ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890669 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

戸隠山、高妻山、乙妻山 周回縦走

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー whitefire
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸隠キャンプ場近くの登山者用の無料駐車場に停めました。
道を挟んだ反対側に道の駅並のきれいなトイレがありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間58分
休憩
45分
合計
10時間43分
S戸隠キャンプ場バス停04:0304:12戸隠牧場入口04:1704:55随神門05:09戸隠神社奥社06:15蟻の戸渡06:26八方睨06:2906:37戸隠山07:11九頭龍山07:1207:51一不動(避難小屋)07:5208:36五地蔵山09:02八観音09:52高妻山09:5410:35乙妻山11:0011:51高妻山11:5212:34八観音12:3513:01五地蔵山13:0713:46弥勒尾根1596m点14:29弥勒尾根コース分岐14:37戸隠牧場入口14:42戸隠キャンプ場14:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蟻の塔渡り、剣の刃渡りが危険でした。
特に剣の刃渡りは幅10cm以下なので立って歩くのは無理でした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

戸隠キャンプ場入口の道を挟んだ反対側にある登山者用の無料駐車場から出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠キャンプ場入口の道を挟んだ反対側にある登山者用の無料駐車場から出発します。
キャンプ場の中を歩いて行き登山届けを出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場の中を歩いて行き登山届けを出します。
1
キャンプ場からは戸隠山のゴツゴツした稜線が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場からは戸隠山のゴツゴツした稜線が見えます。
一番右に見えてるのが登山届けを出した建物です。
ちょっと戻ってここからささやきの小径から戸隠神社方面に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番右に見えてるのが登山届けを出した建物です。
ちょっと戻ってここからささやきの小径から戸隠神社方面に向かいます。
こんな感じで手入れされています。
が、熊には注意だそうです。
鈴は2個使い、ジャラジャラさせて歩きました。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで手入れされています。
が、熊には注意だそうです。
鈴は2個使い、ジャラジャラさせて歩きました。。
随神門に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
随神門に到着。
1
門を通り過ぎると立派な杉並木でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門を通り過ぎると立派な杉並木でした。
5
ここから本格的な山登りの始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本格的な山登りの始まりです。
1
まだまだ遠い稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ遠い稜線。
1
鎖場が始まりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が始まりました。
2
遠くに槍、穂高連峰が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに槍、穂高連峰が見えました。
2
上級者向けの西岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上級者向けの西岳。
4
ほぼ垂直の岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直の岩場。
2
本日の核心、蟻の塔渡りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の核心、蟻の塔渡りです。
4
これは剣の刃渡りです。
実際は写真以上に高度感がありビビリます。
またいで通りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは剣の刃渡りです。
実際は写真以上に高度感がありビビリます。
またいで通りました。
10
続々とやってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続々とやってきます。
8
山頂の主なのか威嚇されました。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の主なのか威嚇されました。。
12
八方睨から見た難所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方睨から見た難所。
8
戸隠山に到着。
遠くに高妻山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠山に到着。
遠くに高妻山が見えます。
5
高妻山に続く稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山に続く稜線。
3
蟻の塔渡り、剣の刃渡りの向こうに槍、穂高連峰が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻の塔渡り、剣の刃渡りの向こうに槍、穂高連峰が。
3
基本的にヤセ尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的にヤセ尾根です。
イワカガミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
3
不動避難小屋に到着。
続々とキャンプ場方面から登ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動避難小屋に到着。
続々とキャンプ場方面から登ってきます。
ツツジがきれい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジがきれい。
1
東側のパノラマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側のパノラマ。
1
高妻山と妙高方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山と妙高方面。
1
焼山は噴煙が上がってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山は噴煙が上がってました。
5
右端が唐松岳で中央が五竜岳。
今気付きました、五竜と唐松の間に写ってるのは剱岳かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右端が唐松岳で中央が五竜岳。
今気付きました、五竜と唐松の間に写ってるのは剱岳かな。
4
鹿島槍ヶ岳と、その右に立山かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳と、その右に立山かな。
3
だいぶ近づいてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきた。
1
この方も戸隠山方面から歩いてきました。
いやしかし、最後の登りはしんどかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方も戸隠山方面から歩いてきました。
いやしかし、最後の登りはしんどかった。
1
やっと頂上が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上が見えました。
1
高妻山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻山に到着。
7
北アルプスが丸見え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスが丸見え。
3
白馬大雪渓。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大雪渓。
8
ゴールデンウイークに滑った杓子沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールデンウイークに滑った杓子沢。
4
先シーズン滑った唐松沢Dルンゼ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先シーズン滑った唐松沢Dルンゼ。
5
体力には余裕がなかったけど、時間には余裕があったので乙妻山へ。
ちょっと雪の上を歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力には余裕がなかったけど、時間には余裕があったので乙妻山へ。
ちょっと雪の上を歩きました。
5
乙妻山に到着。
あまり来る人はいないのでとても静かでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙妻山に到着。
あまり来る人はいないのでとても静かでした。
7
翌日に登る雨飾山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日に登る雨飾山。
4
歩いてきた山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた山々。
1
帰りは五地蔵岳から尾根伝いに降ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは五地蔵岳から尾根伝いに降ります。
1
無事降りてきました。
牧場から見た戸隠山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事降りてきました。
牧場から見た戸隠山。
3

感想/記録

土曜日は天気が良さそうなので戸隠山、高妻山に行ってきました。
乙妻山も含めるとコースタイムは13時間ちょっとなのでなんとか行けるかな。

予報どおり朝から晴れ。
まずはささやきの小径を通って戸隠山に向かいます。
杉林を抜けると急登の始まりです。
鎖場も出てきます。
核心は蟻の塔渡りと剣の刃渡りです。
蟻の塔渡りは足場の幅が30cmくらいあったので普通に歩けたけど、剣の刃渡りの方は
本当に尖っていて無理でした。
わずか2mくらいなんですけどね。。
核心を過ぎればあとはアップダウンがある稜線歩きです。
不動避難小屋では大きく下ろされます。
そこからも何度もアップダウンがあり、高妻山への最後の急登が一番疲れました。
戸隠山方面から見ててある程度の心の準備はしておいたのですが、想像以上でした。
急登が終わりやっとの思いで山頂に到着しました。
すでにたくさんの人たちが休憩しています。
時間に余裕があるので乙妻山に向かいます。
こっちも多少アップダウンがあるけど、ここに来るまでと比べたらカワイイもんです。
ちょっとだけ雪渓を歩き乙妻山に到着しました。
ほとんどの人が高妻山までなのでとても静かです。
パンを食べたり景色を見たり写真を撮ったりしてゆっくりしました。
高妻山に戻るとだいぶ空いていました。
下りは五地蔵岳からまっすぐ降りるルートを歩きました。

とても疲れたけど、スリルあり、絶景ありの楽しい山歩きでした。
訪問者数:536人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/8/19
投稿数: 231
2016/6/6 6:57
 戸渡り
戸隠山は3年前に行ったのですが稜線のすぐ下からガッスガスで戸渡りも刃渡りも高度感がなくスリルがありませんでした。
こーゆう晴れた日に「こわ〜〜〜(>_<)」とか言いながら渡りたかったですww

それにしてもすごいですね〜
高妻まで行くのだってすごいのに、乙妻まで!
私もせっかく行ったらなるべくいっぱい歩きたいのですが、歩くのが遅いのでだいたいタイムアウトになってしまいます。

山頂の主がカッコいいですね♪
登録日: 2013/11/1
投稿数: 95
2016/6/6 19:52
 Re: 戸渡り
junpieさん
コメントありがとうございます!

せっかく怖いところに行ったのなら怖い思いしないと損ですよねー(笑)
天気もよく風も弱かったので思いっきりスリルを味わいました。

乙妻山は高妻山の急登を登ってる時は無理かな?って思ったけど、山頂に着いたら疲れが吹き飛んでました。
雪渓も見えたし雪を触ってみようかなって。
往復2時間程度だし、ここまできたら行っちゃえって感じでした。

主様の方に行きたかったんですが、睨みをきかされたもんで尻尾巻いて退散しました。
そんなに大きくなかったんですけどね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ