ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890633 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

中禅寺湖周辺(菖蒲ヶ浜〜千手ヶ浜〜梵字岩方面〜熊窪〜小田代ヶ原〜竜頭の滝)

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー snsk, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往復とも:東京方面〜東北道〜日光宇都宮道路〜いろは坂
駐車場: 菖蒲ヶ浜P(竜頭の滝臨時P)…竜頭の滝下Pから20mほど進んで左折して坂を下りたところ、千住ヶ浜方面の遊歩道の入口にあります。無料でいつも空いてます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
54分
合計
6時間10分
Sスタート地点07:5008:08赤岩08:47熊窪08:5709:14千手ヶ浜バス停09:2010:09黒檜岳登山口10:3211:14千手ヶ浜バス停11:1711:36熊窪11:3712:52戦場ヶ原展望台13:0213:25しゃくなげ橋バス停13:51竜頭の滝(龍頭之茶屋)13:5214:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
菖蒲ヶ浜〜千住ヶ浜はかなりフラットな遊歩道でスニーカーで歩いても問題なさそうな整備具合。アップダウンも少なく、落ち葉がふかふかして気持ちがいいです。ただ、落ち葉が濡れると滑るかもしれませんね。
千住ヶ浜から仙人庵を過ぎて中禅寺湖南岸方面は普通のトレッキングルートのような感じですが、特に危険な箇所はありません。
熊窪から高山方面の熊窪分岐までと、乗り越して小田代ヶ原までの下りも特に危険個所はありません。
小田代ヶ原〜竜頭の滝までは遊歩道で、木道中心の観光客が歩いてもそんなに問題ないレベルの状況です。
その他周辺情報竜頭乃茶屋で軽食がとれます。
喫茶と軽食で頼む場所は違いますが、お盆をもって自由に行き来できるので、席を確保したら、めいめい好きな方で注文して持ち寄って食べることができます。
お雑煮(\500)は揚げ餅3個が山菜入りのそばダシに入って出てきます。なかなか美味。今回はいただきませんでしたが、チマキも美味しかったような…
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 日焼け止め 携帯 時計 サングラス カメラ ウインドブレーカー
備考 アップダウンはなく稜線にも上がりませんが、ベースの標高が高くて気温が低く、湖岸で風もあるので、薄手のウインドブレーカーだけだと少し肌寒かったです。追加でソフトシェルを持って行ってもよかったのかも。

感想/記録
by snsk

梅雨入り前にシャクナゲかなんか季節の花でも見に行こうと思い、日曜に日帰りでそんなに時間がかからないところ…と探した結果、千住ヶ浜のクリンソウが今いい時期のような気がしたのと、中禅寺湖の南岸がシャクナゲの穴場っぽいということで行ってみました。
仙人庵のクリンソウはまさに最盛期。4年前に7月初めに来たときは終わりかけでしたが、今回は見事に咲いていました。一方、中禅寺湖南岸のシャクナゲは、千手堂を過ぎてしばらくすると木は群生してるものの芽が全く膨らんでないか、一部もう終わって萎れた花の残骸が残っているかで、空振りだったので途中で引き返してきました。
クリンソウが主目的ではありましたが、菖蒲ヶ浜〜千住ヶ浜の遊歩道は歩きやすい割には人が少なく、林からはエゾハルゼミ、湖岸からは波の音が聴こえて、何も考えずぼーっと砂浜でお昼寝するのも気持ちがいいものです。
広葉樹が多く、秋の紅葉もよさそうなのでまた来てみたいです。風もあって思ってたより寒かったので防寒はしっかりめで。
訪問者数:264人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ