ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890969 全員に公開 沢登り大峰山脈

下多古川本流遡行〜奥駈を吉野へ

日程 2016年06月04日(土) 〜 2016年06月05日(日)
メンバー ameyan, その他メンバー3人
天候4日曇りのち雨
5日雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
ルート図は手書きのため正確ではありません。
沢初級ルート
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

琵琶の滝
2016年06月04日 11:08撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶の滝
3
登るわたしw(byニシ)
2016年06月04日 12:50撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るわたしw(byニシ)
中の滝の落ち口
2016年06月04日 13:03撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の滝の落ち口
1
角千本淵
2016年06月04日 13:59撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角千本淵
3
洞窟滝と私(bySAKANAYA)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟滝と私(bySAKANAYA)
8m滝は不思議な光景
2016年06月04日 16:02撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8m滝は不思議な光景
川底に空いた小さな穴から滝が落ちる
2016年06月04日 16:04撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川底に空いた小さな穴から滝が落ちる
4
巻きあがり上流から見た滝の穴。ぱっと見穴があるのがわからない。
2016年06月04日 16:47撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きあがり上流から見た滝の穴。ぱっと見穴があるのがわからない。
1
5日。雨の朝。雨のためてきぱきと動けずw
2016年06月05日 09:56撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5日。雨の朝。雨のためてきぱきと動けずw
靄がかかって神秘的な奥駈
2016年06月05日 09:59撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靄がかかって神秘的な奥駈
大天井山。吉野まで遠いなあ・・・
2016年06月05日 11:44撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井山。吉野まで遠いなあ・・・
奥千本にある昔の結界あと。
2016年06月05日 16:15撮影 by PENTAX Optio W10, PENTAX Corporation
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥千本にある昔の結界あと。

感想/記録
by ameyan

沢、シーズンインしました。
しょっぱなから雨の天気予報だったけども、雨の中の泊まりも、また楽しい。(増水しなければw)
初級の沢であるが、私は仲間がいなければ登れなかったであろう場所が何カ所か。

いつもそうなのだけど、私は、ガイドブックにネットの情報に遡行図といった、ちっぽけな知識を武器にした教科書通りのマイナス思考。
夕暮れを迎えての最後の滝の高巻きを敬遠し下流のテント場に戻ろうと提案する私を、仲間は悲しそうな目で見つめながら無視www
理由は「この穴から落ちる滝の落ち口を見たい」から。

しぶしぶ巻き登った最後の滝の上には、素晴らしいテント場が展開していたのであった。
そして、夜から降り続いた雨。
前日に高巻を終えておいてよかった。

いつも陳腐な理論の私の思考は敗退し、遡行図もネットの情報もガイドも全然見ない、おおらかなカレの動物の勘が勝利する。

かなわないのである。
口を挟むのはやめようと、毎回心に決めるのだが・・・(笑)
訪問者数:277人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 武器 高巻き テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ