ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891151 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

やはり甲斐駒は遠かった(黒戸尾根〜甲斐駒ケ岳)

日程 2016年06月04日(土) 〜 2016年06月05日(日)
メンバー yusatosakasaikun
天候6/4晴れのち曇り 6/5雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6/4 2:30地元を出発→三郷ICから中央自動車道で須玉IC下車4:41→5:10尾白川駐車場に到着
6/5 12:07須玉IC→中央自動車道経由東北自動車道岩槻IC下車14:08→14:25春日部駅→14:37アーバンパークラインで逆井駅15:40→15:50自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間52分
休憩
1時間33分
合計
10時間25分
S尾白川渓谷駐車場05:2005:25竹宇駒ヶ岳神社07:16笹の平分岐07:2008:50刃渡り09:0009:16刀利天狗09:2510:07五合目小屋跡10:2011:20七丈小屋11:5712:41八合目御来迎場14:00甲斐駒ケ岳14:2015:11八合目御来迎場15:45七丈小屋
2日目
山行
3時間50分
休憩
23分
合計
4時間13分
宿泊地05:5006:32五合目小屋跡07:14刀利天狗07:2007:37刃渡り07:4508:41笹の平分岐08:5009:55竹宇駒ヶ岳神社10:03尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は整備されていて道に迷う箇所は無し。後半は直登に近く梯子を登りながらなので足元に注意して登れば問題なし。今回の下山時は雨が降っていたので岩場を含めて少し嫌な場所があった。刃渡りも思いの外心配はなかった。但し、両サイドは深い谷底のようでスリル感はあるかも。
その他周辺情報七丈小屋の情報が無くて苦労しました。ましてや、ネットの情報では6月から夕食有と書いてあるのにも拘わらず、小屋の主人はそっけなく「無いよ」、更に、カップ麺すらおいてないというやる気のなさ。愛想が無いのは仕方がないが、あまりにも対応が悪すぎ。そこまで期待したのも悪いが、とても不快な山小屋でした。(個人の感覚によるものです)と書いてしまいたくなるほどでした。

帰りは駐車場を出ると直ぐにある“尾白の湯”のお風呂に入る。\820-と少し高めですが、露天風呂と良いとてもゆったりとのんびり入れて温泉もとても良い湯でした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

朝、五時前の釜無川橋から見た甲斐駒ケ岳。左側は絶壁です。そして右側に長々と見えている黒戸尾根を目指します。天気は良さそうです。(…がしかし)
2016年06月04日 05:07撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、五時前の釜無川橋から見た甲斐駒ケ岳。左側は絶壁です。そして右側に長々と見えている黒戸尾根を目指します。天気は良さそうです。(…がしかし)
尾白川(おじらがわ)駐車場です。50台弱は停まっていたので凄い人気なんだと思いきや、後で気づきましたが殆どの方は渓谷に向かったようです。
2016年06月04日 05:34撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾白川(おじらがわ)駐車場です。50台弱は停まっていたので凄い人気なんだと思いきや、後で気づきましたが殆どの方は渓谷に向かったようです。
1
ここから出発です。
2016年06月04日 05:39撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから出発です。
竹宇神社に安全祈願をして参ります。
2016年06月04日 05:45撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹宇神社に安全祈願をして参ります。
神社の左側を行けばすぐに吊り橋があります。実際は此処からスタートです。
2016年06月04日 05:46撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の左側を行けばすぐに吊り橋があります。実際は此処からスタートです。
橋から登って直ぐに渓谷との分岐です。左側を進みます。
2016年06月04日 05:49撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から登って直ぐに渓谷との分岐です。左側を進みます。
此処からいきなり急登になります。約800辰ら3000辰悗旅眥禳2200辰鯡椹悗靴泙后先ずは慌てずにゆっくりと。
2016年06月04日 06:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処からいきなり急登になります。約800辰ら3000辰悗旅眥禳2200辰鯡椹悗靴泙后先ずは慌てずにゆっくりと。
1
道々は急な登りとこんな平坦な道との連続です。そして、其処此処に出てくる昔風なこの標識が安心感をもたらしてくれます。新緑も目に眩しいです。
2016年06月04日 06:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道々は急な登りとこんな平坦な道との連続です。そして、其処此処に出てくる昔風なこの標識が安心感をもたらしてくれます。新緑も目に眩しいです。
ちょっとピンぼけちゃいましたが、緑が気持ち良いです。
2016年06月04日 07:16撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとピンぼけちゃいましたが、緑が気持ち良いです。
1
気分よく歩ける道々です。
2016年06月04日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気分よく歩ける道々です。
1
笹が出始めました。
2016年06月04日 07:29撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹が出始めました。
笹の平に到着です。約2時間です。でも、この辺りでふうふう言ってます。日帰りをしていく人達数名に抜かれましたが、我々では無理です。とにかくゆっくりと自分達のペースで登ります。1400辰任后
2016年06月04日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平に到着です。約2時間です。でも、この辺りでふうふう言ってます。日帰りをしていく人達数名に抜かれましたが、我々では無理です。とにかくゆっくりと自分達のペースで登ります。1400辰任后
空気が美味しく感じられますが、身体はバテ気味。こんなところからじゃ話にならない。悲
2016年06月04日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気が美味しく感じられますが、身体はバテ気味。こんなところからじゃ話にならない。悲
2
この辺りからかこんな石碑が目立ちます。流石に修験道らしく古くから多くの方が登られているという事なのか。
2016年06月04日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからかこんな石碑が目立ちます。流石に修験道らしく古くから多くの方が登られているという事なのか。
地味に笹の中を登って行きます。
2016年06月04日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味に笹の中を登って行きます。
此処もボケちゃいましたが、笹のくねくね道を登って行きます。
2016年06月04日 08:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処もボケちゃいましたが、笹のくねくね道を登って行きます。
地味にきついのですが、まだまだ半分も来てません。
2016年06月04日 08:26撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味にきついのですが、まだまだ半分も来てません。
苔蒸した岩に何でこんな松が生えているのだろう。悠久の時が流れて自然の力が生み出した岩岩の凄さが彼方此方に見られます。
2016年06月04日 08:47撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔蒸した岩に何でこんな松が生えているのだろう。悠久の時が流れて自然の力が生み出した岩岩の凄さが彼方此方に見られます。
1
そして、ほんの少しですが木々の間から富嶽の頭だけが顔を覗かせました。此れを見ると落ち着くなぁ。がんばって待っててくれ。
2016年06月04日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ほんの少しですが木々の間から富嶽の頭だけが顔を覗かせました。此れを見ると落ち着くなぁ。がんばって待っててくれ。
鳳凰三山と富嶽です。此れが見たかった光景です。
2016年06月04日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山と富嶽です。此れが見たかった光景です。
山は花も咲き乱れています。全てを入れてみましたが、少し雲が多くて残念。
2016年06月04日 09:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山は花も咲き乱れています。全てを入れてみましたが、少し雲が多くて残念。
地蔵岳と観音岳をアップで。去年はあっちから観てたなぁ。
2016年06月04日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳と観音岳をアップで。去年はあっちから観てたなぁ。
刃渡りに来ました。
2016年06月04日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りに来ました。
左程危険な場所ではないと思います。ただ、両サイドは絶壁です。右サイドは一枚岩でかなり大きな岩。左サイドは絶壁で木々で覆われていますが、落ちたらどこまで行くか分かりません。ゆっくりと落ち着いて進めば問題ないです。
2016年06月04日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左程危険な場所ではないと思います。ただ、両サイドは絶壁です。右サイドは一枚岩でかなり大きな岩。左サイドは絶壁で木々で覆われていますが、落ちたらどこまで行くか分かりません。ゆっくりと落ち着いて進めば問題ないです。
1
ツツジが咲いています。
2016年06月04日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが咲いています。
そして、コイワカガミが丁度見ごろを迎えています。彼方此方にら咲き乱れています。
2016年06月04日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、コイワカガミが丁度見ごろを迎えています。彼方此方にら咲き乱れています。
3
ちゃんと歩くスペースがあります。
2016年06月04日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃんと歩くスペースがあります。
1
右サイドです。止まりません。
2016年06月04日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右サイドです。止まりません。
日向山です。あっちを回ってくるルートもあるようですがかなり厳しそう。
2016年06月04日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山です。あっちを回ってくるルートもあるようですがかなり厳しそう。
相棒君です。表情が硬いですが、この辺りはま大丈夫だったのかな。
2016年06月04日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒君です。表情が硬いですが、この辺りはま大丈夫だったのかな。
2
まだ行けそうです。
2016年06月04日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ行けそうです。
2
良い感じで刃渡りを通り越えます。
2016年06月04日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い感じで刃渡りを通り越えます。
1
こっちが左側です。どうなってるの。
2016年06月04日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちが左側です。どうなってるの。
こんな感じの階段です。でも、まだまだこれからです。
2016年06月04日 09:26撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの階段です。でも、まだまだこれからです。
続きます。登るときは楽しいんですよね。アスレチック気分です。
2016年06月06日 07:02撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きます。登るときは楽しいんですよね。アスレチック気分です。
相棒君が下から来ます。本当に直登に近いんです。
2016年06月04日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒君が下から来ます。本当に直登に近いんです。
そして、登り切ったら刀利天狗です。私の高度計では、此処で2045辰鮗┐靴討い泙后81000端綛圓ます。
2016年06月04日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、登り切ったら刀利天狗です。私の高度計では、此処で2045辰鮗┐靴討い泙后81000端綛圓ます。
こんな石碑が沢山あります。どれだけの人が登ってこれだけのものを残して行ったんでしょう。
2016年06月04日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな石碑が沢山あります。どれだけの人が登ってこれだけのものを残して行ったんでしょう。
この石が刀で切ったように割れていて、それが落ちないで微妙に残っているのもなんでしょう。良く見ると上と下って同じ字に見えますか。大きさも微妙に違います。何だろう。
2016年06月04日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石が刀で切ったように割れていて、それが落ちないで微妙に残っているのもなんでしょう。良く見ると上と下って同じ字に見えますか。大きさも微妙に違います。何だろう。
コイワカガミが可憐に岩の間に咲いてます。
2016年06月04日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミが可憐に岩の間に咲いてます。
1
垂直に落ちているんですが、伝わりづらいかも。とにかくまだまだ登ります。
2016年06月04日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直に落ちているんですが、伝わりづらいかも。とにかくまだまだ登ります。
苔むす樹林帯をただひたすら登ります。眺望も何もないのがつらいです。
2016年06月04日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むす樹林帯をただひたすら登ります。眺望も何もないのがつらいです。
この看板に癒されながらドンドン登ります。
2016年06月04日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板に癒されながらドンドン登ります。
そして、五合目小屋跡に向けて一旦下ります。折角登って来たのにこんなに下るの。悲しい。
2016年06月04日 10:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、五合目小屋跡に向けて一旦下ります。折角登って来たのにこんなに下るの。悲しい。
1
甲斐駒方面はガスの中のようです。やはり朝の内だけなのか。何とか頑張ってくれって思いますが、時すでに遅し、でした。
2016年06月04日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒方面はガスの中のようです。やはり朝の内だけなのか。何とか頑張ってくれって思いますが、時すでに遅し、でした。
五合目小屋跡です。左側に見える大きな石の裏に行ってみると。⇒下に続く。
2016年06月04日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡です。左側に見える大きな石の裏に行ってみると。⇒下に続く。
このプレートがありました。昔、この小屋を作られた方をしのんで残されているようです。でも、昔良くこんな場所に作ったよね。考えられない。
2016年06月04日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このプレートがありました。昔、この小屋を作られた方をしのんで残されているようです。でも、昔良くこんな場所に作ったよね。考えられない。
1
小屋跡から降りてくるとあります。
2016年06月04日 10:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋跡から降りてくるとあります。
1
此処にも大きな石碑が無数に岩岩の間を見上げるともの凄い数です。驚きます。
2016年06月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処にも大きな石碑が無数に岩岩の間を見上げるともの凄い数です。驚きます。
1
罰が当たるかもと思いながらも中を覗いてみました。○○不動明王と書かれています。この辺りには不動明王と書かれた石碑が沢山あります。でも、前のいいちこが何とも今らしくて。笑っ
2016年06月04日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
罰が当たるかもと思いながらも中を覗いてみました。○○不動明王と書かれています。この辺りには不動明王と書かれた石碑が沢山あります。でも、前のいいちこが何とも今らしくて。笑っ
さて、最後の恥後の直登が始まります。一番長い階段です。さぁ、気持ちを引き締めて登ります。(左側の石の処にたくさんあります)
2016年06月04日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、最後の恥後の直登が始まります。一番長い階段です。さぁ、気持ちを引き締めて登ります。(左側の石の処にたくさんあります)
案内板に導かれてすする枡。
2016年06月04日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板に導かれてすする枡。
相棒君がきます。今回はかなりバテバテの様子で辛そうです。慌てないでゆっくり進もう。
2016年06月04日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒君がきます。今回はかなりバテバテの様子で辛そうです。慌てないでゆっくり進もう。
片側はこんな感じで切れてます。
2016年06月04日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片側はこんな感じで切れてます。
1
ガスが撮れるどころかひどくなってる。眺望が全く効かず残念です。
2016年06月04日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが撮れるどころかひどくなってる。眺望が全く効かず残念です。
橋の処に出ます。
2016年06月04日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の処に出ます。
ゆっくり、ゆっくりです。問題ありません。
2016年06月04日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり、ゆっくりです。問題ありません。
1
不思議な剣です。中国?
2016年06月04日 11:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な剣です。中国?
1
ほぼ垂直です。こんな処なんだ。流石、日本三大急登の一つです。面白いけど、かなりバテバテ状態の上にこれはかなり堪えます。
2016年06月04日 11:15撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直です。こんな処なんだ。流石、日本三大急登の一つです。面白いけど、かなりバテバテ状態の上にこれはかなり堪えます。
1
此れは真直ぐです。槍ヶ岳の頂上直下の梯子を思い出します。何とか頑張ってついて来てます。ガンバ。
2016年06月04日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此れは真直ぐです。槍ヶ岳の頂上直下の梯子を思い出します。何とか頑張ってついて来てます。ガンバ。
1
まだまだ。長いです。
2016年06月04日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ。長いです。
慌てずにゆっくりと上がってきて。
2016年06月04日 11:19撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慌てずにゆっくりと上がってきて。
然し、よくまぁこんなところを登って行って日帰りできるなぁと感心します。とてもとても無理です。登りきるたんびにハァハァ言って肩で息してます。
2016年06月04日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
然し、よくまぁこんなところを登って行って日帰りできるなぁと感心します。とてもとても無理です。登りきるたんびにハァハァ言って肩で息してます。
1
そして、いよいよ最後のクサリ場です。これを、越えたら〜。
2016年06月04日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、いよいよ最後のクサリ場です。これを、越えたら〜。
見えました。七丈小屋です。2400辰謀達しました。ヤッホーなんですが、何せ眺望が無くて残念。
2016年06月04日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えました。七丈小屋です。2400辰謀達しました。ヤッホーなんですが、何せ眺望が無くて残念。
小屋のトイレです。立派にできてます。
2016年06月04日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のトイレです。立派にできてます。
1
第二小屋に案内されて荷物を置きます。流石に相棒君はクタクタの様子。この先は無理という事で断念。では、仕方がないので一人で頂上を目指します。
2016年06月04日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二小屋に案内されて荷物を置きます。流石に相棒君はクタクタの様子。この先は無理という事で断念。では、仕方がないので一人で頂上を目指します。
1
でも、同じようにしんどいです。とにかく行ける処まで行ってみるかとスタートします。此処からも登りです。
2016年06月04日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、同じようにしんどいです。とにかく行ける処まで行ってみるかとスタートします。此処からも登りです。
眺望が全く望めないので、お花を撮る事に変更して、山桜が咲き始めていました。
2016年06月04日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望が全く望めないので、お花を撮る事に変更して、山桜が咲き始めていました。
雪渓もこんなに小さくなって全く邪魔になりません。
2016年06月04日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓もこんなに小さくなって全く邪魔になりません。
とにかく登ります。まだ森林限界を超えてません。
2016年06月04日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく登ります。まだ森林限界を超えてません。
甲斐駒の頂上方面はガスが撮れずに雲の中です。岩肌には白樺が結構群生しています。紅葉の季節も良いんだろうな。
2016年06月04日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒の頂上方面はガスが撮れずに雲の中です。岩肌には白樺が結構群生しています。紅葉の季節も良いんだろうな。
八合目御来迎場に到着です。残念です。真っ白です。此処で引き返そうかと思いましたが、仕方がない、折角来たのにと思い、ピークを目指します。
2016年06月04日 12:57撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場に到着です。残念です。真っ白です。此処で引き返そうかと思いましたが、仕方がない、折角来たのにと思い、ピークを目指します。
1
写真で良く見たクサリ場の階段です。
2016年06月04日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真で良く見たクサリ場の階段です。
1
上から観ました。
2016年06月04日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から観ました。
もう一つあります。
2016年06月04日 13:11撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一つあります。
全くガスの中で景色どころじゃありません。
2016年06月04日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全くガスの中で景色どころじゃありません。
でも登ります。
2016年06月04日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも登ります。
ツクモグサを発見しました。少し群生している場所です。
2016年06月04日 13:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクモグサを発見しました。少し群生している場所です。
2
こんな岩場を登ります。本当に一歩一歩で中々前に進みません。
2016年06月04日 13:17撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩場を登ります。本当に一歩一歩で中々前に進みません。
朱い目印をめがけて進みます。
2016年06月04日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱い目印をめがけて進みます。
見えてきました。日本の刀剣が。
2016年06月04日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました。日本の刀剣が。
ガスが流れていて見えたり隠れたり。
2016年06月04日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが流れていて見えたり隠れたり。
本当に霧の中をさまよっている感じです。
2016年06月04日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に霧の中をさまよっている感じです。
変なでかい岩が二つ見えてきました。
2016年06月04日 13:38撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変なでかい岩が二つ見えてきました。
近づいてみると、燕岳にあるイルカ岩が二つ並んでいるようです。面白いなぁ。親子?
2016年06月04日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいてみると、燕岳にあるイルカ岩が二つ並んでいるようです。面白いなぁ。親子?
1
頂上方面は依然ガスの中です。
2016年06月04日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上方面は依然ガスの中です。
少し頂上が近づいてきたように思います。最後の力を振り絞って足を進めます。
2016年06月04日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し頂上が近づいてきたように思います。最後の力を振り絞って足を進めます。
振り返って、右側は断崖絶壁です。
2016年06月04日 13:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、右側は断崖絶壁です。
雪渓が残っている箇所があります。
2016年06月04日 14:02撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が残っている箇所があります。
やっと頂上の祠が見えてきました。ガスも晴れてきたようです。
2016年06月04日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上の祠が見えてきました。ガスも晴れてきたようです。
手前にある祠です。
2016年06月04日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前にある祠です。
駒ヶ根神社から頂上を見ます。
2016年06月04日 14:06撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ根神社から頂上を見ます。
北沢峠との分岐です。
2016年06月04日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠との分岐です。
北沢峠方面です。雲が湧き出てくる分岐がはっきりと見えます。
2016年06月04日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠方面です。雲が湧き出てくる分岐がはっきりと見えます。
いよいよ到着です。2200辰旅眥禳垢鯏个蠕擇蠅泙靴拭
2016年06月04日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ到着です。2200辰旅眥禳垢鯏个蠕擇蠅泙靴拭
3
そして、無事に到着した御礼と無事に下山が出来るようにと合わせて、子供達のテニスの活躍を祈念します。がんばれー。
2016年06月04日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、無事に到着した御礼と無事に下山が出来るようにと合わせて、子供達のテニスの活躍を祈念します。がんばれー。
3
ピークを踏んだ記念です。
2016年06月04日 14:14撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを踏んだ記念です。
2
跡から来たテント泊の人に撮って頂きました。ありがとうございました。でも、かなりお疲れのようでした。
2016年06月04日 14:20撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
跡から来たテント泊の人に撮って頂きました。ありがとうございました。でも、かなりお疲れのようでした。
5
でも、結局頂上には三人だけで他には誰もいません。日帰りの人達はもうここにはおられないようです。
2016年06月04日 14:26撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、結局頂上には三人だけで他には誰もいません。日帰りの人達はもうここにはおられないようです。
雲がわき上がります。頂上だけは雲が取れていて周りを見渡せるんですが、全てが雲に遮られて何も見る事は出来ませんでした。
2016年06月04日 14:26撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がわき上がります。頂上だけは雲が取れていて周りを見渡せるんですが、全てが雲に遮られて何も見る事は出来ませんでした。
1
白砂青松とはこのことですね。綺麗なんですが、青空が欲しかった。
2016年06月04日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂青松とはこのことですね。綺麗なんですが、青空が欲しかった。
鋸岳方面、(要注意)とあります。俺では無理か。
2016年06月04日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳方面、(要注意)とあります。俺では無理か。
青空の中で見ると映えるんだろうな。
2016年06月04日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の中で見ると映えるんだろうな。
奥の上空に青空発見。がんばれって言いたくなります。
2016年06月04日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の上空に青空発見。がんばれって言いたくなります。
2
もっと。でも結果は残念な結果に。
2016年06月04日 14:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと。でも結果は残念な結果に。
来た方向を振り返ります。残念ですが、此処まで。下山に向かいます。
2016年06月04日 14:37撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た方向を振り返ります。残念ですが、此処まで。下山に向かいます。
あの二人はもう少し粘るようです。夕方になるともう少し雲が取れるんだろうけど、これ以上は限界。下ります。
2016年06月04日 14:39撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの二人はもう少し粘るようです。夕方になるともう少し雲が取れるんだろうけど、これ以上は限界。下ります。
さっきまで良く見えなかった刀剣が遠目からも見えます。
2016年06月04日 14:55撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで良く見えなかった刀剣が遠目からも見えます。
本当にどうやってこんな場所に建てたんだろう。
2016年06月04日 15:00撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にどうやってこんな場所に建てたんだろう。
2
この白樺の生命力を感じます。幹の根本は半分以上枯れていて、枝もかなり枯れているのに、そのまた間から新たな息吹を出しています。風雪に耐えぬくとこうもなるものなのか。
2016年06月04日 15:03撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この白樺の生命力を感じます。幹の根本は半分以上枯れていて、枝もかなり枯れているのに、そのまた間から新たな息吹を出しています。風雪に耐えぬくとこうもなるものなのか。
直角に落ちてます。バットレスより凄いかも。
2016年06月04日 15:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直角に落ちてます。バットレスより凄いかも。
そして、この岩場。帰りは足がおぼつかないのでより慎重に下ります。
2016年06月04日 15:10撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、この岩場。帰りは足がおぼつかないのでより慎重に下ります。
キバナシャクナゲ?だと思います。
2016年06月04日 15:31撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ?だと思います。
1
そして、無事に小屋に到着です。約11時間歩いたことになります。よく頑張りました。
小屋の前から見た富士山です。
2016年06月04日 18:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、無事に小屋に到着です。約11時間歩いたことになります。よく頑張りました。
小屋の前から見た富士山です。
天気がよけれはなぁ。でも、このロケーションでは夕日は見れそうにありません。
2016年06月04日 18:40撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がよけれはなぁ。でも、このロケーションでは夕日は見れそうにありません。
七丈小屋の内部です。我々の他に男女のカップルが一組だけです。朝、5時前に女性は一人で支度をして頂上を目指しました。“帰ってくるまでにバック準備しておいて”と言い残して。やはり女性の方が強いや。片方は相変わらず毛布の中です。そして、我々は下山です。
2016年06月05日 06:01撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋の内部です。我々の他に男女のカップルが一組だけです。朝、5時前に女性は一人で支度をして頂上を目指しました。“帰ってくるまでにバック準備しておいて”と言い残して。やはり女性の方が強いや。片方は相変わらず毛布の中です。そして、我々は下山です。
3
雨の中、刀利天狗迄降りて来ました。梯子は濡れていて結構気を遣いましたが無事にきました。足元が滑らないようにだけ気を使いながら下山します。でも、何年振りだろう雨の中の下山は。
2016年06月05日 07:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中、刀利天狗迄降りて来ました。梯子は濡れていて結構気を遣いましたが無事にきました。足元が滑らないようにだけ気を使いながら下山します。でも、何年振りだろう雨の中の下山は。
雨にぬれるコイワカガミ。色合いが良く頑張って生きています。
2016年06月05日 07:32撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨にぬれるコイワカガミ。色合いが良く頑張って生きています。
2
刃渡りから見た八ヶ岳です。この頃は少し雨も弱まっていました。雲の上から俯瞰して甲府辺りを見渡します。
2016年06月05日 07:49撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りから見た八ヶ岳です。この頃は少し雨も弱まっていました。雲の上から俯瞰して甲府辺りを見渡します。
八ヶ岳をもう少しアップで。
2016年06月05日 07:49撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳をもう少しアップで。
1
鳳凰三山もはっきりと見えています。残念ながら富嶽は雲の中。
2016年06月05日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山もはっきりと見えています。残念ながら富嶽は雲の中。
赤岳をアップで。
2016年06月05日 07:54撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳をアップで。
1
オベリスクと三山。
2016年06月05日 07:55撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクと三山。
帰り道に見つけたツツジの花。今回は殆ど眺望が望めなかったので花の写真が多くなりました。でも、季節的には良い季節ですが、既に関東は昨日梅雨入り。暫くはお預けかな。
2016年06月05日 08:51撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道に見つけたツツジの花。今回は殆ど眺望が望めなかったので花の写真が多くなりました。でも、季節的には良い季節ですが、既に関東は昨日梅雨入り。暫くはお預けかな。
駐車場に戻ってきました。やはり天気が悪いせいか昨日ほどの賑わいがありません。でも、無事に三大急登の一つを制覇しました。おつかれさまでした。
2016年06月05日 10:34撮影 by Canon PowerShot SX260 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。やはり天気が悪いせいか昨日ほどの賑わいがありません。でも、無事に三大急登の一つを制覇しました。おつかれさまでした。
2
撮影機材:

感想/記録

とにかく長い道のりでした。我々二人にとって、このコースを日帰りするなんてとんでもない別世界です。みなさん凄いです。と言うか私が思う山登り戸は別物です。まさしく修験道の道。体を鍛えているというしか無いくらいに思えました。とにかく長くて辛い山登りでした。
と言っても天気が悪かったために半減、小屋のイメージ悪くて半減、という処でしょうか。頂上から観る景色が全くだったのと朝日が望めなかったことに尽きるのかな。黒戸尾根経由の甲斐駒ケ岳はもうないかもしれませんが、長い道々で味わった苦しい行は忘れぬ経験となった事でしょう。
訪問者数:471人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

白樺 ツクモグサ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ