ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891608 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

樽前山(西山⇒932m峰⇒東山)

日程 2016年06月06日(月) [日帰り]
メンバー mikasaoya
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
樽前山7合目駐車場
(到着時は7台ほど,下山時は満杯状態。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特記事項なし。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

7合目登山口をスタート
2016年06月06日 06:22撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目登山口をスタート
視界が開けて。
支笏湖は霧に覆われています。
2016年06月06日 06:26撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けて。
支笏湖は霧に覆われています。
2
朝日に新緑が輝いて見えます。
2016年06月06日 06:33撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に新緑が輝いて見えます。
1
ウコンウツギと東山の稜線。
2016年06月06日 06:35撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウコンウツギと東山の稜線。
7
樹林帯を抜けて
風不死岳と霧の支笏湖。
奥に紋別岳,イチャンコッペ。
2016年06月06日 06:36撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて
風不死岳と霧の支笏湖。
奥に紋別岳,イチャンコッペ。
3
日差しが強く,やや強い風が心地よく感じられます。
2016年06月06日 06:39撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが強く,やや強い風が心地よく感じられます。
2
外輪に到着。
まずは左手に進み,西山に向かいます。
2016年06月06日 06:58撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪に到着。
まずは左手に進み,西山に向かいます。
西山へ向けての道が続いています。
オロフレなど,遠望も利いています。
2016年06月06日 07:01撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山へ向けての道が続いています。
オロフレなど,遠望も利いています。
3
西山と溶岩ドーム,その間に後方羊蹄山,尻別岳,貫気別山。この並びが見えるのは,時計回りならでは。
2016年06月06日 07:06撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山と溶岩ドーム,その間に後方羊蹄山,尻別岳,貫気別山。この並びが見えるのは,時計回りならでは。
2
樽前神社奥宮を通過。
2016年06月06日 07:10撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樽前神社奥宮を通過。
3
溶岩ドーム方向に四本の白煙が確認できます。
2016年06月06日 07:16撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溶岩ドーム方向に四本の白煙が確認できます。
2
西山への急登の始まり。
2016年06月06日 07:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山への急登の始まり。
西山の斜面と溶岩ドームとの間に932m峰と風不死岳が並んで。恵庭岳の岩峰も確認。
2016年06月06日 07:20撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山の斜面と溶岩ドームとの間に932m峰と風不死岳が並んで。恵庭岳の岩峰も確認。
分岐を通過。
2016年06月06日 07:27撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を通過。
1
西山到着。
2016年06月06日 07:30撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山到着。
4
932m峰,風不死岳,恵庭岳,漁岳,フレ岳,後方羊蹄山など。
2016年06月06日 07:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932m峰,風不死岳,恵庭岳,漁岳,フレ岳,後方羊蹄山など。
2
溶岩ドームと932m峰,風不死岳。
支笏湖の奥に紋別岳。
2016年06月06日 07:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溶岩ドームと932m峰,風不死岳。
支笏湖の奥に紋別岳。
3
支笏湖の湖面を覆っていた霧が晴れてきています。
2016年06月06日 07:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖の湖面を覆っていた霧が晴れてきています。
3
西山から溶岩ドームに向かって。
2016年06月06日 07:40撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山から溶岩ドームに向かって。
2
932m峰方向の登山道。
2016年06月06日 07:41撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932m峰方向の登山道。
閉じられた苔の同門方向の登山道だと思うのですが,その方向に白いペンキが塗られた石が連続して置かれているのはなぜなのでしょう。
2016年06月06日 07:54撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閉じられた苔の同門方向の登山道だと思うのですが,その方向に白いペンキが塗られた石が連続して置かれているのはなぜなのでしょう。
932m峰への分岐を通過。
2016年06月06日 07:58撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932m峰への分岐を通過。
2
932m峰への急登の始まり。
2016年06月06日 08:04撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932m峰への急登の始まり。
932m峰到着。
ケルンにも標識が固定されていました。
2016年06月06日 08:15撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932m峰到着。
ケルンにも標識が固定されていました。
1
少し休憩して,東山に向かいます。
2016年06月06日 08:27撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し休憩して,東山に向かいます。
1
分岐を通過。
2016年06月06日 08:42撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を通過。
東山は中央に見えるピーク。
足元が滑るので,地味に疲れてきます。
2016年06月06日 08:47撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山は中央に見えるピーク。
足元が滑るので,地味に疲れてきます。
東山へ,あと少し。
2016年06月06日 08:56撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山へ,あと少し。
東山到着。
相変わらず虫が飛んできますが,数は少ない。
2016年06月06日 09:05撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東山到着。
相変わらず虫が飛んできますが,数は少ない。
6
分岐まで下って,苫小牧市街地方向です。
手前のぽっかりとした雲がいい雰囲気です。
2016年06月06日 09:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐まで下って,苫小牧市街地方向です。
手前のぽっかりとした雲がいい雰囲気です。
下山方向。
登山者が続々と上がってきています。
2016年06月06日 09:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向。
登山者が続々と上がってきています。
1
霧が晴れて,すっきりと支笏湖が望めます。
2016年06月06日 09:27撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が晴れて,すっきりと支笏湖が望めます。
3
登りでは気が付かなかったコメバツガザクラ。
2016年06月06日 09:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りでは気が付かなかったコメバツガザクラ。
6
ウコンウツギの奥に支笏湖。
2016年06月06日 09:41撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウコンウツギの奥に支笏湖。
9
イソツツジが開き始めています。
2016年06月06日 09:43撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イソツツジが開き始めています。
5
スポットライトを浴びたように見えるマイズルソウ。
2016年06月06日 09:45撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スポットライトを浴びたように見えるマイズルソウ。
3
駐車場に到着。
満車でした。
2016年06月06日 09:49撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。
満車でした。
3

感想/記録

神奈川から戻って最初の山は,昼には自宅戻りたいということもあって,早出で樽前山にしました。
外輪の一周は反時計回りが多いのですが,今回は時計回りを選択してみました。遠望も利き,進行方向に見える景色が時計回りならではと思えるものもあり,この選択は正解だったようです。
天気が良く,歩き出しは少し強かった風も西山を通過後は収まり,汗を強くはかかないように,のんびりとした外輪歩きを楽しみました。早朝の支笏湖は霧に全面を覆われ白い支笏湖が独特の風情を醸し出していましたが,932m峰では霧が晴れかかり,湖面がところどころ顔を出し,白い霧と湖面のブルーの対比がきれいでした。
東山につくまではあまり人と会うこともなく静かな山歩きでしたが,東山からの下山途中は多くの方とスライド。駐車場について,すでに満車状態でしたし,5合目に下る途中でも数台の車とすれ違いました。平日(月曜日)にも拘わらす,その人出にやや驚きました。
訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ツガザクラ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ