ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890750 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

百尋ノ滝と川苔山

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー mat-bianco
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR青梅線 終点 奥多摩駅下車 
西東京バス 東日原行き乗車15分 川乗橋バス停下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
42分
合計
6時間40分
Sスタート地点08:4509:30細倉橋10:16百尋ノ滝10:2111:09足毛岩分岐11:59川苔山山頂12:3612:49舟井戸15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前半は沢沿いの道が多く、気温も低めだったため早めのペースで登れた。反動で後半は道も単調だったこともありペースダウン。ほぼコースタイム通りの時間が掛かった。
コース状況/
危険箇所等
整備されて登りやすいコース。今春、迂回していた川乗林道の往来が再開したので沢沿いの道を堪能できる。
その他周辺情報下山後、河辺駅前の『梅の湯』で汗を流す。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

標高430m 川乗橋バス停で下車
2016年06月04日 08:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高430m 川乗橋バス停で下車
1
沢の音を聞きながらスタート
2016年06月04日 08:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音を聞きながらスタート
蕎麦粒山? 地図では点線の道ですが、初めて聞く山名でした。
2016年06月04日 08:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山? 地図では点線の道ですが、初めて聞く山名でした。
聖滝付近、先に見えたのが川苔山でしょうか
2016年06月04日 09:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖滝付近、先に見えたのが川苔山でしょうか
1
川苔谷の流れ かなり透明度が高いです
2016年06月04日 09:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔谷の流れ かなり透明度が高いです
細倉橋 ここで道が分岐するはずですが…
2016年06月04日 09:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋 ここで道が分岐するはずですが…
幸運なことに沢沿いの道が再開していました
2016年06月04日 09:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸運なことに沢沿いの道が再開していました
2
期待通りの渓谷歩きがスタート
2016年06月04日 09:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待通りの渓谷歩きがスタート
なかなか危ない道ですが…
2016年06月04日 09:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか危ない道ですが…
1
滝も多く、景色に見とれるばかり
2016年06月04日 09:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝も多く、景色に見とれるばかり
2
橋渡も結構多いです
2016年06月04日 09:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋渡も結構多いです
有り難いことによく整備されています
2016年06月04日 10:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有り難いことによく整備されています
川苔谷のちょっと広くなった場所。ここから急上昇が始まる。
2016年06月04日 10:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔谷のちょっと広くなった場所。ここから急上昇が始まる。
ようやくお目当ての場所へ
2016年06月04日 10:16撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくお目当ての場所へ
1
百尋ノ滝はさすがの美しさ
2016年06月04日 10:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝はさすがの美しさ
4
しばしマイナスイオン浴びまくります
2016年06月04日 10:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしマイナスイオン浴びまくります
1
少し戻ったら今度は急登の始まり
2016年06月04日 10:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻ったら今度は急登の始まり
一息ついたらまた登り
2016年06月04日 10:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一息ついたらまた登り
今回は足毛岩には行かず曲ヶ谷方面へ
2016年06月04日 11:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は足毛岩には行かず曲ヶ谷方面へ
しばし緩やかで助かりますが…
2016年06月04日 11:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし緩やかで助かりますが…
本日一番の急登へ
2016年06月04日 11:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日一番の急登へ
ようやく着いた、と思ったら山頂まであと200m
2016年06月04日 11:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく着いた、と思ったら山頂まであと200m
1
最後だと思いヘロヘロで登ると…
2016年06月04日 11:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後だと思いヘロヘロで登ると…
川苔山?川乗山? 山頂1364mに到着
2016年06月04日 11:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山?川乗山? 山頂1364mに到着
2
雲取山方面がよく見えます
2016年06月04日 11:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山方面がよく見えます
2
あ、富士サマもうっすら見えた!
2016年06月04日 11:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、富士サマもうっすら見えた!
1
とりあえず、証拠写真
2016年06月04日 11:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、証拠写真
下山は鳩ノ巣駅への道を
2016年06月04日 12:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は鳩ノ巣駅への道を
舟井戸 ちょっとスタミナが心配になってきた
2016年06月04日 12:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟井戸 ちょっとスタミナが心配になってきた
本仁田山への分岐 脱水症状かな?足にけいれんが…
2016年06月04日 13:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山への分岐 脱水症状かな?足にけいれんが…
ひたすら下る道。展望なく飽きてきた。
2016年06月04日 13:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら下る道。展望なく飽きてきた。
野イチゴ? なんでしょうか
2016年06月04日 13:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野イチゴ? なんでしょうか
1
苦闘しながら何とか林道まで下りてきた
2016年06月04日 14:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦闘しながら何とか林道まで下りてきた
野イチゴだ
2016年06月04日 14:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野イチゴだ
1
山頂から3時間あまり、ようやく人里が見えてきた
2016年06月04日 15:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から3時間あまり、ようやく人里が見えてきた
1
玉福前の自販機で。今言われても、体力を補う気力の限界デス。
2016年06月04日 15:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉福前の自販機で。今言われても、体力を補う気力の限界デス。

感想/記録

新緑の季節に滝と渓谷を楽しめる山、というこことで今回は奥多摩・川苔山へ。
前日の寝不足で体力面で多少の不安はありましたが、久々の山歩きということもあり張り切って始発で出発。さすが人気の山、奥多摩駅ではバスの臨時便も出ていましたが、ホリデー快速よりも一足先に着いたこともありバスで座れてラッキー。
15分ほどの川乗橋バス停で下車し、奥多摩屈指の名瀑を目指してスタートしました。


キラキラの新緑と青空の下、沢の音を聞きながら舗装路を歩いて40分ほどで細倉橋へ。ここから迂回路を通る、と思っていたら渓谷沿いの道が再開していてまたラッキー。希望通りの川苔谷歩きを、少し足元に注意しながら進みます。
見とれるような清流と渓谷美の中、幾つかの沢を渡り崖のような道を進んでいくとお目当ての百尋ノ滝に到着。同じ奥多摩の払沢の滝に比べると若干、この日は水量が少なく感じましたがなかなかの美しさ。正午くらいに見ると光が差してさらにキレイ、とのことらしいですが山頂があるので今日はこのへんで。
ここからわずか2キロ余りに2時間かかるらしい急登が気になり、先を急ぎます。


いきなりロープ場から始まり心臓破りの傾斜が果てしなく続くのか、と思ったら途中で平坦な場所もあり少し安心。とは言え最後は結構な登りを、地道に高度を稼いで曲ヶ谷に到着。最後の力をふり絞って、正午前にようやく山頂に立てました。
初夏だけに景色は霞んでいましたが、うっすらと富士山頂も見ることができてこれもラッキー。が、ここに来るまでにかなり発汗していたのでこの後が…。



帰りは鬱蒼とした展望のない森の中を進みますが、前半急いだせいか割と単調な山下りでも結構な疲労度。1時間ほどすると足が止まってきたのでこれはヤバい、と休憩を挟みながら慎重に進みました。林道に出て大根ノ山ノ神に着いたあたりでは、あとは惰性で降りるしかなく、鳩ノ巣駅に着く頃には完全にガス欠。しばらくランニングさぼってた結果が如実に出てしまいました。
このあとは涼しい高原や高山を歩こうと思ってましたが、しっかりトレーニングしてシーズンに臨みたいと反省しきりの結果となりました。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 林道 高原 ロープ場 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ