ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890776 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

スズランとズミ咲く入笠山

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢入登山口駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間5分
休憩
37分
合計
2時間42分
S沢入登山口16:1516:51入笠湿原17:1217:15山彦荘17:1617:48入笠山18:0318:15御所平登山口18:24山彦荘18:33入笠湿原18:57沢入登山口18:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆入笠山の前に登った編笠山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-890768.html
その他周辺情報ゆーとろん水神の湯(諏訪郡富士見町富士見:19時以降夜間料金600円)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

編笠山に続く本日2つ目のお山は、スズランの咲き具合を確かめに入笠山に向かいます。沢入登山口を後にすると、
2016年06月04日 16:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山に続く本日2つ目のお山は、スズランの咲き具合を確かめに入笠山に向かいます。沢入登山口を後にすると、
カラマツ林の中を緩やかに登り始めます。
2016年06月04日 16:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツ林の中を緩やかに登り始めます。
アカノラ山の南面を進み、
2016年06月04日 16:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカノラ山の南面を進み、
鹿避けのゲートを開いて入笠湿原に入ります。ズミの花越しに見つめる先はスズラン群生地。
2016年06月04日 16:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿避けのゲートを開いて入笠湿原に入ります。ズミの花越しに見つめる先はスズラン群生地。
緑の葉の陰に、控えめに花茎に釣鐘状の白い花を垂らしたスズラン。
2016年06月04日 16:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の葉の陰に、控えめに花茎に釣鐘状の白い花を垂らしたスズラン。
2
可憐な花姿に魅了されます。
2016年06月04日 17:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐な花姿に魅了されます。
3
木道に導かれて斜面を登ると、
2016年06月04日 17:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道に導かれて斜面を登ると、
2
鈴なりとなって見ごろを迎えたスズランに囲まれます。
2016年06月04日 17:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴なりとなって見ごろを迎えたスズランに囲まれます。
1
スズランに混じって見かけるのはアマドコロ。
2016年06月04日 17:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スズランに混じって見かけるのはアマドコロ。
2
木道伝いに湿原内を散策し、ひと際白い花が印象的なエゾノコリンゴの脇を通って、
2016年06月04日 17:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道伝いに湿原内を散策し、ひと際白い花が印象的なエゾノコリンゴの脇を通って、
視界の先には、これから向かう入笠山が横たわります。
2016年06月04日 17:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界の先には、これから向かう入笠山が横たわります。
1
山彦荘の前から、ズミの花が縁取る入笠湿原をぐるりと見渡してから湿原を後にします。
2016年06月04日 17:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山彦荘の前から、ズミの花が縁取る入笠湿原をぐるりと見渡してから湿原を後にします。
林道に並行する遊歩道に進むと、紅色の花が鮮烈なクリンソウに出合います。
2016年06月04日 17:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に並行する遊歩道に進むと、紅色の花が鮮烈なクリンソウに出合います。
3
ニリンソウを眺めながら先に進むと、
2016年06月04日 17:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウを眺めながら先に進むと、
2
御所平峠の手前の林道入笠線の分岐点に達し、鹿避けのゲートを開けてスロープ状のお花畑に入ると、
2016年06月04日 17:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御所平峠の手前の林道入笠線の分岐点に達し、鹿避けのゲートを開けてスロープ状のお花畑に入ると、
ハクサンコザクラに続いて現れるのは、
2016年06月04日 17:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラに続いて現れるのは、
2
こちらでも主役のスズラン、
2016年06月04日 17:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらでも主役のスズラン、
2
ツマトリソウを眺めながら進みます。
2016年06月04日 17:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウを眺めながら進みます。
1
表登山道に合流すると、ほどなく道は二手に分かれますが岩場コースに進み、申し訳程度の鎖場を越えると、
2016年06月04日 17:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表登山道に合流すると、ほどなく道は二手に分かれますが岩場コースに進み、申し訳程度の鎖場を越えると、
辺り一面ズミの花咲く道となり、可愛らしい白い花を仰ぎ見ます。
2016年06月04日 17:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辺り一面ズミの花咲く道となり、可愛らしい白い花を仰ぎ見ます。
2
ズミの花の先に横たわる八ヶ岳連峰を背にしながら登ると、
2016年06月04日 17:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズミの花の先に横たわる八ヶ岳連峰を背にしながら登ると、
1
咲き始めたレンゲツツジに出迎えられて、
2016年06月04日 17:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き始めたレンゲツツジに出迎えられて、
1
広々とした入笠山の頂上に到着します。
2016年06月04日 17:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々とした入笠山の頂上に到着します。
3
遮るものなく全周の展望が開ける頂上からは、南方に南アルプス、南西に伊那谷を隔てて中央アルプスの山々。
2016年06月04日 17:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遮るものなく全周の展望が開ける頂上からは、南方に南アルプス、南西に伊那谷を隔てて中央アルプスの山々。
1
先ほど登った編笠山からはついぞ眺めることのできなかった、鳳凰山、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳が並ぶ南アルプスの稜線を眺めます。
2016年06月04日 17:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほど登った編笠山からはついぞ眺めることのできなかった、鳳凰山、甲斐駒ヶ岳、鋸岳、間ノ岳、仙丈ヶ岳が並ぶ南アルプスの稜線を眺めます。
1
北方に目を向け、諏訪湖から八ヶ岳連峰までをぐるりと見渡します。南八ヶ岳の稜線には雲が纏わりつき、南端の編笠山が辛うじて姿を見せています。
2016年06月04日 17:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方に目を向け、諏訪湖から八ヶ岳連峰までをぐるりと見渡します。南八ヶ岳の稜線には雲が纏わりつき、南端の編笠山が辛うじて姿を見せています。
1
彼方に望むのは北アルプスの山々。目を凝らすと穂高連峰が見て取れます。
2016年06月04日 18:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彼方に望むのは北アルプスの山々。目を凝らすと穂高連峰が見て取れます。
1
頂上の周囲にはズミの花が咲き、白やピンクが混じる花に見とれます。
2016年06月04日 18:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の周囲にはズミの花が咲き、白やピンクが混じる花に見とれます。
1
帰路は岩場迂回コースを辿ってマナスル山荘が建つ御所平峠へ。
2016年06月04日 18:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は岩場迂回コースを辿ってマナスル山荘が建つ御所平峠へ。
クリンソウの群落を遠目に眺めてから、
2016年06月04日 18:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリンソウの群落を遠目に眺めてから、
1
紅色の花を追いかけながら林道を歩いて、
2016年06月04日 18:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅色の花を追いかけながら林道を歩いて、
1
入笠湿原に戻ると、ズミの足下にもクリンソウを見つけます。夕暮れ時にあっても紅白に咲き競う様子が印象的な両者を見届けると、帰路を急ぎます。
2016年06月04日 18:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入笠湿原に戻ると、ズミの足下にもクリンソウを見つけます。夕暮れ時にあっても紅白に咲き競う様子が印象的な両者を見届けると、帰路を急ぎます。
撮影機材:

感想/記録

編笠山に続く後半戦は入笠山へ。スズラン目当てに短時間勝負を考えていましたが、至るところでズミも負けじと咲き誇り、クリンソウも相俟ってお花めぐりが楽しめました。
訪問者数:196人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ