ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889294 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都市左京区 区界を歩く その5 魚の子山

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー yjin
天候曇り 時々日差しあり。
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京都バス 出町柳から平
帰り 京都バス 大原から出町柳
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
35分
合計
7時間22分
S平バス停08:3410:26P81211:38途中峠11:5512:37宮メズラ山12:4712:53魚の子山13:23小出石越13:35伊香立峠13:4114:56大尾山14:5715:27音無滝(一の滝)15:2815:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道からP812への取り付いた尾根は急でシャクナゲが邪魔して厳しかった。途中からテープもあったので区界に拘らなければもっと楽な道があったのだろう。

R367号を越えて尾根に向かっての登りも急斜面で灌木に邪魔された。
またP531付近の踏み跡が薄く間違い易い所だった。そのほかは一般登山道では無いが道跡もはっきりしていた。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今日はバスで平に来た。皆子山への登り口にも通じる林道を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はバスで平に来た。皆子山への登り口にも通じる林道を行く。
1
林道脇の側溝の水溜まり上にはモリアオガエルの卵がぶら下がっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇の側溝の水溜まり上にはモリアオガエルの卵がぶら下がっていた。
1
寺谷橋を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺谷橋を渡る。
1
朽木程では無いがこの清流でもカジカガエルが鳴いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽木程では無いがこの清流でもカジカガエルが鳴いていた。
1
一寸靴を濡らさず渡れそうも無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一寸靴を濡らさず渡れそうも無かった。
1
ここにも卵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも卵。
1
この谷の隣の尾根から取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この谷の隣の尾根から取り付く。
1
取り付きは急な痩せ尾根になっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きは急な痩せ尾根になっている。
1
ミツバチの巣箱だろうか?この前鎌倉山へ登った時、熊が来るから巣箱の設置を禁止すると書いてあった。ここは蜂が飛んでないから空なんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバチの巣箱だろうか?この前鎌倉山へ登った時、熊が来るから巣箱の設置を禁止すると書いてあった。ここは蜂が飛んでないから空なんだろう。
1
痩せ尾根は続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根は続く。
1
少し歩きにくいが尾根芯は外さない様に歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩きにくいが尾根芯は外さない様に歩く。
1
カメラを水平にして撮るとこんな感じだ。
かなり急斜面で尾根を外すと辛い。下りでここを選ぶと酷い目に遭いそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラを水平にして撮るとこんな感じだ。
かなり急斜面で尾根を外すと辛い。下りでここを選ぶと酷い目に遭いそうだ。
1
反対側も岩壁で尾根の真ん中しか登れない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側も岩壁で尾根の真ん中しか登れない。
1
初めてのテープ。区界を通る為に無理して登ったが、もっと楽な登り口があったんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてのテープ。区界を通る為に無理して登ったが、もっと楽な登り口があったんだろう。
はっきりした道型が現れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はっきりした道型が現れてきた。
シャクナゲが五月蠅いが何とか歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲが五月蠅いが何とか歩ける。
やっとシャクナゲ地獄を抜けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとシャクナゲ地獄を抜けた。
区界の標識?だろうか。何個かあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
区界の標識?だろうか。何個かあった。
テープが目立つようになってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープが目立つようになってきた。
滋賀県側は植林の森。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀県側は植林の森。
1
京都側は自然林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都側は自然林。
これだけ深くなるには相当使われていたのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけ深くなるには相当使われていたのだろう。
僅かに残った花があった。殆どの花は地面に落ちていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僅かに残った花があった。殆どの花は地面に落ちていた。
1
何時ものプレートがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時ものプレートがあった。
2
このテープにも標高が書かれてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このテープにも標高が書かれてあった。
1
開けた尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた尾根道。
この赤いテープがずっと続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤いテープがずっと続く。
P637の標識。私の資料では地形図にこんな数値は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P637の標識。私の資料では地形図にこんな数値は無い。
2
国道手前の最後のピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道手前の最後のピーク。
道路が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路が見えてきた。
道路を渡り区界を辿るも藪が五月蠅い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路を渡り区界を辿るも藪が五月蠅い。
何かの測量の跡がそのままになっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かの測量の跡がそのままになっている。
1
この辺りの傾斜もきつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの傾斜もきつい。
さっきの山崎はこれに繋がった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの山崎はこれに繋がった。
たどり着いた尾根には色々なテープがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たどり着いた尾根には色々なテープがあった。
宮めずら北峰と書いてあった。しかし南峰はわからなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮めずら北峰と書いてあった。しかし南峰はわからなかった。
1
山頂はこんな感じだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はこんな感じだった。
1
珍しく三角点名が書かれていた。こんな標識は初めて見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しく三角点名が書かれていた。こんな標識は初めて見た。
1
魚の子山の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚の子山の標識。
2
右下には林道が現れた。手前には猪用の罠があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下には林道が現れた。手前には猪用の罠があった。
1
植林の中の尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林の中の尾根道。
峠の道型。標識確認をしなかったが伊香立峠だろう。ここから仰木峠への標識が出てきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠の道型。標識確認をしなかったが伊香立峠だろう。ここから仰木峠への標識が出てきた。
またまた道路と出くわす。この後、車が走っていたが何のための道路なんだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた道路と出くわす。この後、車が走っていたが何のための道路なんだろうか。
ここにはこんな標識があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはこんな標識があった。
1
少し登ると琵琶湖の見える所が有った。残念ながら靄が掛かっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると琵琶湖の見える所が有った。残念ながら靄が掛かっている。
1
P630手前の樹林。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P630手前の樹林。
山頂にはこんな標識もあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはこんな標識もあった。
1
反対側にはこんな標識も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側にはこんな標識も。
1
珍しく滋賀への分岐の標識があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しく滋賀への分岐の標識があった。
1
フェンスと尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フェンスと尾根道。
1
今日初めての鉄塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めての鉄塔。
今日最後の山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日最後の山頂。
1
今日も梶山と言う標識は一枚も無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も梶山と言う標識は一枚も無かった。
1
今日は左に折れず真っ直ぐ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は左に折れず真っ直ぐ進む。
1
意外と綺麗な尾根道だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
意外と綺麗な尾根道だった。
1
フェンス添いを降りたのが失敗で滝の手前で登山道に降りてしまった。矢張り下りは難しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フェンス添いを降りたのが失敗で滝の手前で登山道に降りてしまった。矢張り下りは難しい。
1
今日の音無しの滝。この時、観光客は誰もいなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の音無しの滝。この時、観光客は誰もいなかった。
1

感想/記録
by yjin

京都市左京区の区界を歩こうと思い立って4回歩いた。街に近くなるととても複雑で歩けたものでは無いだろう。そこでその分を省いて細かく計算すると後5回必要となってくる。京都市内北部で2回、滋賀・京都県境で3回分残った。その内の一回分を今日片付けようと考えた。

本来北から順番に進めれば良いのだろうが、天候を考慮してこのコースを選んだ。しかしこんな低山なのに思いの外手強かった。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ