ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892139 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

慎太郎祭

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー seki-chan, その他メンバー1人
天候おおむね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
連休や夏休みは扇沢の駐車場は激込だが、今回は大町市営駐車場がいっぱいだった程度で、駅前の有料駐車場はガラガラだった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間7分
休憩
1時間59分
合計
4時間6分
S扇沢駅07:5008:04登山口08:0708:48大沢小屋08:5409:10慎太郎祭会場10:4511:00大沢小屋11:0511:40登山口お汁粉11:5011:56扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
慎太郎の姪である義母を慎太郎祭に一度連れて行こうということで計画。が、高齢であるため、山道は歩けないということで、代参ということで妻と2人で参加した。針ノ木峠に登ろうとも思ったが、帰りが遅くなるので、取りやめた。
コース状況/
危険箇所等
危険な個所はない。もちろん初歩的な登山、ハイキングの歩き方は必要。
その他周辺情報大町温泉郷、『薬師の湯』の割引券を受け付け時にもらえる。汗を流すにはそこがいいかな。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

市営駐車場から扇沢駅への近道。
2016年06月05日 07:45撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市営駐車場から扇沢駅への近道。
祭りの受付。2,000円也。
2016年06月05日 07:56撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祭りの受付。2,000円也。
祭り参加者はこのバスで登山道入り口まで運んでくれる。ほんの2,3分だけど。
2016年06月05日 07:56撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祭り参加者はこのバスで登山道入り口まで運んでくれる。ほんの2,3分だけど。
ここが入り口。集まって注意を受ける。
2016年06月05日 08:07撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが入り口。集まって注意を受ける。
さあ、歩き出し。
2016年06月05日 08:07撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、歩き出し。
曇りのち晴れの天気予報だったが、まあまあの天気。青空が多い。
2016年06月05日 08:14撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りのち晴れの天気予報だったが、まあまあの天気。青空が多い。
堰堤前で少し登る。
2016年06月05日 08:25撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤前で少し登る。
はしごで堰堤をのっこす。一人一人で登るので混雑。
2016年06月05日 08:28撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はしごで堰堤をのっこす。一人一人で登るので混雑。
丸太の橋で沢を渡った後に一登り。
2016年06月05日 08:30撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太の橋で沢を渡った後に一登り。
もう、大澤小屋。
2016年06月05日 08:48撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、大澤小屋。
小屋前のレリーフ。
2016年06月05日 08:48撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前のレリーフ。
これが百瀬新太郎氏。戦後、これからという時に亡くなったのが、残念だった。
2016年06月05日 08:48撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが百瀬新太郎氏。戦後、これからという時に亡くなったのが、残念だった。
大澤小屋の中。
2016年06月05日 08:49撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大澤小屋の中。
新緑の中を歩く。
2016年06月05日 08:54撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の中を歩く。
安全のため、これでもかって言う位、トレースのビニールがついている。
2016年06月05日 09:01撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全のため、これでもかって言う位、トレースのビニールがついている。
沢筋のゴーロに降りて歩く。いつもは雪渓の上のはず。
2016年06月05日 09:03撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋のゴーロに降りて歩く。いつもは雪渓の上のはず。
会場から、針の木雪渓を見上げる。
2016年06月05日 09:11撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会場から、針の木雪渓を見上げる。
慎太郎氏のお孫さん。
2016年06月05日 09:35撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎太郎氏のお孫さん。
1
とにかく雪が少ない。
2016年06月05日 10:06撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく雪が少ない。
早稲田大学の遭難慰霊のレリーフ。岩に直接掘っている。
2016年06月05日 10:32撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早稲田大学の遭難慰霊のレリーフ。岩に直接掘っている。
1
新越山荘。もう完全に雪から出ている。
2016年06月05日 10:33撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新越山荘。もう完全に雪から出ている。
帰りはのんびりと鼻を見ながら下山。
2016年06月05日 11:03撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはのんびりと鼻を見ながら下山。
一度舗装林道に出たのに、また山道に入るっていうのも、ちょっとショックなんだなぁ、これが。
2016年06月05日 11:52撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度舗装林道に出たのに、また山道に入るっていうのも、ちょっとショックなんだなぁ、これが。
人が少なくて、静かな扇沢に到着。
2016年06月05日 11:56撮影 by NIKON D7100, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が少なくて、静かな扇沢に到着。
撮影機材:

感想/記録

針の木に行くのは約40年ぶり。天気も曇りということだったが、予報が良い方向に外れ、好天で暑かった。針ノ木峠に登るのは諦めたが、『針の木』が『はんのき』から来たとか、山岳博物館友の会の方たちの案内でのんびりと下山した。高所なので、山菜がまだあって、採ってみたかったが、国立公園ということもあり諦めた。新緑のハイキングを楽しむことができた。
訪問者数:206人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪渓 ゴーロ 堰堤 近道 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ