ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892132 全員に公開 沢登りアジア

香港で大人の水遊び♪雙鹿石潤(Double Deer Waterfall)

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー kennogu, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
MTR Central→Diamond Hill
バス96R Diamond Hill→Pak Tam Chung
【復路】
バス94 Lady Maclehose→Sai Kung
緑のミニバス Sai Kung→Choi Hung
MTR Choi Hung→Central
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
0分
合計
3時間48分
SPak Tam Chung10:1614:04Luk Wu Country Trail終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコースの部分は危険箇所なし。沢の部分は経験者と行った方が良いでしょう。
その他周辺情報「西貢」の街の運動場で着替え、シャワー可です。海鮮の店多数あり。トイレ、売店はスタート地点のPak Tam Chungにあります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

[10:22] まずは牛と一緒にスタート。
2016年06月05日 11:22撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:22] まずは牛と一緒にスタート。
[10:34] 雨に濡れた野牡丹が綺麗
2016年06月05日 11:34撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:34] 雨に濡れた野牡丹が綺麗
[10:35] 登山道は破線ルートですが結構しっかりした道。
2016年06月05日 11:35撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:35] 登山道は破線ルートですが結構しっかりした道。
[10:40] 小高い丘で休憩。手前が貯水ダムその向こうが海です。
2016年06月05日 11:40撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:40] 小高い丘で休憩。手前が貯水ダムその向こうが海です。
1
[10:53] 目指す山頂が見えてきました。
2016年06月05日 11:53撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[10:53] 目指す山頂が見えてきました。
[11:03] 大枕蓋という標高408mの山に到着。
2016年06月05日 12:03撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:03] 大枕蓋という標高408mの山に到着。
3
[11:04] 山頂からHigh Island Reservoir
2016年06月05日 12:04撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:04] 山頂からHigh Island Reservoir
[11:04] 山頂から西貢の街が右側に見えます。
2016年06月05日 12:04撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:04] 山頂から西貢の街が右側に見えます。
[11:07] 貯水ダムの向こうには香港島の東端がうっすら見えます。
2016年06月05日 12:07撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:07] 貯水ダムの向こうには香港島の東端がうっすら見えます。
[11:07] 山頂から見えるとんがり山が名峰シャープピーク。香港の槍ヶ岳です。
2016年06月05日 12:07撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:07] 山頂から見えるとんがり山が名峰シャープピーク。香港の槍ヶ岳です。
[11:29] 下山開始。今日のメンバーはトレイルランナーなので写真撮っているとアッという間に離されます。
2016年06月05日 12:29撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:29] 下山開始。今日のメンバーはトレイルランナーなので写真撮っているとアッという間に離されます。
[11:43] 入渓地点に到着。
2016年06月05日 12:43撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:43] 入渓地点に到着。
1
[11:44] こんな感じの渓相です。
2016年06月05日 12:44撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:44] こんな感じの渓相です。
[11:51] 最初の滝は左岸を高巻きます
2016年06月05日 12:51撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:51] 最初の滝は左岸を高巻きます
[11:51] リボンはないが何となくルートは判る
2016年06月05日 12:52撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:51] リボンはないが何となくルートは判る
[11:53] 高巻き中
2016年06月05日 12:53撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:53] 高巻き中
[11:53] 高巻いた後の先頭が見えます。
2016年06月05日 12:53撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:53] 高巻いた後の先頭が見えます。
[11:57] 途中はザブザブ
2016年06月05日 12:57撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[11:57] 途中はザブザブ
[12:09] この辺は余裕でクリア
2016年06月05日 13:09撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:09] この辺は余裕でクリア
[12:09] 快適な遡行が続きます
2016年06月05日 13:09撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:09] 快適な遡行が続きます
[12:11] 本日一番大きな滝に到着。どこ登ろう?と考え中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:11] 本日一番大きな滝に到着。どこ登ろう?と考え中
[12:11] 3段になっていて上段は右岸を登ります
2016年06月05日 13:11撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:11] 3段になっていて上段は右岸を登ります
[12:11] ここで記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:11] ここで記念撮影
[12:17] プールでくつろぎの時間
2016年06月05日 13:17撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:17] プールでくつろぎの時間
1
[12:23] 行けるかな?先頭が見極めてます。
2016年06月05日 13:23撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:23] 行けるかな?先頭が見極めてます。
[12:29] 滝の上から結構な高度感です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:29] 滝の上から結構な高度感です
[12:29] ラストが登ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:29] ラストが登ってきました
[12:33] 水遊びの滝が見えてきました。
2016年06月05日 13:33撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:33] 水遊びの滝が見えてきました。
[12:39] 行くか?
2016年06月05日 13:39撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:39] 行くか?
[12:39] 帽子取りに戻る
2016年06月05日 13:39撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:39] 帽子取りに戻る
[12:40] ドボンしない人はくつろぎのひと時
2016年06月05日 13:40撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:40] ドボンしない人はくつろぎのひと時
[12:40] ご覧の通り濡れて滑ります
2016年06月05日 13:40撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:40] ご覧の通り濡れて滑ります
[12:41] 私も行きま〜す
2016年06月05日 13:41撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:41] 私も行きま〜す
[12:41] ナイスダイブ
2016年06月05日 13:41撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:41] ナイスダイブ
[12:57] 水遊びの後でここが今日一番の難所。
2016年06月05日 13:57撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[12:57] 水遊びの後でここが今日一番の難所。
[13:05] 最後の1人が渡りきりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:05] 最後の1人が渡りきりました。
[13:08] 下が水遊びした滝壺。上から見ると怖い。
2016年06月05日 14:08撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:08] 下が水遊びした滝壺。上から見ると怖い。
[13:08] 難所をクリアしてホッと一息
2016年06月05日 14:08撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:08] 難所をクリアしてホッと一息
[13:12] 最後の滝に1つ手前。左岸を行きます。
2016年06月05日 14:12撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:12] 最後の滝に1つ手前。左岸を行きます。
[13:19] 本日最後の滝に到着。一般道から下りてきた地元のハイカーがいました。
2016年06月05日 14:19撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:19] 本日最後の滝に到着。一般道から下りてきた地元のハイカーがいました。
[13:25] 地元のハイカーに撮っていただきました。さらに先へも行けますが本日はここで終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:25] 地元のハイカーに撮っていただきました。さらに先へも行けますが本日はここで終了。
1
[13:42] 登り返すのが大変なので鹿湖カントリートレイルで下山します。
2016年06月05日 14:42撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[13:42] 登り返すのが大変なので鹿湖カントリートレイルで下山します。
[14:48] 海鮮レストラン、オーダー面倒なのでセットを注文。
2016年06月05日 15:48撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:48] 海鮮レストラン、オーダー面倒なのでセットを注文。
[14:48] 待ってましたビール
2016年06月05日 15:48撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:48] 待ってましたビール
[14:54] 茹でた海老
2016年06月05日 15:54撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[14:54] 茹でた海老
[15:04] ホタテと春雨
2016年06月05日 16:04撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:04] ホタテと春雨
[15:06] ロブスター焼きそば
2016年06月05日 16:06撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:06] ロブスター焼きそば
[15:18] 追加注文のイカの揚げ物
2016年06月05日 16:18撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:18] 追加注文のイカの揚げ物
[15:51] 名物のパン屋で行列に接続する。
2016年06月05日 16:51撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:51] 名物のパン屋で行列に接続する。
[15:57] デザートはメロンパン。焼きたてのホカホカ。
2016年06月05日 16:57撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
[15:57] デザートはメロンパン。焼きたてのホカホカ。

感想/記録

★本日のコース★
香港北東部の「西貢」にある「大枕蓋」(Tai Cham Koi)という標高408mの山と「雙鹿石潤」(Double Deer Watarfall)という沢を組み合わせてコース設定しました。過去アドベンチャーレースのコースになった場所です。夏の香港は暑いので単調な昼間の山歩きだと結構しんどい思いをしますが沢を組み合わせれば涼しげなハイキングを楽しめます。

★行動の記録★
スタートの「Pak Tam Chung」は様々なレースのスタート地点となっているMaclehose Trailの始点です。セクション1はHigh Land Reservoirという貯水ダムの周囲を周りますが今日のコースはその手前から山に入ります。破線ルートですが道は明瞭。本日の最高峰にはアッという間に到着します。大休止の後下山開始。鹿湖カントリートレイルに合流します。本日のメンバーはトレイルランナーなので下りは速い。のんびり写真撮っているとアッという間に置いていかれます。

スタートから1時間半で入渓地点に到着。最初はゆるやかな流れをジャブジャブ遡行します。最初の滝は左岸を高巻きます。2番目の滝は3段になっていて2段目の上から水流を渡り、右岸を登ります。高度感ありますがホールド、スタンス豊富で見た目ほど難しくはない。2段目の下の釜で水遊びしました。3番目の滝は釜が深いので滝壺ダイブで遊びました。通過は右岸をトラバースしますがここが難所。以前はロープが設置されていたようですが今は残置の支点があるのみ。スタンス、ホールド共に乏しく。女性陣は次のホールドに手が届かず苦労してました。本来はロープが必要な場所です。4番目の大きな滝は左岸に高巻きの道があります。ここを登りきった所に地元のハイカーが寛いでました。まだ先にも行けそうですが本日の沢はここで終了。途中誰にも出会わなかったのでハイカーにお願いして全員で記念撮影。その後左岸の急登をこなすとハイキングコースに飛び出します。

帰りはトレランモードで飛ばします。(本当は早くビールが飲みたいだけ)コースタイムの3分の1くらいの時間でバス停に到着。バスがすぐに来て「西貢」の街へ戻ります。陸上競技場の更衣室で着替えの後、お楽しみの海鮮。注文面倒なのでセットを頼みビールで喉を潤します。締めはメロンパン。海鮮のすぐ近くに店があり焼きたてのメロンパンを販売しています。これが絶品でした。

★感想★
先月に続きトレラン仲間と沢で楽しい水遊び。今日も一部手強い部分がありました。アドベンチャーレースのコースと聞いていたので簡単だと思っていましたがそうでもない。過去に事故もあったようでヘルメットと基本的なギアは持参した方が良さそうです。
訪問者数:228人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 右岸 左岸 高巻き ヘルメット クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ