ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890571 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿の上高地

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー momochann
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明の駐車場 \500
我々は山岳会のベース小屋から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
44分
合計
7時間49分
Sスタート地点08:0110:24ブナ清水10:3210:54きのこ岩11:1414:16タケ沢出合14:38根の平峠14:5415:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

根の平峠方面を目指します
2016年06月04日 08:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根の平峠方面を目指します
4
素敵な自然林
2016年06月04日 09:35撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な自然林
3
ブナ清水に到着
2016年06月04日 09:41撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ清水に到着
1
やはり一杯飲まないと、ブナ清水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり一杯飲まないと、ブナ清水
6
イワカガミがわずかに残ってました
2016年06月04日 10:19撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミがわずかに残ってました
3
尾根沿いを下降
2016年06月04日 12:00撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根沿いを下降
2
神崎川沿いでパエリアを米から作り出します
カセットコンロも鍋も歩荷は得意(笑)
2016年06月04日 13:08撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川沿いでパエリアを米から作り出します
カセットコンロも鍋も歩荷は得意(笑)
4
下山後は宴会、雨で寒いので火を起こします。
2016年06月04日 21:46撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は宴会、雨で寒いので火を起こします。
1

感想/記録

もともとはテント泊での計画でしたが、土曜日の夕方から雨という予報で日帰りに変更して夜は麓の山岳会の小屋で宴会となりました。
そのため食事はテント泊仕様、夜のためのパエリアを昼に道具と食材を運んで楽しみ、夜は翌朝の予定だったピザです。宴会用に干物を焼いたり、各自の食材や飲み物が色々出てきます。

さて朝明渓谷を出発してしばらくしたら早くも下山者が。早いな〜と思っていたら、こっちからブナ清水に行けますか〜?と。このルートで正解ですよ〜じゃあ我々もブナ清水寄りましょうか?とばかりに少し計画にプラスします。
根の平峠手前のブナ清水への分岐点で休憩。先ほどのパーティーが到着されたら会話を交わしてブナ清水に向かいます。
ブナ清水は、ブナ林の下から滔々と湧き出る水のことで、沢の水よりも動物の糞による大腸菌の混入が少なくて済みます。といっても水道水のように衛生的ではありませんから、あまり大量に飲むのはおすすめしません。胃液によって殺菌できる範囲にとどめておきましょう。
無事に先ほどのパーティーもブナ清水に到着されました。会社の同僚で山は初心者の方を連れてこられたそうで、なかなかいいチョイスだと思います。

白山のマニアックなルートと違い、鈴鹿では登山に興味を持たれた方が登り始める山なのでよくそういう方々に遭遇します。誰しも最初は初心者からスタートしますが、その始まり方に違いはあるにしても、やはり最初は体力も技術も装備も不十分なものです。自分がかつて初心者だったころを思い出して、山に入った初心者にも接してあげるといいでしょう。山は色々なリスクが潜んでおり、年間多くの方が亡くなっています。多くの場合はそのリスクの中身とその結果に無知あるいは油断したがために発生するものです。
リスクを正しく知り、それに対して事前に対処すること。天気を読んで計画を変更したり中止したりするのもその一つです。メンバーがへばって来たら荷物を肩代わりするのもそうですし、調子が出なければ躊躇せず正しい情報を周囲に発信するのも大切なことです。毎週のように山に入って体を鍛えるのもリスク回避のためには大いに効果があります。
山でのリスク管理は、知識も必要ですが、色々な場面を経験することも重要です。似たような山行ばかりでなく、色々な山域を、色々な人々と、色々な種類の山行を経験することが、もっとも近道だと思います。
訪問者数:402人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/16
投稿数: 881
2016/6/5 22:12
 今日はいいね〜!(笑)
「誰しも最初は初心者からスタート・・・」
これは愛のある言葉ですよ!!
ただのドМではないようですね!(笑)
登録日: 2011/10/18
投稿数: 832
2016/6/5 22:54
 Re: 今日はいいね〜!(笑)
たまには私も初心者だった頃を思い出さないと、と自戒の意味ですね〜。
はい、ただのドMではないですよ。変態ドM山スキーあんぽんたんです!
登録日: 2012/9/8
投稿数: 323
2016/6/7 12:05
 自活
M子はん、放っておくと田植えからやりそうなのでエスカレートしないように見張りが必要です。
登録日: 2011/10/18
投稿数: 832
2016/6/7 22:09
 Re: 自活
それは言えてますね!品質への飽くなき探求〜
登録日: 2014/11/21
投稿数: 78
2016/6/8 23:09
 Re[2]: 自活
食材の歩荷ありがとうございました。
お米から それも良いですね♪
今の時期限定のまったり山行、楽しい思い出ができましたね
登録日: 2011/10/18
投稿数: 832
2016/6/10 20:35
 Re[3]: 自活
もうちょっと肩に食い込むくらい歩荷したかったです
仲間と行く山行も宴会も楽しかったですね
登録日: 2014/11/21
投稿数: 78
2016/6/10 22:15
 Re[4]: 自活
次こそはテント泊実現させたいですね♪
みんなで協力すると、ひとりではできないいろんなことが楽しめますよね!
ごはんもみんなで食べると美味しいです〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ