ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891690 全員に公開 ハイキング丹沢

デジカメころりん、西丹沢大杉山〜ヤブ沢ノ頭〜箒沢

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー sanpooyaji
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
18分
合計
8時間13分
Sスタート地点08:1110:24大杉山11:36橅ノ平11:45弥七沢ノ頭(ヤシチ沢ノ頭・トキオ山)12:32箒沢乗越(箒沢ブッコシ)13:02穴ノ平沢ノ頭(アナノ平ノ頭)13:2014:55ヤブ沢ノ頭16:23箒沢公園橋16:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルート上に表示板、方向板はありません。コンパスを使っての地図読みをきちんとしないといけないコースです。
目印となる紫テープは今回のコース上にあり、大変助かりました。黄色テープも数カ所、木に巻きつけてありました。赤テープ、青テープは林業関係者のものと思ってください。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

中川温泉入り口からスタートです。
2016年06月04日 08:11撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中川温泉入り口からスタートです。
道なりに進んで行き、新湯之澤橋を渡ります。
2016年06月04日 08:14撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道なりに進んで行き、新湯之澤橋を渡ります。
この建物を目印に右へ曲がります。
2016年06月04日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この建物を目印に右へ曲がります。
魚山亭を左に見て、草むらの右に進みます。
2016年06月04日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚山亭を左に見て、草むらの右に進みます。
取り付きの目印、ドラム缶がありました。
2016年06月04日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きの目印、ドラム缶がありました。
取り付きから紫テープも始まります。
2016年06月04日 08:31撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きから紫テープも始まります。
馬草山の尾根に乗っかりました。
2016年06月04日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬草山の尾根に乗っかりました。
石魯です。造りは立派です。
2016年06月04日 08:45撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石魯です。造りは立派です。
なんとなく道になっています。登山道を塞ぐ倒木も多いです。
2016年06月04日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなく道になっています。登山道を塞ぐ倒木も多いです。
気持ちの良い平らな道です。
2016年06月04日 09:07撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い平らな道です。
片側が崩れている箇所にも出会います。
2016年06月04日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片側が崩れている箇所にも出会います。
ザレた斜面にロープがかかっています。
2016年06月04日 09:38撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた斜面にロープがかかっています。
振り返れば世附権現山。
2016年06月04日 09:41撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば世附権現山。
柵越えの脚立がありましたが、右側を歩くので、スルーです。
2016年06月04日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵越えの脚立がありましたが、右側を歩くので、スルーです。
ヤセ尾根が出てきました。
2016年06月04日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根が出てきました。
ヤマツツジが咲いていました。この写真の後に、デジカメが転がり落ちていきました。あ〜っ!
2016年06月04日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが咲いていました。この写真の後に、デジカメが転がり落ちていきました。あ〜っ!
1
落ちたデジカメを拾いに!やった!見つかった!落ちてきた谷を見上げた写真です。
2016年06月05日 09:51撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたデジカメを拾いに!やった!見つかった!落ちてきた谷を見上げた写真です。
ここからデジカメが転がり落ちました。落ちた拍子か、画面の右下に日付がついてしまいました。これ以後、気がつくまで写真に日付が写り込んでいます。
2016年06月04日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからデジカメが転がり落ちました。落ちた拍子か、画面の右下に日付がついてしまいました。これ以後、気がつくまで写真に日付が写り込んでいます。
1
気をとりなおして進んでいくと、木の階段が出てきました。このルートを決めた時に参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。
2016年06月04日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気をとりなおして進んでいくと、木の階段が出てきました。このルートを決めた時に参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。
杉が多すぎの大杉山山頂はもうすぎです。
2016年06月04日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉が多すぎの大杉山山頂はもうすぎです。
大杉山に到着しました。手書きの山名板はまだ新しそうです。
2016年06月04日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉山に到着しました。手書きの山名板はまだ新しそうです。
2
水源森林の表示板、なぜかホットします。
2016年06月04日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源森林の表示板、なぜかホットします。
大杉山から北山稜コースを進みます。
2016年06月04日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大杉山から北山稜コースを進みます。
845メートルのピークです。
2016年06月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
845メートルのピークです。
1
ヤセ尾根ですが、気持ちのよい稜線歩きです。
2016年06月04日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根ですが、気持ちのよい稜線歩きです。
何かを飲み込んだ木。この木も参考にさせていただいた記録に出ていた場所のものです。
2016年06月04日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何かを飲み込んだ木。この木も参考にさせていただいた記録に出ていた場所のものです。
この写真も参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。(拝借ごめんなさい)
2016年06月04日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真も参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。(拝借ごめんなさい)
橅ノ平だと思います。
2016年06月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橅ノ平だと思います。
またまた、この写真も参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。(拝借ばかりでごめんなさい)
2016年06月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた、この写真も参考にさせていただいた記録に出ていた場所です。(拝借ばかりでごめんなさい)
弥七沢ノ頭。なぜかここを穴ノ平沢ノ頭と取り違えて、右往左往してしまいました。
2016年06月04日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥七沢ノ頭。なぜかここを穴ノ平沢ノ頭と取り違えて、右往左往してしまいました。
登り返しで見つけた銀竜草。
2016年06月04日 12:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しで見つけた銀竜草。
1
ここが穴ノ平沢ノ頭だったと思います。弥七沢ノ頭から1時間以上もかかりました。
2016年06月04日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが穴ノ平沢ノ頭だったと思います。弥七沢ノ頭から1時間以上もかかりました。
緑が優しい。癒されます。
2016年06月04日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が優しい。癒されます。
2
石棚山西尾根登山道に向かって歩きます。ヤセ尾根の連続です。
2016年06月04日 13:23撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山西尾根登山道に向かって歩きます。ヤセ尾根の連続です。
「の」の字のように曲がった木がありました。自然はいろんな造形物を作りますね。
2016年06月04日 13:43撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「の」の字のように曲がった木がありました。自然はいろんな造形物を作りますね。
岩場の登りが現れました。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の登りが現れました。
石棚山西尾根登山道は目の前です。紫テープが心強かったです。ありがとうございました。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山西尾根登山道は目の前です。紫テープが心強かったです。ありがとうございました。
石棚山西尾根登山道はすぐそこです!
1980年01月01日 00:01撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山西尾根登山道はすぐそこです!
石棚山西尾根登山道に出ました。振り返れば登ってきたルート、登山道からは道には見えません。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山西尾根登山道に出ました。振り返れば登ってきたルート、登山道からは道には見えません。
2
ヤブ沢ノ頭まで歩きました。山名表示はなかったです。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢ノ頭まで歩きました。山名表示はなかったです。
山ツツジが綺麗でした。
2016年06月04日 13:02撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ツツジが綺麗でした。
1
箒沢へ向かってひたすら下ります。
2016年06月04日 15:38撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒沢へ向かってひたすら下ります。
沢音が聞こえれば、傾斜が緩みます。
2016年06月04日 15:55撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢音が聞こえれば、傾斜が緩みます。
黄色の方向板が目に鮮やかで。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の方向板が目に鮮やかで。
広い河原を進んで。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い河原を進んで。
4段のハシゴを降りて。
2016年06月04日 16:09撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4段のハシゴを降りて。
橋を渡ればもうすぐ。
1980年01月01日 00:00撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ればもうすぐ。
箒沢公園橋を渡ればバス停はあとわずか。
2016年06月04日 16:22撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒沢公園橋を渡ればバス停はあとわずか。
バス停に到着しました。ほっとしたのもつかの間、2分後増発便のバスがやってきました。
2016年06月04日 16:23撮影 by Canon PowerShot SX150 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停に到着しました。ほっとしたのもつかの間、2分後増発便のバスがやってきました。
1
今回の絵日記です。
2016年06月06日 19:13撮影 by PX-1700F, SEIKO EPSON CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の絵日記です。
6
撮影機材:

感想/記録

デジカメころりん、谷側へ。
落としてしまったカメラを探しに30メートルほど下り、泥だらけになったカメラを発見!やった〜!見つけた時はそれは興奮しました。奇跡としか思えないほどのカメラとの邂逅。日付機能がダメージを受けただけで写真を撮ることに支障はありませんでした。これで山行を続けられる、そう思いました。
今回は地図読み山行です。結果的には箒沢公園へ下山できましましたが、弥七沢ノ頭と穴ノ平沢ノ頭を取り違えたという致命的な失敗をおかしてしまい、時間をかなりロスしてしまいました。まだまだ未熟な出来で、反省しきりです。
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ