ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889603 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿 元越谷で沢始め

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー Mameta7jp, その他メンバー4人
天候曇り時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
S駐車地09:4010:10入渓11:00元越大滝11:1013:30県境尾根13:5014:10水沢峠15:40駐車地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

9:40駐車地発。みんな元気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:40駐車地発。みんな元気。
1
堰堤越えの淵。ドボンの恐れはあるけど濡れない右、腰まで浸かるけど確実な左か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤越えの淵。ドボンの恐れはあるけど濡れない右、腰まで浸かるけど確実な左か?
1
私は右から。見た目より簡単。みんなどうするかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は右から。見た目より簡単。みんなどうするかな?
2
左から来ました。やっぱり腰まで浸かってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から来ました。やっぱり腰まで浸かってました。
11:00 出た!元越大滝。記念撮影します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:00 出た!元越大滝。記念撮影します。
1
落ち口水流下に階段状があり、ビレイして貰えれば容易に登れそうだが。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち口水流下に階段状があり、ビレイして貰えれば容易に登れそうだが。。
滝の途中から下を見たところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の途中から下を見たところ。
美しい釜を持つ小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい釜を持つ小滝。
樋状のへつり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樋状のへつり。
1
そして美しい釜をもつ小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして美しい釜をもつ小滝。
頑張れば殆どへつれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頑張れば殆どへつれました。
そしてチムニー状滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてチムニー状滝。
1
ずっと続きます。至福。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと続きます。至福。
12:30 ゴルジュ帯の後、少し間延びしだすと仏谷分岐。左が正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:30 ゴルジュ帯の後、少し間延びしだすと仏谷分岐。左が正解。
小滝はまだ続きます♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝はまだ続きます♪
1
石の詰まる多段。右を登ると簡単、快適。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の詰まる多段。右を登ると簡単、快適。
13:30 やがて水も切々となり、県境尾根が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:30 やがて水も切々となり、県境尾根が見えてきました。
雲が多くなってきてすっきりと伊勢湾方面が見えません。雨が来る前に下山しないと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多くなってきてすっきりと伊勢湾方面が見えません。雨が来る前に下山しないと。
崩壊地を過ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を過ぎます。
1
水沢峠を経て駐車地に下山します。お疲れさまでした〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水沢峠を経て駐車地に下山します。お疲れさまでした〜♪

感想/記録

 本日は所属する西宮山岳会で開催する沢セミナースタッフトレとして、元越谷に行ってきました。

 関西の赤木沢とも言われる(こともある?)著名な沢ですが参加者全員が初めて。ゆっくり確認しながら歩きましたが、足並みが揃っておりいいペースで抜けることができました。分岐は多くありますが仏谷分岐さえ注意すれば、基本水流の多いほうを選択すれば間違いないです。先行がいると見えて足跡があり安心して歩けました。

 元越大滝は迫力ある斜曝でした。落ち口も水流下に階段状があって簡単そう。錆びたハーケンにもう1枚重ねて打って登ってやろうと思いましたが、癒しの沢でそんなチャレンジはいらんかと自重しました。お助けロープが落ち口にあるとの前情報でしたが抜け落ちていました。左岸ガレから巻きましたが降口がよく分からず適当に降りました。

 そこからが本日のハイライト。深いエメラルドグリーンの釜を持つ小滝が連続するゴルジュ帯は、さしたる悪場もなく、腰以上浸かることもなく、上手くへつれるようになっていました。午前中の内は日差しもあり、明るく美しい沢で、本当にいい所だと思いました。

 少し間延びしてくると仏谷分岐が出てきます。これを左にチムニー状の滝を越えるとまたプチゴルジュ。続く小滝群もほとんど直登し、満喫しました。1箇所、メンバーのスリップもあり一瞬ヒヤリとしましたが、その後、サポート無しであっさり登ってきました。

 県境尾根で装備解除、簡単な食事を済ませ下山開始します。水沢峠からは中俣沿いに下りますが踏み跡はあっちいったり、こっちいったり。沢沿いに下るだけなので適当に歩きますがもう少し歩きやすいルートがあったはず。

 恐れていたヒルも1匹も出ず、快適な沢登りでした。おススメです。
訪問者数:254人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ