ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889358 全員に公開 ハイキング奥秩父

唐松尾根〜大菩薩峠〜小金沢山〜牛奥ノ雁ケ腹摺山〜すずらん昆虫館

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー kitaka
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
36分
合計
5時間51分
S上日川峠08:5709:14福ちゃん荘09:1610:02雷岩10:0810:15神部岩10:1710:30賽ノ河原10:3110:44親不知ノ頭10:4911:10大菩薩峠11:24熊沢山11:38石丸峠11:3911:46天狗棚山11:4712:01狼平12:0212:41小金沢山12:4213:11牛奥ノ雁ヶ腹摺山13:2614:46すずらん昆虫館前14:4714:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
狼平〜小金沢山、道が不明確で、赤テープも少なくわかりにくかったです。
牛奥ノ雁ケ腹摺山登山道を降りてから、すずらん昆虫館までは、まだ整備中?なのか、ちょっと殺風景でした。
その他周辺情報ペンションすずらん(軽食)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 尾根道の風が強いので、ハットストラップが役立ちました。

写真

上日川峠からスタートして、唐松尾根に入りました。バスは何台も入っていましたが、登山道は意外と人が少なく、静かな山歩きです。
2016年06月04日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠からスタートして、唐松尾根に入りました。バスは何台も入っていましたが、登山道は意外と人が少なく、静かな山歩きです。
登ってわりとすぐ、富士山と大菩薩湖が見えるポイントが出てきます。やる気出る。
2016年06月04日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってわりとすぐ、富士山と大菩薩湖が見えるポイントが出てきます。やる気出る。
2
シロヤシオ?がまだ一本残っていました。
2016年06月04日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ?がまだ一本残っていました。
富士山を振り返って眺めて、ほどなくして雷岩に到着。今日はまだ準備中ですね〜
2016年06月04日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を振り返って眺めて、ほどなくして雷岩に到着。今日はまだ準備中ですね〜
3
アルプスも雲の中。
2016年06月04日 10:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプスも雲の中。
とはいえ、気持ちのいい稜線です。
2016年06月04日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいえ、気持ちのいい稜線です。
2
大菩薩嶺に行きそびれましたが、もう下ってしまったので大菩薩峠に向かいます。
2016年06月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺に行きそびれましたが、もう下ってしまったので大菩薩峠に向かいます。
妙見ノ頭あたりでコーヒー休憩。
2016年06月04日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙見ノ頭あたりでコーヒー休憩。
1
ちょっと足したら崩れてしまいました。ごめんなさい。。積み増ししておきました。
2016年06月04日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと足したら崩れてしまいました。ごめんなさい。。積み増ししておきました。
2
これから向かう稜線。
2016年06月04日 10:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう稜線。
1
介山荘がだいぶ近づいてきました。
2016年06月04日 10:54撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
介山荘がだいぶ近づいてきました。
奥多摩方面もよく見えます。
2016年06月04日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩方面もよく見えます。
岩を登ったり下ったり。楽しいです。
2016年06月04日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を登ったり下ったり。楽しいです。
大菩薩峠に到着。雲が多くて山座同定が難しい。
2016年06月04日 11:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着。雲が多くて山座同定が難しい。
今日はここから縦走します。石丸峠〜小金沢山に向かう道は、ここまでとうって変って鬱蒼とした山道に。しばらく暗い樹林帯をアップダウンしながら進むと、開けたところに出ます。
2016年06月04日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここから縦走します。石丸峠〜小金沢山に向かう道は、ここまでとうって変って鬱蒼とした山道に。しばらく暗い樹林帯をアップダウンしながら進むと、開けたところに出ます。
熊沢山。分岐にはちゃんと看板があるので安心です。
2016年06月04日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊沢山。分岐にはちゃんと看板があるので安心です。
1
このへんから視界が開けて、とても気持ちのいい稜線歩きになります。写真だと半分しか映りませんが、左手に奥多摩〜丹沢の山々、中央にこれから向かう稜線、右手に富士山〜大菩薩湖が見えて、とてもダイナミックな風景です。
2016年06月04日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへんから視界が開けて、とても気持ちのいい稜線歩きになります。写真だと半分しか映りませんが、左手に奥多摩〜丹沢の山々、中央にこれから向かう稜線、右手に富士山〜大菩薩湖が見えて、とてもダイナミックな風景です。
2
奥多摩〜丹沢の山々。青々としていてキレイです。
2016年06月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩〜丹沢の山々。青々としていてキレイです。
石丸峠。ここから小屋平バス停に戻ることもできます。あとで考えるとその方が良かったかも(~_~;)
2016年06月04日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠。ここから小屋平バス停に戻ることもできます。あとで考えるとその方が良かったかも(~_~;)
大菩薩湖がぐんと近く見えます。
2016年06月04日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖がぐんと近く見えます。
これから向かう小金沢山方面。
2016年06月04日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう小金沢山方面。
1
振り返って、大菩薩嶺方面。
2016年06月04日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、大菩薩嶺方面。
1
このへんもツツジがきれいでした。
2016年06月04日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへんもツツジがきれいでした。
1
狼平が終わると、ふたたび鬱蒼とした山道になります。ここから小金沢山までの道が暗いのと、木の根がはりめぐされていて道がわかりにくかったです。ちょっと迷って引き返したりしました。
2016年06月04日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平が終わると、ふたたび鬱蒼とした山道になります。ここから小金沢山までの道が暗いのと、木の根がはりめぐされていて道がわかりにくかったです。ちょっと迷って引き返したりしました。
山梨百名山・小金沢山の山頂は、こぢんまりとしていました。
2016年06月04日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山・小金沢山の山頂は、こぢんまりとしていました。
秀麗富嶽十二景でした。
木の間から見る感じなので、登りにくいわりに、うーん。。という感じです。
2016年06月04日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景でした。
木の間から見る感じなので、登りにくいわりに、うーん。。という感じです。
1
小金沢山から、牛奥ノ雁ケ腹摺山への道はわかりやすく明るい道です。
2016年06月04日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小金沢山から、牛奥ノ雁ケ腹摺山への道はわかりやすく明るい道です。
牛奥ノ雁ケ腹摺山も秀麗富岳十二景ですが、こちらのほうが眺めはずっとよかったです。山頂も広々として、小休止にちょうどいいところでした。道迷いで疲れていたので、ヤマレコユーザーの方とお話しして、ちょっとほっとしました。
2016年06月04日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ケ腹摺山も秀麗富岳十二景ですが、こちらのほうが眺めはずっとよかったです。山頂も広々として、小休止にちょうどいいところでした。道迷いで疲れていたので、ヤマレコユーザーの方とお話しして、ちょっとほっとしました。
2
雲の中に今にも隠れそう。今日はもう店じまいですね。
2016年06月04日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中に今にも隠れそう。今日はもう店じまいですね。
2
牛奥ノ雁ケ腹摺山の登山道の終わり近くで、視界が開けます。ここから伐採したばかりの枯れ木の山のような中を、長い木の階段を下っていきます。
2016年06月04日 14:00撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ケ腹摺山の登山道の終わり近くで、視界が開けます。ここから伐採したばかりの枯れ木の山のような中を、長い木の階段を下っていきます。
登山道の入り口。車道に面しています。
2016年06月04日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の入り口。車道に面しています。
車道をはさんでななめ向いあたり、ガードレールが切れているところから、すずらん昆虫館への道が始まります。「県道バス停」という小さい手書きの看板があります。違う方向にも赤テープがあったりとちょっと混乱しますが、北のほうに直進するのが正解でした。
2016年06月04日 14:18撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道をはさんでななめ向いあたり、ガードレールが切れているところから、すずらん昆虫館への道が始まります。「県道バス停」という小さい手書きの看板があります。違う方向にも赤テープがあったりとちょっと混乱しますが、北のほうに直進するのが正解でした。
最初はこんな感じの広い道ですが、
2016年06月04日 14:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はこんな感じの広い道ですが、
途中から登山道に入ります。
2016年06月04日 14:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から登山道に入ります。
登山道入り口。すずらん昆虫館から入るときは、道路を渡って向かい側から入っていくようです。
2016年06月04日 14:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。すずらん昆虫館から入るときは、道路を渡って向かい側から入っていくようです。
バス停に到着。少し時間が余ったので、ペンションすずらんで桃のシャーベットをいただきました。つまみの葉山椒もおいしかったです。ごちそうさまでした。
2016年06月04日 14:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停に到着。少し時間が余ったので、ペンションすずらんで桃のシャーベットをいただきました。つまみの葉山椒もおいしかったです。ごちそうさまでした。
撮影機材:

感想/記録
by kitaka

午後から曇りの予報だったので、近くていい山、大菩薩嶺へ。
富士山は雲に隠れがちでしたが、気持ちのいい稜線歩きでした。とくに大菩薩峠を抜けて、石丸峠に至るまでは人も少なく、手軽に雄大な景色を楽しむことができます。
人が少ない分、大菩薩峠あたりとは整備され具合がだいぶ違うので、方向音痴にはちょっと大変でした。。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/8
投稿数: 51
2016/6/5 11:14
 ありがとうございました!
牛奥ノ雁ケ腹摺山でお話しさせていただき、ありがとうございました。気持ちのいい稜線歩きでしたね!山行記録見ましたがkitakaさん山に行くペースがすごくてびっくりしました。またどこかでお会い出来るとイイですね♪
登録日: 2015/12/28
投稿数: 6
2016/6/5 19:46
 Re: ありがとうございました!
Kitaken39さん

昨日はお疲れさまでした。穏やかでいいお天気でしたね。道迷いしかけて不安になっていたところだったので、お話ししていただけてほっとしました。ありがとうございます(^ ^) またどこか山でお会いできるのを楽しみにしています♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ