ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890463 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

谷川岳(一ノ倉岳、茂倉岳)

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー hidequi
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
IN 上越線 土合
OUT 土樽
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
谷川岳主脈縦走路を歩きたかったが、ガスがかかっていたため、土樽へ下りるルートに変更。
後に晴れてきた。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はないが、西黒尾根の岩は滑りやすい。
谷川岳〜茂倉岳の稜線は歩き易いが
茂倉新道の下りは滑りやすいところもある。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

初めての土合
2016年06月04日 20:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての土合
うわぁ〜
2016年06月04日 20:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわぁ〜
座らなかったけど、途中にベンチ
2016年06月04日 20:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座らなかったけど、途中にベンチ
駅舎内部でのビバークは自分と1パーティ。
10時過ぎたら静かにしましょう。
カセットコンロも使っちゃダメ!
2016年06月04日 21:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅舎内部でのビバークは自分と1パーティ。
10時過ぎたら静かにしましょう。
カセットコンロも使っちゃダメ!
ウワサ通り、綺麗なトイレ
2016年06月05日 03:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウワサ通り、綺麗なトイレ
日の出前に出発
2016年06月05日 03:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前に出発
谷川ロープウェイ
ダレもいない。
自動販売機でペットボトル一本補給。
2016年06月05日 04:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川ロープウェイ
ダレもいない。
自動販売機でペットボトル一本補給。
登山指導センター
登山届けは土合駅で済ませました。
2016年06月05日 04:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センター
登山届けは土合駅で済ませました。
西黒尾根から
2016年06月05日 04:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根から
いつもの鉄塔
2016年06月05日 04:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの鉄塔
いつもの直角の木
2016年06月05日 04:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの直角の木
山頂はガスってる。
2016年06月05日 05:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はガスってる。
樹林地帯を出ると〜
2016年06月05日 05:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林地帯を出ると〜
展望が開ける。
曇ってはいるが雨はなさそう。
2016年06月05日 05:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開ける。
曇ってはいるが雨はなさそう。
クサリ場
使わないほうが登りやすい。
2016年06月05日 05:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ場
使わないほうが登りやすい。
ガス〜
2016年06月05日 06:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガス〜
イワカガミ
唯一知ってる名前
2016年06月05日 06:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
唯一知ってる名前
1
肩の小屋もガスガス
2016年06月05日 06:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋もガスガス
晴れてきた?
2016年06月05日 08:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた?
あら、だんだんガスが抜けてきた
2016年06月05日 08:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あら、だんだんガスが抜けてきた
1
気持ちイイ稜線
2016年06月05日 08:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちイイ稜線
2
一ノ倉避難小屋
2016年06月05日 08:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉避難小屋
3人がせいぜいか〜
2016年06月05日 08:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3人がせいぜいか〜
一ノ倉岳
2016年06月05日 08:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳
1
茂倉岳避難小屋
2016年06月05日 09:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋
内部は綺麗です。7〜8人
2016年06月05日 09:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内部は綺麗です。7〜8人
矢場ノ頭
2016年06月05日 10:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭
万太郎山が綺麗に見える。
本当はあの稜線を歩いていたはずなのに〜
2016年06月05日 10:09撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山が綺麗に見える。
本当はあの稜線を歩いていたはずなのに〜
2
落ち葉のトラップ
2016年06月05日 11:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉のトラップ
ゴール
2016年06月05日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
2

感想/記録

梅雨前に、歩いておきたい。
谷川岳主脈縦走路。
梅雨入りが発表されたその日、
前日に土合駅でステーションビバークし
夜が明ける前に西黒尾根登山口をスタート。
4時でも薄ら明るいのでヘッデンは早々に不要になる。
空が白んでゆき、空を見ると曇り。
何とかなるかな〜と思い、先ずはトマの耳を目指す。
樹林帯を抜けるといきなり展望が開ける。
おなじみの双耳峰が見えてくるが、頂はガスっている。
肩の小屋手前でガスに包まれ、万太郎方向はまったく見えない。
ガスは抜けそうもないな〜とあきらめ、お腹が空いたので
トマでゆっくり朝ごはん。ちょっと寒かったので冷えてしまった。
ガスっているけど、オキまで足を延ばし、どうしようか考える。
オキから先へ行ったことが無いので、茂倉新道で土樽へおりるコースに変更する。
雲が薄くなり、青空の領域が増えてくるが、相変わらず谷川岳の主脈は
ガスがかかってる。判断は間違っていなかったか。
奥の院から一ノ倉、そして茂倉岳までの稜線はとても気持ちがいい。
何で早く来なかったのか悔やまれる。
茂倉岳からは徐々に高度を下げる。
そして、行きたかった万太郎、仙ノ倉が良く見える。
そう、良く見える。
ガスが抜けたのだ!
あぁ〜なんてことだ。強引に行けば今頃はあの稜線を歩いていたんだ。
前夜のステーションビバークでは、先に居たグループが11時頃まで宴会していて
うるさくてほとんど寝られず出たので、寝不足であった。
判断は間違っていなかったと自分に言い聞かせる。
茂倉岳からの下りも疲労が溜まった脚には決して楽ではない。
柄ではないが、高山植物に癒された山行となった。
訪問者数:474人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ