ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889640 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走アジア

エベレスト 再挑戦2016

日程 2016年04月08日(金) 〜 2016年06月01日(水)
メンバー sumi8848, その他メンバー4人
アクセス
利用交通機関
カトマンズよりルクラまで飛行機
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

日程
4月 8日 成田空港から仁川経由でカトマンズ入り
4月 9日 カトマンズ滞在
4月10日 カトマンズから空路ルクラヘ→パクディン泊
4月11日 →ナムチェバザール泊
4月12日 →クンデピーク→クムジュン→キャンズマ泊
4月13日 →プンキタンガ→パンボチェ泊
4月14日 寺院でプジャ→ディンボチェ泊
4月15日 ディンボチェ滞在 
      高度順応のため西側の尾根4800m地点までハイキング
4月16日 →トゥクラ→ロブチェBC泊
4月17日 滞在 上部キャンプまでハイキング
4月18日 ロブチェBC滞在
4月19日 →ハイキャンプ(5500m)
4月20日 →ロブチェイースト山頂(6090m)泊
4月21日 →ロブチェBC
4月22日 →ゴラクシェプ→エベレストBC(5300m)
4月23日 BC滞在 食料等の整理
4月24日 BC滞在 プジャ
4月25日 BC滞在 PM高度順応のためカラパタール(5500m)へハイキング
4月26日 BC滞在
4月27日 BC滞在 ゴラクシェプまで散歩
4月28日 BC滞在 アイスフォール帯の一つ目のラダーまで散歩
4月29日 高所順応のためC1まで行く予定がセラック崩壊で中止
4月30日 BC→C1(6050m)
5月 1日 C1滞在
5月 2日 →C2(6450m)
5月 3日 →ローツェフェース取付き(6700m)→C2
5月 4日 →ローツェフェースC3(7000m)→C2
5月 5日 →BC
5月 6日 BC滞在
5月 7日 BC滞在
5月 8日 BC滞在
5月 9日 BC滞在
5月10日 BC滞在
5月11日 14日登頂目指しC2に向け出発するも17日にかけて強風が見込まれ      るとの連絡で引き返す
      ゴラクシェプまで散歩
5月12日 BC滞在 ゴラクシェプまで散歩
5月13日 BC滞在
5月14日 BC滞在
5月15日 BC滞在
5月16日 →C2
5月17日 →C3(7300m)
5月18日 →C4(7900m)
5月19日 →エベレスト山頂→C4
5月20日 →C2
5月21日 →BC
5月22日 BC滞在
5月23日 BC滞在
5月24日 BC撤収→ペリチェ泊
5月25日 →ナムチェバザール泊
5月26日 →ルクラ泊
5月27日 ルクラから飛行機でカトマンズ
5月31日 カトマンズから仁川経由で翌日帰国



コース状況/
危険箇所等
エベレストBCから山頂までの危険個所は、フィックスロープがSPCCにより設置されている。
アイスフォール帯を通過するルートは2014年の雪崩事故の経験から、今年は今までのエベレスト側から南のヌプチェ側に変更されていた。
シェルパの言うには、今年は例年になく積雪が少なかったが、滞在中に降った雪がジェネバスパーやヒラリーステップの岩場を被い全般的に歩きやすかったとのこと。

写真

昨年のネパール地震の爪痕もいたるところに残っている
2016年04月09日 16:22撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年のネパール地震の爪痕もいたるところに残っている
8
カトマンズからルクラヘは飛行機を使用
2016年04月10日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カトマンズからルクラヘは飛行機を使用
7
ルクラからエベレスト街道を歩く
2016年04月10日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルクラからエベレスト街道を歩く
11
エベレストの玄関口、ナムチェバザール
2016年04月12日 07:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エベレストの玄関口、ナムチェバザール
16
いたるところにサクラソウが咲く
2016年04月12日 11:16撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いたるところにサクラソウが咲く
12
キャンズマにて
右に見える尖った峰がアマダブラム
2016年04月13日 06:43撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンズマにて
右に見える尖った峰がアマダブラム
13
タンボチェの寺院
昨年の地震の傷跡もほぼ修繕されていた
2016年04月13日 11:40撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タンボチェの寺院
昨年の地震の傷跡もほぼ修繕されていた
6
パンボチェの寺院で御祈祷してもらう
2016年04月14日 08:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンボチェの寺院で御祈祷してもらう
13
アマダブラム
2016年04月15日 06:00撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマダブラム
23
トゥクラ上部の山で命を落としたシェルパ達の墓
2016年04月16日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トゥクラ上部の山で命を落としたシェルパ達の墓
11
ロブチェベースキャンプ
高所順応のため、エベレストベースキャンプに入る前にロブチェイースト(6090m)に登る
2016年04月17日 08:05撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェベースキャンプ
高所順応のため、エベレストベースキャンプに入る前にロブチェイースト(6090m)に登る
18
ロブチェ上部キャンプより西側の山並み
2016年04月19日 16:33撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェ上部キャンプより西側の山並み
12
ロブチェ上部キャンプからの夕日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェ上部キャンプからの夕日
7
ロブチェ上部キャンプよりアマダブラム方面
2016年04月19日 18:21撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェ上部キャンプよりアマダブラム方面
15
ロブチェイースト山頂にて一泊
2016年04月21日 07:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェイースト山頂にて一泊
21
ロブチェイースト山頂からのエベレスト
2016年04月21日 08:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロブチェイースト山頂からのエベレスト
20
プジャを行い本格的に登山が始まる
2016年04月24日 07:39撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プジャを行い本格的に登山が始まる
17
氷河末端の氷
2016年04月25日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷河末端の氷
13
カラパタール山頂
後ろはプモリ
2016年04月25日 16:05撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラパタール山頂
後ろはプモリ
25
カラパタールに向かう途中からエベレストが見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラパタールに向かう途中からエベレストが見える
39
夕陽輝くエベレスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽輝くエベレスト
25
エベレストベースキャンプ
2016年04月27日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX10 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エベレストベースキャンプ
19
夕陽に映えるタボチェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽に映えるタボチェ
23
アイスフォールの登攀
2016年04月30日 11:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスフォールの登攀
19
アイスフォールかかるラダー
2016年04月30日 08:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスフォールかかるラダー
22
アイスフォール帯
2016年04月30日 11:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスフォール帯
24
小規模な雪崩が頻発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小規模な雪崩が頻発
10
キャンプ1
2016年05月02日 08:07撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ1
15
ウエスタンクウムを行く
2016年05月05日 09:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウエスタンクウムを行く
14
アイスフォールは氷の世界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスフォールは氷の世界
21
キャンプ2
2016年05月05日 08:40撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ2
10
ローツェフェース
登山隊の行列の先にキャンプ3が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ローツェフェース
登山隊の行列の先にキャンプ3が見える
11
キャンプ3よりジェネバスパーへの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ3よりジェネバスパーへの道
12
キャンプ4手前からエベレストを望む
本日も強風
2016年05月18日 10:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ4手前からエベレストを望む
本日も強風
31
キャンプ4到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ4到着
11
ヒラリーステップ名物の渋滞は
昼間近のためさほどでもない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒラリーステップ名物の渋滞は
昼間近のためさほどでもない。
41
5月19日午前11時15分
シェルパKとともにエベレスト8848m登頂
2016年05月19日 11:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5月19日午前11時15分
シェルパKとともにエベレスト8848m登頂
75
BCを撤収しルクラまで下山
途中のペリチェの村は緑の草が萌えすっかり春
長い遠征の疲れを癒してくれた
2016年05月25日 07:35撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
BCを撤収しルクラまで下山
途中のペリチェの村は緑の草が萌えすっかり春
長い遠征の疲れを癒してくれた
26
撮影機材:

感想/記録

今回の遠征は、昨年に引き続き二度目の挑戦でした。
昨年4月25日午前11時56分、ネパールを襲った大地震による雪崩でベースキャンプでも18名の命が奪われました。
幸運にも我々の隊は全員大したけがもなく無事帰国しましたが、不可抗力で敗退せざるを得なかった口惜しさがずっと心の奥底でくすぶっていました。
さらに昨年末にネパール政府から2015年のパーミットは、2016年と2017年の2年間に限り有効にするとの発表がありました。
この機会を逃しては、二度と登れないと再挑戦を決めました。

近年は、各国で多くの公募登山隊が編成され、財力がゆるせばかつてのヒマラヤ遠征のように特別な登山家だけの世界ではなく、情熱さえあれば多くの人が参加できるものとなりました。
しかし、いくら遠征参加へのハードルが低くなったとはいえ、8000m峰の厳しさは今も昔も変わりません。
挑戦するからには、それなりの意識、装備、そして体力を備えておくべきと考えます。
現にサミットプッシュでは毎日が体力の限界すれすれ、食欲もほとんどない状態で私の長い人生でもっともつらい6日間でした。
その分、山頂に立った時の感激は大きなものでした。

エベレストは、若いころの自分にとって夢のまた夢、全く遠い存在の山でした。
しかし、ヒマラヤのトレッキングから始まりメラピーク(6500m)、マナスル(8163m)とステップを一段ずつ登っていくといつの間にか手の届く「夢」になっていました。
それを実現できたのは家族をはじめとする周囲の人たちの理解と協力、同じ隊のガイド、シェルパ、隊員など遠征生活を共にした仲間、日本から応援してくれた人たちの支えがあってのこと。
この場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います。
ありがとうございました。

訪問者数:1440人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/11
投稿数: 1
2016/6/6 21:35
 凄い!
おめでとうございます。すごいですね。いつかは挑戦してみたいです。
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/6 22:04
 Re: 凄い!
ありがとうございます
私は今年還暦になります。
Latte0206さんは何歳かわかりませんが、時間はまだ十分あります。
高所登山は酸素消費の少ない高齢者の方が有利という説もあります。
ぜひ挑戦してください。
登録日: 2013/8/15
投稿数: 424
2016/6/6 22:16
 おめでとうございます!
初めまして。

夢の実現、おめでとうございます!
ステップを一段づつ登ってたどり着く世界がエベレスト、ってどのような気持ちなんでしょう。
どんなに写真がきれいでも、文章が素晴らしくても、そこに行った人しかわからない心の感動は、伝えきれないのだと思います。
でも、少し分けていただきました。

10数年前にカラパタールまで行きました。
その感動も呼び起こしてもらったような気がします。
ありがとうございました!
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/6 22:43
 Re: おめでとうございます!
mmkkさんありがとうございます。
いま子育ての真っ最中で大変ですね。
私も3人の息子を育ていろいろなところに連れまわしていました。
しかし、思い返してみるとあの頃が一番楽しく尊い時期であったような気がします。
今はぜひ子供たちと一緒に夢中に遊びまくってください。
登録日: 2013/3/17
投稿数: 1614
2016/6/7 0:07
 世界で1番高い所へ
初めまして。

ここに至るまでの情熱、根性、体力、知識、費用、その他諸々。
凄すぎます。
頂上に立つとどんな気持ちなんでしょう。
立った人にしか判らないんでしょうね

皆さんの沢山な支え、運もあるのが実情でしょうが、とにかく凄すぎます。
登頂、そしてご帰還おめでとうございます。

お疲れさまでした。
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/7 6:57
 Re: 世界で1番高い所へ
ありがとうございます。
今回の遠征は自分のおよそ40年の及ぶの登山の集大成のつもりでした。
サミットへの道が厳しかった分、達成感も大きなものでした。
ただ、氷点下25度、強風の中、登頂した瞬間は「もう登らなくてもいいんだ」という思いと無事下山することばかり考えて山頂からの風景を堪能する余裕もありませんでした。
BlueSky_54 さんの言われるとおり、みなさんの支えがなくては実現できなかったと思います。
しばらくゆっくりして新たな目標を探していきたいと思います。
登録日: 2012/5/22
投稿数: 216
2016/6/8 8:09
 おめでとうございます!
8000mの世界って想像もつきません。どんな景色なのでしょう。
『いつの間にか手の届く夢になっていた』という文章に感動しました!還暦のsumi8848さんに元気をいただきました!
女性だから、体が小さいからと凹んでいましたが、頑張れそうです。ありがとうございます!
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/8 22:17
 Re: おめでとうございます!
ありがとうございます。
8000mの世界では、人を寄せ付けない厳しさと崇高さ、その中を一歩ずつ進む自分の存在の小ささをいつも感じています。
でも、その一歩の積み重ねが山頂へと導いてくれると自分に言い聞かせて登っています。
登山は、女性だから、体が小さいといったことは全くハンデにはならないですよ。
現に2016年のプレモンスーン期のエベレストにも4名の日本人女性が登頂しています。
hiroi さんもご自分の目指すものにどんどん突き進んでください。
登録日: 2015/8/11
投稿数: 1
2016/6/10 16:23
 Re[2]: 凄い!
ありがとうございます。sumi8848さんの言葉を励みにいつかは挑戦してみたいと思います。
登録日: 2015/8/1
投稿数: 105
2016/6/10 18:49
 心よりご祝福申し上げます
はじめまして。おめでとうございます。自分も学生時代にヒマラヤに憧れましたが 膝の怪我で断念しました 。怪我が無くても実力的に無理でしたが。

どうしてもエベレストが見たくてタンボチェ(パンボチェ?)まで学生時代にトレッキングしました。ヌプチェからの尾根越しにエベレストの小さな頂上が見えました。

地球で一番高い所。エベレスト登頂おめでとうございます。
心よりご祝福申し上げます
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/10 23:48
 Re: 心よりご祝福申し上げます
ありがとうございます。
学生時代にエベレスト街道に行かれたのですね。
あの頃にヒマラヤのトレッキングにでかけること自体、今と違ってかなり大変だったと思います。
fujikitaさんの若いころの熱い想いが伝わってきます。
今、ご自分の体調を考え徐々にレベルアップを図れれているようですが、若いころの「熱い想い」をいつまでも忘れないで山を楽しんでください。
登録日: 2014/5/3
投稿数: 38
2016/6/13 22:14
 先輩、お帰りなさ〜い (^.^)
いやー、兎に角「世界最高峰登頂&無事生還」おめでとうございます )^o^(

先輩がこんなに有名人になっちゃて、素直に後輩として鼻高々でーっす !(^^)!
帰国は思ったより早かったんですね、向こうからはラインしてくれてたんで、てっきりカトマンズとかで、ゆっくり余韻を楽しんでいるのかと思ってました (^_^;)
名古屋弁のお土産話聞かせて欲しーんで、リハビリ兼ねてアルプスでもいっときます?
登録日: 2013/7/31
投稿数: 11
2016/6/14 21:07
 Re: 先輩、お帰りなさ〜い (^.^)
ありがとう。
夏のアルプス、いいですね。
長い間、岩と氷と雪の中にいると緑が恋しくなります。
やっぱ四季折々の変化のある日本の山は最高です。
また一緒に登りましょう。
でもビスターリ、ビスターリでお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雪崩 登攀 氷河
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ