ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889309 全員に公開 アルパインクライミング東海

鈴鹿「藤内沢の前尾根クライミング」

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー kousan8181(CL), その他メンバー1人
天候曇り空
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝の7時30分過ぎで側道脇もほぼ満車です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
2時間1分
合計
7時間25分
S御在所岳裏道国道入口07:3008:12藤内小屋08:45前尾根P6より取付09:0011:45P2ヤグラ登攀終了13:3014:50御在所岳裏道国道入口14:5114:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
私は一年振りの岩登りです。先週は、大台ヶ原「ブッシュマン」が中止となり〜今週は女史にお願いして前尾根クライミングです。難しいルートは彼女に任せて、岩登りの感触を確かめました?(指先の指紋が薄れる)
コース状況/
危険箇所等
前尾根の岩場は人気ルートで「待機待ち、一時間」は覚悟が必要です。(地図ルートは手入力で曖昧です。)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ロープ クライミングシューズ ハーネス ヘルメット チョーク 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード キャメロット カム フィフィ ギアスリング アッセンダー
備考 午後から雨模様〜P7は飛ばしてP6よりスタートする!

写真

P3前半の核心(クラック)を越えたのは女史パートナーです。
2016年06月04日 11:14撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3前半の核心(クラック)を越えたのは女史パートナーです。
ガスが晴れて藤内小屋まで見える。
2016年06月04日 11:14撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて藤内小屋まで見える。
1
櫓がライオン像のように聳える!
2016年06月04日 11:15撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
櫓がライオン像のように聳える!
P2ヤグラ〜ここでも混んでいます。〜勿論、女史がリードしました!雨も降らず懸垂下降しました!
2016年06月04日 11:37撮影 by F-04G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2ヤグラ〜ここでも混んでいます。〜勿論、女史がリードしました!雨も降らず懸垂下降しました!
1

感想/記録

…普段は単独行動(藪山)が多くて体重制限はありません。しかし、岩登りは中年太りで敬遠していました。それでも岩肌に触りたくなり風が爽やかな前尾根を御所望しました。早朝に訪れるも岩場は若い世代で活気があります。P7にチャレンジと息巻く女史でしたが混雑を避け、高巻き道からパスして「P6」より取り付く。登攀用具とフレンズを沢山揃えた女史にリードをお願いして私はビレイです。彼女は軽快に登り始めて姿が消える…(P5とP4はつるべです。)〜「P3」の取付で前に追い付いて待機状態となり休憩です。止まると少しガスが巻いて肌寒い!そんな状況で出番となるが、前のパーティーが戸惑っていた中央クラックを女史は元気にクリアする。私は迷わず左側の簡単なルートを選択していました。(背が高いので有利?)〜P2ヤグラは混み合っていましたが気合い十分の女史に付き合って休憩です。ザック無しで身軽い〜順番が回ってきて女史がスタートする。小まめにフレンズを噛ませており安心です。真っ直ぐ伸びたロープと少し被った岩肌に彼女が消えて行きました!解除のコールが届いて私も引き上げてもらいました。終了点より懸垂下降はロープを肩に担いで下降する!(下部の樹木に引っかかります。)〜何度通っても、クライミングより怖いのは裏道登山道までのエスケープルートです。アプローチシューズ(トレランシューズの使い古し?)は濡れ場や浮き石に不利!〜足元だけを見つめ裏道にたどり着く。若い人達が列をなして盛況でした。午後の藤内小屋はオアシスのように賑やかです。今日は無事に下山出来ただけで満足!
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ