ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891323 全員に公開 ハイキング東海

籾糠山 −雨上がりに光る森と天生湿原−

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー catscream, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白川村からの国道360号線は、片側交互通行の個所もありますが先月末にようやく開通。
天生峠の駐車場に60台くらいは楽に駐車出来ます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
40分
合計
5時間0分
S天生峠10:0010:30天生湿原10:50カラ谷分岐11:10カツラ門11:30木平分岐11:50籾糠分岐12:10籾糠山12:5013:20籾糠分岐14:00カラ谷分岐14:30天生湿原15:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天生県立自然公園は保全協力金として1人500円支払いますが、その分しっかり整備されていて危険個所はありません。
山頂が狭いのでタイミングが悪いと混雑が辛い。
ツキノワグマの生息地でもあるので注意が必要です。
その他周辺情報天生峠から車で約40分、国道156号線沿いの「しらみずの湯」を利用。
大人600円です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

朝まで雨が降っていたせいか、10時前でもまだまだ余裕がありました。赤い大きな屋根はトイレです。
2016年06月05日 09:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝まで雨が降っていたせいか、10時前でもまだまだ余裕がありました。赤い大きな屋根はトイレです。
1
登山口で保全協力金を支払うとパンフレットがもらえます。手前の階段では種子を持ち込まないように靴底を洗浄。プールの消毒槽を思い出しました。
2016年06月05日 10:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口で保全協力金を支払うとパンフレットがもらえます。手前の階段では種子を持ち込まないように靴底を洗浄。プールの消毒槽を思い出しました。
1
湿原で子熊の目撃があったらしいです。
2016年06月05日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原で子熊の目撃があったらしいです。
1
すぐに大きなブナの木が目に入ります。
2016年06月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに大きなブナの木が目に入ります。
1
熊には出会わないのがお互いの為。
2016年06月05日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊には出会わないのがお互いの為。
天生湿原は後回しにします。
2016年06月05日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天生湿原は後回しにします。
1
かわいいマイヅルソウ
2016年06月05日 10:45撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいマイヅルソウ
1
ラショウモンカヅラ
2016年06月05日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラショウモンカヅラ
1
カラ谷分岐から登りはカラ谷登山道を選択。
2016年06月05日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラ谷分岐から登りはカラ谷登山道を選択。
1
花瓶のようです。
2016年06月05日 10:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花瓶のようです。
岩に覆いかぶさるように木が生えています。
2016年06月05日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に覆いかぶさるように木が生えています。
1
キヌガサソウ
2016年06月05日 11:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
2
カツラ門。息吹が聞こえてくるようです。
2016年06月05日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カツラ門。息吹が聞こえてくるようです。
1
オオカメノキ
2016年06月05日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
1
ムラサキヤシオ
2016年06月05日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムラサキヤシオ
1
癒されまくり。
2016年06月05日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒されまくり。
木平分岐から籾糠分岐までは急登です。
2016年06月05日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木平分岐から籾糠分岐までは急登です。
1
分岐に設置のトイレブース。
2016年06月05日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に設置のトイレブース。
1
山頂到着予定がお昼時なので心配。
2016年06月05日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂到着予定がお昼時なので心配。
1
山頂手前に少しだけ急登。
2016年06月05日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前に少しだけ急登。
1
山頂に到着。熊にかじられたらしい標識が無残です。
タイミングが良く、しばらくは空いていました。
2016年06月05日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。熊にかじられたらしい標識が無残です。
タイミングが良く、しばらくは空いていました。
4
残念ながら北アルプスは雲の中。
2016年06月05日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら北アルプスは雲の中。
1
北側の眺望。ハイキングのおまけ程度の登山なので初級者にもおすすめですね、装備は必須ですが。
2016年06月05日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の眺望。ハイキングのおまけ程度の登山なので初級者にもおすすめですね、装備は必須ですが。
2
下りはブナ探勝路を選択。
2016年06月05日 13:18撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはブナ探勝路を選択。
1
カラ谷分岐手前で少し寄り道。
2016年06月05日 13:59撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラ谷分岐手前で少し寄り道。
1
来年はミズバショウの群生が見たい。
2016年06月05日 14:02撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来年はミズバショウの群生が見たい。
1
改めて帰り道で天生湿原を周回します。
2016年06月05日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて帰り道で天生湿原を周回します。
1
青空とのコントラストが美しい。
2016年06月05日 14:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空とのコントラストが美しい。
3
木道沿いで残っていたミズバショウ。
2016年06月05日 14:26撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道沿いで残っていたミズバショウ。
4
湿原の中ほどにはまだ残っているようです。
2016年06月05日 14:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原の中ほどにはまだ残っているようです。
1
駐車場が見えてきました。
2016年06月05日 14:54撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきました。
1
撮影機材:

感想/記録

梅雨入りした東海地方最初の雨が日曜朝まで降っていましたが、天気は回復傾向だったのでずっと訪れたかった天生湿原と籾糠山へ行ってきました。
予報通り雨が上がったおかげで、雨上がりに濡れた新緑の森は輝き、花々は咲き、鳥や蛙や虫の鳴き声が延々と聞こえるヒーリングツアー。
まだまだ岐阜県には素晴らしい場所がある事を再認識すると共に、紅葉やミズバショウの最盛期にまた来たいと思わせる素晴らしい山域でした。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/26
投稿数: 69
2016/6/6 20:59
 ほとんど同時刻に同コースだったようですね
本当にいい緑の山でしたね。山頂はいっぱいでしたが、多分お会いしてますね。我々は4人のグループでした。
登録日: 2015/8/5
投稿数: 16
2016/6/7 7:42
 Re: ほとんど同時刻に同コースだったようですね
コメントありがとうございます!
梅雨の季節の中、最高の森林浴になりましたね!
私が山頂到着の前後は5人くらいで少しラッキーでした。
登録日: 2016/3/12
投稿数: 4
2016/6/7 19:26
 私たちのグループも同じ時間帯でした
12時30頃 山頂着の女性5名とガイドのグループです。もしかして写真撮影をお願いしたかも?しれません。
日曜日に熊目撃あったのですか?知りませんでした。会わなくて良かったです
登録日: 2015/8/5
投稿数: 16
2016/6/7 21:08
 Re: 私たちのグループも同じ時間帯でした
その少し前に山頂に到着してました。写真撮影は頼まれていませんが、mayさん達は覚えていますよ。お弁当が美味しそうでしたねw
熊情報は登山口のホワイトボードに「湿原で子熊目撃(うろ覚え)」との書き込みがありました。
登録日: 2016/3/12
投稿数: 4
2016/6/8 0:51
 Re[2]: 私たちのグループも同じ時間帯でした
お弁当はガイドツアーで予約して飛騨古川ともえホテルのざいご弁当です。弁当箱を開けた瞬間からテンション上がりました!飛騨の食材たっぷりでとても美味しかったです!
ホワイトボード見落としていました。インフォメーションはきちんと確認しないといけませんね。情報ありがとうございました!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ