので要注意です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
復路の天神尾根で、渋滞多発でした。
渋滞を引き起こしている自覚のないパーティが多いので、帰りの時間計算には注意が必要です。
コース状況/
危険箇所等
残雪僅か(無視できる程度)。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

ここ(ロープウェイ駅前)を本日のスタート地点とします。
西黒尾根・巌剛新道方面へは、ロープウェイ駅を出て、目の前の車道を右に上がって行きます。
2016年06月04日 08:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ(ロープウェイ駅前)を本日のスタート地点とします。
西黒尾根・巌剛新道方面へは、ロープウェイ駅を出て、目の前の車道を右に上がって行きます。
登山指導センターの前を通過していきます。
先月までは閉じられていたゲートが開いています。
2016年06月04日 08:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センターの前を通過していきます。
先月までは閉じられていたゲートが開いています。
少し歩くと、西黒尾根入口の分岐があります。
本日は初の巌剛新道なので、このまま通過していきます。
2016年06月04日 08:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと、西黒尾根入口の分岐があります。
本日は初の巌剛新道なので、このまま通過していきます。
落石がありそうな場所だなと思っていたら、やはり。
2016年06月04日 09:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石がありそうな場所だなと思っていたら、やはり。
木漏れ日の林道をさらに進んでいくと、いきなり見えてきます。
西黒尾根コースより良い点の一つですね。
あちらは、なかなか姿が拝めません。
2016年06月04日 09:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日の林道をさらに進んでいくと、いきなり見えてきます。
西黒尾根コースより良い点の一つですね。
あちらは、なかなか姿が拝めません。
いきなりこの迫力は、やはり西黒尾根コースより良いかもしれません。
2016年06月04日 09:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりこの迫力は、やはり西黒尾根コースより良いかもしれません。
2
この分岐を左に入ると巌剛新道です。
ロープウェイ駅から30分程度で到着します。
2016年06月04日 09:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐を左に入ると巌剛新道です。
ロープウェイ駅から30分程度で到着します。
見えにくい角度ですが、入口に案内表示もあります。
2016年06月04日 09:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えにくい角度ですが、入口に案内表示もあります。
この位置から振り返ると、白毛門方面も一望です。
2016年06月04日 09:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この位置から振り返ると、白毛門方面も一望です。
1
比較的背の低い広葉樹に覆われた細い道です。
出だしは、緩やかな登りです。
2016年06月04日 09:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的背の低い広葉樹に覆われた細い道です。
出だしは、緩やかな登りです。
コース上に大量の水が流れていて沢状になっている個所があります。
雪解け水でしょうか。
滑りやすいので要注意です。
2016年06月04日 09:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上に大量の水が流れていて沢状になっている個所があります。
雪解け水でしょうか。
滑りやすいので要注意です。
西黒尾根コースの出だしは土の上を歩く部分も多いのですが、こちら巌剛新道は石の上が多いです。
2016年06月04日 09:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根コースの出だしは土の上を歩く部分も多いのですが、こちら巌剛新道は石の上が多いです。
たまに樹が開けているところで見えます。
2016年06月04日 09:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに樹が開けているところで見えます。
後ろも。
2016年06月04日 09:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろも。
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあると思うので)
先月の谷川岳では3個拾いましたが、今日はゴミが少なく、この1個だけで済みました。
2016年06月04日 10:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあると思うので)
先月の谷川岳では3個拾いましたが、今日はゴミが少なく、この1個だけで済みました。
2
この辺りから、少し傾斜が急になってきます。
2016年06月04日 10:12撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから、少し傾斜が急になってきます。
ここだけ、ちょっと危険でした。
崩落気味の細いトラバース道です。
慎重に通過する必要があります。
2016年06月04日 10:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ、ちょっと危険でした。
崩落気味の細いトラバース道です。
慎重に通過する必要があります。
危険なトラバース個所を抜けると、岩場な感じになってきます。
トレッキングポールを使っている人は、ここで仕舞った方が良いかもしれません。
2016年06月04日 10:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険なトラバース個所を抜けると、岩場な感じになってきます。
トレッキングポールを使っている人は、ここで仕舞った方が良いかもしれません。
鎖場です。
このコースは総じて鎖を掴まなくても何とかなる鎖場ばかりです。
2016年06月04日 10:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場です。
このコースは総じて鎖を掴まなくても何とかなる鎖場ばかりです。
続け様に鎖場登場。
2016年06月04日 10:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続け様に鎖場登場。
抜けると梯子。
2016年06月04日 10:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けると梯子。
そして、鎖。
2016年06月04日 10:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、鎖。
これから進む西黒尾根を歩いている人たちの姿が見えてくると、鎖場地帯終了です。
2016年06月04日 11:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む西黒尾根を歩いている人たちの姿が見えてくると、鎖場地帯終了です。
ここで西黒尾根と合流。
2016年06月04日 11:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで西黒尾根と合流。
天神平のロープウェイ駅が見えます。
2016年06月04日 11:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平のロープウェイ駅が見えます。
2
ここから先は、頂上直前まで岩場が続きます。
森林限界超えているので、これからの季節は日差し対策が必要です。
2016年06月04日 11:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は、頂上直前まで岩場が続きます。
森林限界超えているので、これからの季節は日差し対策が必要です。
2
随所にペンキマークがあるので安心。
2016年06月04日 11:25撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随所にペンキマークがあるので安心。
振り返ると、巌剛新道との合流点と、その後ろのラクダの背が見降ろせます。
西黒尾根上で、一番気分が良い場所かもしれません。
2016年06月04日 11:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、巌剛新道との合流点と、その後ろのラクダの背が見降ろせます。
西黒尾根上で、一番気分が良い場所かもしれません。
3
西黒尾根合流後も鎖があります。
こちらも、あまり鎖に頼らなくても大丈夫です。
2016年06月04日 11:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根合流後も鎖があります。
こちらも、あまり鎖に頼らなくても大丈夫です。
1
今日は人出が多いです。
たくさんの人が稜線上を歩いているのが見えます。
2016年06月04日 11:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は人出が多いです。
たくさんの人が稜線上を歩いているのが見えます。
1
白いのも咲いています。
2016年06月04日 11:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いのも咲いています。
名前を知りませんが、メルヘンな雰囲気の花も咲いています。
2016年06月04日 11:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を知りませんが、メルヘンな雰囲気の花も咲いています。
この辺りは滑りやすく登り難いです。
蛇紋岩地帯なので、雨の後等で濡れているときは特に要注意です。
2016年06月04日 11:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは滑りやすく登り難いです。
蛇紋岩地帯なので、雨の後等で濡れているときは特に要注意です。
1
ここも蛇紋岩の一枚岩で、滑りやすいです。
2016年06月04日 11:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも蛇紋岩の一枚岩で、滑りやすいです。
1
ここまで来たら、肩まですぐです。
2016年06月04日 12:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来たら、肩まですぐです。
アレが見えてきました。
2016年06月04日 12:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アレが見えてきました。
1
天神尾根から登ってきた人達も間近に見えてきます。
2016年06月04日 12:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根から登ってきた人達も間近に見えてきます。
この残雪部分を渡ると肩です。
雪渓と書いている人が多いですが、どう見ても“渓”ではないです。
「雪のある斜面=雪渓」と思っている人が多いようですね。
2016年06月04日 12:17撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この残雪部分を渡ると肩です。
雪渓と書いている人が多いですが、どう見ても“渓”ではないです。
「雪のある斜面=雪渓」と思っている人が多いようですね。
肩の辺りで、まだ咲いているショウジョウバカマが数株だけ見られました。
2016年06月04日 12:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の辺りで、まだ咲いているショウジョウバカマが数株だけ見られました。
アレに到着。
2016年06月04日 12:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アレに到着。
1
小屋とマナイタグラと主脈稜線。
2016年06月04日 12:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋とマナイタグラと主脈稜線。
頂上目前。
人が多いです。
2016年06月04日 12:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上目前。
人が多いです。
一つ目の頂上、トマの耳。
本日は気力が残っているので、二つ目のオキの耳へ向かうことにします。
2016年06月04日 12:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目の頂上、トマの耳。
本日は気力が残っているので、二つ目のオキの耳へ向かうことにします。
1
オキの耳に到着。
こちらも人が多かったです。
2016年06月04日 12:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳に到着。
こちらも人が多かったです。
5
オキの耳から望むトマの耳。
2016年06月04日 12:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳から望むトマの耳。
トマの耳に戻って望むオキの耳。
2016年06月04日 12:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳に戻って望むオキの耳。
いつか、あの主脈稜線に進んでみたいと狙っています。
2016年06月04日 13:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか、あの主脈稜線に進んでみたいと狙っています。
帰りは天神尾根へ。
肩から降り始めに雪が残っていますが、ほとんど雪上を歩かなくて済みます。
2016年06月04日 13:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは天神尾根へ。
肩から降り始めに雪が残っていますが、ほとんど雪上を歩かなくて済みます。
本日時点で雪上を歩かなければならないのは、ここ数mだけです。
2016年06月04日 13:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日時点で雪上を歩かなければならないのは、ここ数mだけです。
雪解け水がコース上を覆って沢状になっている個所があります。
2016年06月04日 13:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪解け水がコース上を覆って沢状になっている個所があります。
1
ゴールの天神平まで一望。
2016年06月04日 13:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの天神平まで一望。
1
本日は遅いグループが多く、随所で渋滞が発生していました。
自分たちが渋滞を引き起こしている自覚のないグループが多いので、帰りの時間は注意が必要です。
2016年06月04日 13:32撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は遅いグループが多く、随所で渋滞が発生していました。
自分たちが渋滞を引き起こしている自覚のないグループが多いので、帰りの時間は注意が必要です。
天神峠への分岐。
2016年06月04日 14:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神峠への分岐。
振り返り。
2016年06月04日 14:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り。
田尻尾根への分岐。
左へ進むと、ロープウェイを使わずに降りられます。
2016年06月04日 14:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田尻尾根への分岐。
左へ進むと、ロープウェイを使わずに降りられます。
そのうち、この先へも進んでみたいと思います。
本日は、時間的にも体力的にも余裕がありましたが、メンタルが負けてしまいました。
2016年06月04日 14:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのうち、この先へも進んでみたいと思います。
本日は、時間的にも体力的にも余裕がありましたが、メンタルが負けてしまいました。
本日のゴール、天神平。
2016年06月04日 14:12撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のゴール、天神平。
1
天神平からの両耳。
2016年06月04日 14:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平からの両耳。
水上駅に戻ってみたら、ちょうどSLの臨時列車が出発するところでした。
2016年06月04日 15:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水上駅に戻ってみたら、ちょうどSLの臨時列車が出発するところでした。
本当はあまり興味ないのですが、せっかくなので鉄道マニアの人達の中に混じって撮ってみました。
2016年06月04日 15:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当はあまり興味ないのですが、せっかくなので鉄道マニアの人達の中に混じって撮ってみました。
1
SL撮影後、水上駅前でお土産のまんじゅうを購入。
毎回この店で、まんじゅうを買っています。
お土産として大好評です。
2016年06月04日 15:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SL撮影後、水上駅前でお土産のまんじゅうを購入。
毎回この店で、まんじゅうを買っています。
お土産として大好評です。
撮影機材:

感想/記録

谷川岳19回目にして、初めて巌剛新道を歩いてみました。
ラクダの背を降った地点で、西黒尾根と合流します。
とても静かな道で、人が少ないです。
西黒尾根にはたくさんの人が歩いていましたが、巌剛新道を進んでいる間は、すれ違い一組と追いつき一組のみでした。
追い越されることがなかったのも、このコースを選ぶ人が少ないからだと思います。
(西黒尾根では、毎回追い越されているので)

前回の記録と比較すると、合流地点までのコースタイム自体は巌剛新道を使っても最初から西黒尾根コースでも、ほぼ同じだったようです。

それぞれの好みの問題ではありますが、私は巌剛新道コースが気に入りました。
最初から谷川岳の迫力ある姿が見えたり、西黒尾根の途中に合流したりするので、ちょっと近道した気分になりました。
しかし、前述したとおり、合流地点までの所要時間は、ほぼ同じでした。
訪問者数:445人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/22
投稿数: 7
2016/6/5 6:06
 全く同感です
下山の渋滞には困ったものです。遅ければ遅いなりに道を譲るとか、ルールやマナーを守った登山をしてほしものです。熊穴沢避難小屋前の写真は我々親子の後姿です。ということは、あの時の若い方ですか?
登録日: 2015/12/10
投稿数: 72
2016/6/5 9:22
 Re: 全く同感です
KINKINKINさん、コメントありがとうございます。
避難小屋辺りでお近くだった方ですね。
でも、私も中高年の中に入っていますので、「若い方」ではないです。

単純に人が多くて混んでいるのは仕方ないことですが、明らかに渋滞の原因を作っているのに、その自覚がないのは困ったものですね。
ひどい時はコースの真ん中に立ち止まっていたりもしますね。
中高年のグループに多いような気がしますが、「だから中高年の山歩きは」と言われないように、せめて自らの立ち振る舞いには気をつけたいと思っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ