ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890597 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

薄葉沢から生田大滝へ大回り

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー Nariaki, その他メンバー13人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
薄葉沢入口(道路の行き止まり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
1時間22分
合計
6時間0分
S薄葉沢入口08:3009:19笠石集落の登山口09:3009:40笠石09:4610:00四等三角点「笠石」10:1010:40県道245号線11:1811:45伐採地から林道に出た所11:5012:23分岐点12:3513:16生田大滝13:31生田大滝14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
シモンさん主催の「茨城の山探検」オープン山行第52回に参加しました。
四等三角点「笠石」は塩の道から奥に入った目立たない所でした。また、
県道は通らないで、伐採地から小さい林道、そして5分ほどのヤブ漕ぎ道を通りました。その後の十字路分岐点までも厳しい(楽しい?)山道を経験できました。シモンさんならではのコース設定です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図 マグネットコンパス GARMIN etrex-20 デジカメ

写真

薄葉沢ハイキングコースの入口からスタートします。
2016年06月05日 08:29撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄葉沢ハイキングコースの入口からスタートします。
薄葉沢の滝。
2016年06月05日 08:44撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄葉沢の滝。
滑り滝。
2016年06月05日 08:56撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り滝。
薄葉沢?景。
2016年06月05日 08:58撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄葉沢?景。
笠石の滝。
2016年06月05日 09:01撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠石の滝。
笠石集落の登山口(至 生田大滝・富士山)。
2016年06月05日 09:18撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠石集落の登山口(至 生田大滝・富士山)。
笠石(天然記念物)。
2016年06月05日 09:41撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠石(天然記念物)。
笠石から塩の道を県道245号線に向かう。
途中で四等三角点「笠石」に寄り道するが、別ルートで同三角点に行くメンバーもいました。
2016年06月05日 09:46撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠石から塩の道を県道245号線に向かう。
途中で四等三角点「笠石」に寄り道するが、別ルートで同三角点に行くメンバーもいました。
四等三角点「笠石」 619.37m。ただしこの辺りの最高点は少し北側にある。
2016年06月05日 10:01撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点「笠石」 619.37m。ただしこの辺りの最高点は少し北側にある。
塩の道に戻って県道に向かう。
2016年06月05日 10:28撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩の道に戻って県道に向かう。
県道245号線(上君田小妻線)に到着し、時間は少し早いが昼食休憩。
2016年06月05日 10:40撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道245号線(上君田小妻線)に到着し、時間は少し早いが昼食休憩。
県道から少し戻って、小さい林道、伐採地とその後のヤブ漕ぎ道を選択して探検気分を楽しむ。
2016年06月05日 11:22撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道から少し戻って、小さい林道、伐採地とその後のヤブ漕ぎ道を選択して探検気分を楽しむ。
予定していたルートの林道に行き当たる。
2016年06月05日 11:45撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定していたルートの林道に行き当たる。
この二股は左側を選択。
2016年06月05日 11:53撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この二股は左側を選択。
小さい林道から踏み跡があまり明確でない山道を、地形図を確認しつつ、慎重にルートファインディングをします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい林道から踏み跡があまり明確でない山道を、地形図を確認しつつ、慎重にルートファインディングをします。
分岐点に到着しました。
2016年06月05日 12:22撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に到着しました。
十字路になっている。
東が今来た林道方面、南がこれから下りて行く生田大滝方面、西が里美富士(奥峰)方面、そして北が笠石集落の登山口方面となります。
2016年06月05日 12:23撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十字路になっている。
東が今来た林道方面、南がこれから下りて行く生田大滝方面、西が里美富士(奥峰)方面、そして北が笠石集落の登山口方面となります。
こんな沢下りの所も。
2016年06月05日 12:57撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな沢下りの所も。
分岐標識板。
2016年06月05日 13:07撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐標識板。
生田大滝。
2016年06月05日 13:16撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生田大滝。
ノンデンボウの滝。初めてなので、生田大滝の先を散策する。
2016年06月05日 13:22撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノンデンボウの滝。初めてなので、生田大滝の先を散策する。
一番奥にある上滝。
2016年06月05日 13:25撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥にある上滝。
出合い滝。
左上の本流と左側の支流が合流して生田沢となるようです。
2016年06月05日 13:36撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出合い滝。
左上の本流と左側の支流が合流して生田沢となるようです。
正面奥から出てきました。 ここから車が通れる林道を経て駐車スペースに約50分で戻る。
2016年06月05日 13:38撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面奥から出てきました。 ここから車が通れる林道を経て駐車スペースに約50分で戻る。
こんな所にも鳥居が。
川向こうの不動尊に対しての鳥居のようです。
2016年06月05日 13:58撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所にも鳥居が。
川向こうの不動尊に対しての鳥居のようです。
西側には鍋足山と三角点峰が美しい姿を見せて、疲れを癒してくれる。
2016年06月05日 14:15撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側には鍋足山と三角点峰が美しい姿を見せて、疲れを癒してくれる。
東側には、大回りしたので今日は登らなかった里美富士の姿が。
2016年06月05日 14:19撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には、大回りしたので今日は登らなかった里美富士の姿が。
撮影機材:

感想/記録

薄葉沢と生田沢の滝群と沢は、最近の雨量が例年より少ないにもかかわらず流量は十分にありました。 これは里美富士の山及びその奥の山域が十分な高度と広さがあるので、保水力も十分にあるのでしょう。 里美富士の山頂は見晴らしが良くないので、今回のような山行も良いものですね。
訪問者数:155人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 三角点 山行 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ