ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889775 全員に公開 沢登り丹沢

西丹沢、マスキ嵐沢〜権現岳!!

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー lesbourgeons, その他メンバー13人
天候雨のち曇り。
朝からしとしとと雨の降る一日でした。
午後になると、雨は止み、時折陽の差し込むときもありました。
アクセス
利用交通機関
電車バス
【 行き 】
05:35 新宿駅 小田急線
06:51 新松田駅
07:20 新松田駅BS
08:22 大滝橋BS

【 帰り 】
14:47 大滝橋BS
15:49 新松田駅BS
新松田駅近くの居酒屋で反省会ののち、小田急線で帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
51分
合計
5時間38分
S大滝橋バス停08:3109:07マスキ嵐沢09:2512:04権現山(箒沢権現山)12:1813:45大滝橋バス停14:0414:09西丹沢大橋キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
マスキ嵐沢は、初級者向けとはいえ沢装備、登攀装備必須の沢です。
花崗岩中心の白い岩、透明な水など、とてもきれいな沢でした。
コース状況/
危険箇所等
沢登りのため滑りやすく、沢装備が必要です。
登攀個所が数か所ありますので、登攀用の装備が必須です。
その他周辺情報大滝橋BS下にキャンプ場あり、飲み物や酒など売っています。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
沢靴 1 Monbell
沢靴下・スパッツ 1 Caravan
1/25,000地形図 1 国土地理院
ヘルメット 1 MAMMUT
コンパス 1 SILVA
1 クマよけ
筆記具 1 ボールペン
保険証 1
飲料 1.5L ペット水5.0L
ティッシュ 1袋 ウエットティッシュ
バンドエイド 1
タオル 1
個人装備品
数量
備考
携帯電話 1
雨具 1
着替え一式 1
着替え登山靴 1
非常食 1 パン
食事 3食 パン・冷凍食品
クマよけ鈴 1
手袋 1 沢用
スリング 1
環ビナ 3 BLACKDIAMOND
カラビナ 4 BLACKDIAMOND
ハーネス 1 BLACKDIAMOND

写真

マスキ嵐沢入渓地点近く。
しばらくは、穏やかな沢筋を歩きます。
2016年06月05日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢入渓地点近く。
しばらくは、穏やかな沢筋を歩きます。
4
マスキ嵐沢。
滑床の美しい沢筋。
それにしてもきれいなところです。
2016年06月05日 09:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢。
滑床の美しい沢筋。
それにしてもきれいなところです。
4
だんだん岩が出てきました。
2016年06月05日 09:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん岩が出てきました。
5
一つ目の滝。
綺麗な岩をサラサラと下っています。
2016年06月05日 09:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目の滝。
綺麗な岩をサラサラと下っています。
5
だんだん勾配が上がり、小滝が連続するようになります。
私にとっては初の本格的な沢、思うように進めないです。
小滝では、登り切れず、ロープがなければ落ちていました。
2016年06月05日 10:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん勾配が上がり、小滝が連続するようになります。
私にとっては初の本格的な沢、思うように進めないです。
小滝では、登り切れず、ロープがなければ落ちていました。
2
水がなくなり、詰めの部分へ。
2016年06月05日 11:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水がなくなり、詰めの部分へ。
2
沢の詰め手前に大きな岩場。
左側の岩を登っていきます。
2016年06月05日 11:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の詰め手前に大きな岩場。
左側の岩を登っていきます。
2
ハーネスにロープを結び付けて、登っていきました。
慎重に、恐るおそる、必死に登りました。
2016年06月05日 11:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハーネスにロープを結び付けて、登っていきました。
慎重に、恐るおそる、必死に登りました。
4
おお、キノコ。
いいキノコです。
2016年06月05日 11:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、キノコ。
いいキノコです。
3
マスキ嵐沢の詰め。
右はザレています。
滑るので慎重に。
2016年06月05日 11:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢の詰め。
右はザレています。
滑るので慎重に。
1
権現岳への尾根に出ました。
ヤマツツジが咲いています。
2016年06月05日 11:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳への尾根に出ました。
ヤマツツジが咲いています。
5
権現岳山頂。
山頂には、土管のベンチが並んでいます。
きょうは雨、眺望は望めず。
2016年06月05日 12:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳山頂。
山頂には、土管のベンチが並んでいます。
きょうは雨、眺望は望めず。
2
霧の森を下ります。
2016年06月05日 12:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧の森を下ります。
3
ギョリンソウですね。
2016年06月05日 13:01撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギョリンソウですね。
3
急斜面の連続する尾根筋をどんどん下ります。
2016年06月05日 13:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の連続する尾根筋をどんどん下ります。
2
森がきれいです。
もう新緑というより、初夏の緑がまぶしい。
2016年06月05日 13:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森がきれいです。
もう新緑というより、初夏の緑がまぶしい。
4
林道に降りるとウツギの花が咲いていました。
2016年06月05日 13:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降りるとウツギの花が咲いていました。
1
沢で汚れた足元を良く洗います。
2016年06月05日 13:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢で汚れた足元を良く洗います。
4
花崗岩の白い岩の上を透明な水が流れ、とてもきれいです。
2016年06月05日 13:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の白い岩の上を透明な水が流れ、とてもきれいです。
3
青く透き通った沢の水。
西丹沢は綺麗なところですね。
このまま大滝橋へ歩き、大滝橋近くにある西丹沢大橋キャンプ場でビールを飲んで帰路につきました。
おつかれさまでした。
2016年06月05日 13:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青く透き通った沢の水。
西丹沢は綺麗なところですね。
このまま大滝橋へ歩き、大滝橋近くにある西丹沢大橋キャンプ場でビールを飲んで帰路につきました。
おつかれさまでした。
6

感想/記録

山岳会の皆さんとマスキ嵐沢に行きました。
沢登りは、昨年、子供と初心者でも行ける長瀞でのツアーに参加してから、いつか行きたいと思っていました。

今回、折角ですので、沢に必要な装備一式を揃え、山岳会の皆さんに連れて行っていただきました。

西丹沢のマスキ嵐沢は、あいにくの天気でしたが、とてもきれいな沢です。
花崗岩の白岩を滑るように水が流れ、所々に見事な滑床や小滝を形成しています。

残念ながら私のおぼつかない足元では、十分に景色を見る余力はなく、不慣れな登攀を幾つか繰り返しながら、必死で登ってきます。
ひょいひょいと登っていく山岳会の皆さんに対して、要領を得ず、足手纏いに近い状態ですが、何時の山行とは筋肉の使い方、注意の仕方、目の付け所、今まで全く経験のないロープワークと戸惑いながらも、とても新鮮で楽しいです。

途中の小滝では、岩登りで行き詰まり、ロープがなければ落ちていた場面もあり、パーティーの皆様に助けていただきながら、何とか登っていきます。

沢はやがて、水がなくなり、暫く歩くと詰めの手前に岩の断崖が見えてきました。
これが、今日のラスボスともいうべきところ、皆さんすいすいと登っていってしまいますが、その前の小滝で落ちた手前、今度は頑張ろうと、先行者の方々を注意深く、足の置き場・手の掛けたところなどなど、観察しました。

いざ私の番になると、流石に緊張するもの。
下を見ると高度感で怖いので、下は見ず、ただひたすらに、足・手ひとつづつ、「三点支持してれば落ちない」と念じながら、登っていきます。

登り切ると、緊張から解き放たれ、自然と大きく息を吐きました。
とても安堵した瞬間です。

そのまま、尾根筋を登って、権現岳山頂に到着。
軽く行動食を取って、後は下山。
急坂の尾根筋を足元に気を付けながら一気に下って、林道に出合い、沢で足回りを洗って、大滝橋BSに到着です。

次のバスまでは1時間の待ち時間。
大滝橋近くにある西丹沢大橋キャンプ場にお邪魔し、缶ビールを楽しみながら、東屋まで談笑しつつバスまでの時間を待ち、帰路につきました。

今回は、初めての沢登り。
用具の使い方をはじめ、良くわからないことだらけでしたが、パーティの皆さまから丁寧に教えていただき、大変にありがたかったです。
また、登攀では、ロープがなければ落ちていた場面もあり、岩登りの難しさも感じました。

それでも、美しく景色が次から次に変化する沢登りは魅力的であり、とても楽しいものです。
次回は、もっとコツをつかんで、少しでも皆様についていければ良いなと感じます。

同行させていただいたパーティーの方々をはじめ山岳会の皆さまには感謝せずにはいられません。
訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/3/2
投稿数: 3459
2016/6/7 8:59
 おぉぉぉぉ〜!
おはようございます!
本格的な「沢」デビュー、おめでとうございます。
ついに、こっちの世界にも入って来たのですね。

きっちり、ロープがあれば(ルールを守って)、安全ですよ。
楽しんで下さい。

今回は、天気が残念でしたが、梅雨が明ければシーズンですね。
是非、楽しんで下さい〜。
(私は、もう、爺さんなので、あまり動けませんが…。)
お疲れさまでした。
登録日: 2011/3/28
投稿数: 2241
2016/6/7 20:23
 いよいよ
lesbourgeonsさん、こんばんは。

いよいよ、沢デビューですか。
最近、自己流一人沢登りみたいなのが流行ってるみたいですけど、
(今は時代が違うので、それも良しですが)
とてもいいですね、山岳会で基礎から教えてもらうのは。

これからの季節、沢の醍醐味味わうと、ハマリますよ!
私はもうやりませんが。
登録日: 2014/5/16
投稿数: 521
2016/6/7 21:18
 遂に沢ですか 予感はしていました。
les様 素晴らしいです。

実は日曜日予定していたのが、西丹沢教室からの権現山ー畦ヶ丸周遊だったのでなんかウキウキしながら拝見いたしました。権現山山頂 沢筋はヤマビル大丈夫でしたか?オバニャンは薬の影響で山蛭にたかられると止血がなかなかですので、今年は丹沢もう無理かな諦めていましたが…

丹沢の沢登りレコが増えます事期待しております。いつかエビラサワをさっそうと遡上するles様…キャ デンジャラス カッキー💖
袖平山ー風巻ノ頭のバリルート 憧れです。les様にきっと先越されちゃいますね。
登録日: 2014/4/27
投稿数: 1740
2016/6/7 21:29
 去年に続き本格的に
lesbourgeons さんまいどのこんばんは

いよいよ装備揃えちゃいましたね。
おめでとうございます。

僕が初めて沢登りをした時一番気になったのが沢靴ソールの信頼性でした。
苔の上を歩いてどの程度滑らないのか。。。
不安がいっぱいで、今でも不安少々ですw

夏の暑い季節に沢の中に入ってヒンヤリ爽やか。シャワークライムで全身ずぶ濡れスカッと爽快。
これからのご活躍そしてレコ楽しみにしています。
おつかれさまでした。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/6/9 23:07
 Re: おぉぉぉぉ〜!
ringo-ya さん、こんばんば。
沢デビューいたしました。
沢はとてもきれいで、難易度は高いですが、楽しかったです。
沢筋のクライミングが必要な登りは、もう少し練習が必要と思いましたが、どんどん詰めていくのは、ワクワクしますね。
特に夏場は、清冽な水流を行くのも気持ちよさそうです。
とても良い一日でした。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/6/9 23:26
 Re: いよいよ
yamahero さん、こんばんは。
沢にちゃんとした装備でいきました。
基礎から教えていただけたので、とてもよかったです。
よくわからないことだらけでしたが、とても楽しい一日でした。
次々に沢を詰めていくのと、清冽な水の流れる景色と、とてもいいですね。
これからの季節は特によさそうです。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/6/9 23:32
 Re: 遂に沢ですか 予感はしていました。
obanyanさん、こんばんは。
沢は、昨年に子供と初心者でも行けるツアーに参加してから、興味がありました。
今回は、山岳会の皆さんに連れて行っていただきました。
次々に小滝を越え、沢を尾根筋に詰める。
どんどん変わる景色と、清冽な水は、とても楽しいです。
夏の間のとても贅沢な大人の遊びですね。
まだまだ技術が伴わないので、少しづつ技量を上げて、いろいろなところに行けるようになりたいと思います。
登録日: 2013/6/9
投稿数: 1532
2016/6/10 0:34
 Re: 去年に続き本格的に
gonzousecond さん、こんばんは。
昨年、長瀞の沢遊びのような沢登りに参加してから、かなり気になっていました。
今回は、装備を揃え、岩登りを伴うコース。
難しかったですが、楽しい一日でした。
足元は、やはり、まだまだ恐るおそるです。
清冽な水を感じながらの登りは夏の季節、とてもよさそうですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ