ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890794 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

シラネアオイ咲く雨飾山

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雨飾山登山口駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
1時間0分
合計
5時間0分
S雨飾山登山口06:3907:21ブナ平07:2207:431500台地07:52荒菅沢07:5408:46笹平09:07雨飾山09:5210:06笹平10:45荒菅沢10:4610:521500台地10:5911:10ブナ平11:1411:39雨飾山登山口11:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報小谷温泉奥の湯 雨飾荘(北安曇郡小谷村大字中土:700円)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

青空が広がる雨飾高原キャンプ場を出発します。
2016年06月05日 06:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が広がる雨飾高原キャンプ場を出発します。
ほどなく湿原に差し掛かると、ミソガワソウ?
2016年06月05日 06:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく湿原に差し掛かると、ミソガワソウ?
2
木道に導かれて進むと、
2016年06月05日 06:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道に導かれて進むと、
出迎えてくれたのはミズバショウ。
2016年06月05日 06:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出迎えてくれたのはミズバショウ。
4
オオバミゾホウヅキや、
2016年06月05日 06:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバミゾホウヅキや、
2
ニョイスミレなどを眺めながら進みます。
2016年06月05日 06:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニョイスミレなどを眺めながら進みます。
3
ベンチが置かれた「2/11」から尾根に取り付き、ブナ林の中を登っていきます。
2016年06月05日 07:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチが置かれた「2/11」から尾根に取り付き、ブナ林の中を登っていきます。
ウラジロヨウラクや、
2016年06月05日 07:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラクや、
5
チゴユリ、
2016年06月05日 07:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チゴユリ、
3
ユキザサ、
2016年06月05日 07:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキザサ、
1
ツバメオモトなど、登山道沿いに次々と現れるお花を眺めながら進みます。尾根を離れて巻道になると、
2016年06月05日 07:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモトなど、登山道沿いに次々と現れるお花を眺めながら進みます。尾根を離れて巻道になると、
2
「4/11」の先で、灰白色の太いブナが林立するブナ平に達します。
2016年06月05日 07:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「4/11」の先で、灰白色の太いブナが林立するブナ平に達します。
この先もお花は尽きることなく、これは何スミレ?
2016年06月05日 07:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先もお花は尽きることなく、これは何スミレ?
2
ムラサキヤシオと、
2016年06月05日 07:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオと、
5
タムシバが紅白に咲き競います。
2016年06月05日 07:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバが紅白に咲き競います。
1
突然、視界が開けて、布団菱の岩壁が目に飛び込んできます。この先は下りに転じ、
2016年06月05日 07:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然、視界が開けて、布団菱の岩壁が目に飛び込んできます。この先は下りに転じ、
2
サンカヨウや、
2016年06月05日 07:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウや、
3
エンレイソウ、
2016年06月05日 07:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウ、
4
ニリンソウを眺めながら足場の悪い道を進み、
2016年06月05日 07:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウを眺めながら足場の悪い道を進み、
5
荒菅沢の雪渓を横切ります。
2016年06月05日 07:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒菅沢の雪渓を横切ります。
2
この先は急登が続きます。ミヤマカラマツや、
2016年06月05日 07:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は急登が続きます。ミヤマカラマツや、
3
イワカガミを見つけながら登っていくと、
2016年06月05日 08:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミを見つけながら登っていくと、
6
視界が開け初め、
2016年06月05日 08:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開け初め、
タニウツギに続いて、
2016年06月05日 08:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギに続いて、
4
お目当てのシラネアオイに出合います。
2016年06月05日 08:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てのシラネアオイに出合います。
4
淡い紫色の萼片を大きく広げた花が印象的。
2016年06月05日 08:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡い紫色の萼片を大きく広げた花が印象的。
4
こちらはミヤマダイコンソウ。
2016年06月05日 08:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはミヤマダイコンソウ。
3
梯子が架けられた岩尾根を乗り越え、
2016年06月05日 08:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が架けられた岩尾根を乗り越え、
1
シラネアオイを追いかけながら登ります。「9/11」を通過すると徐々に傾斜が緩み、
2016年06月05日 08:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイを追いかけながら登ります。「9/11」を通過すると徐々に傾斜が緩み、
5
ハクサンタイゲキ?
2016年06月05日 08:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンタイゲキ?
2
金山への分岐点に達し、なだらかに起伏する笹平の先に目指す雨飾山の頂上を見定めます。
2016年06月05日 08:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山への分岐点に達し、なだらかに起伏する笹平の先に目指す雨飾山の頂上を見定めます。
稜線の道のそこかしこに見られるシラネアオイは、見ごろ終盤といったところですが、何とか間に合いました。
2016年06月05日 08:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の道のそこかしこに見られるシラネアオイは、見ごろ終盤といったところですが、何とか間に合いました。
5
雨飾温泉から上がってきた道と合流すると、稜線上の道の左右に広がるのはハクサンイチゲのお花畑。
2016年06月05日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾温泉から上がってきた道と合流すると、稜線上の道の左右に広がるのはハクサンイチゲのお花畑。
4
白い花が群落をなして見ごたえがあります。
2016年06月05日 08:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い花が群落をなして見ごたえがあります。
5
丈の短い笹原の中には、可憐なミツバオウレンや、
2016年06月05日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丈の短い笹原の中には、可憐なミツバオウレンや、
2
ハクサンチドリも点在します。
2016年06月05日 09:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリも点在します。
4
間近に迫る雨飾山と対面しながら、
2016年06月05日 09:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近に迫る雨飾山と対面しながら、
2
荒菅沢を見下ろす鞍部を通過したところには、
2016年06月05日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒菅沢を見下ろす鞍部を通過したところには、
2
カタクリが咲き乱れています。
2016年06月05日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリが咲き乱れています。
5
雨飾山への最後の登りに差し掛かると、ハクサンハタザオ、
2016年06月05日 09:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山への最後の登りに差し掛かると、ハクサンハタザオ、
3
こちらはカンチコウゾリナ?
2016年06月05日 09:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはカンチコウゾリナ?
1
雨飾山の頂上は双耳峰となっていて、4体の石仏と石祠が祀られた南峰から一息で、
2016年06月05日 09:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山の頂上は双耳峰となっていて、4体の石仏と石祠が祀られた南峰から一息で、
三角点のある北峰に到着します。
2016年06月05日 09:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点のある北峰に到着します。
3
東面には笹平を見下ろしますが、雲が湧き起こり、その先にあるはずの焼山や金山は見えません。
2016年06月05日 09:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東面には笹平を見下ろしますが、雲が湧き起こり、その先にあるはずの焼山や金山は見えません。
帰路は来た道を引き返します。頂上直下の岩壁にユキワリソウを見つけながら急坂を下り、
2016年06月05日 09:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路は来た道を引き返します。頂上直下の岩壁にユキワリソウを見つけながら急坂を下り、
6
笹平を経て、荒菅沢の雪渓を見下ろしながら岩尾根を下ります。
2016年06月05日 10:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹平を経て、荒菅沢の雪渓を見下ろしながら岩尾根を下ります。
1
林立するブナの巨木を見上げながら、雨飾高原キャンプ場を目指します。
2016年06月05日 11:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林立するブナの巨木を見上げながら、雨飾高原キャンプ場を目指します。
1
撮影機材:

感想/記録

関東甲信地方が梅雨入りしたことが伝えられた当日でしたが、なぜか朝から青空が広がっていたのは嬉しい誤算。お目当てのシラネアオイは盛りを過ぎたとはいえ道中いたるところで目にすることができ、そのほかにも、稜線上のハクサンイチゲをはじめ、色とりどりのお花が咲き、まさに百花繚乱状態でした。
訪問者数:522人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ