ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892493 全員に公開 ハイキング鳥海山

鳥海山 象潟コース

日程 2016年06月05日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山starlight100, その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日の飯豊山より移動。約230Km!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
29分
合計
7時間50分
S鉾立06:5008:10御浜小屋08:1509:50七五三掛10:0011:36鳥海山山頂11:5013:36御浜小屋14:40鉾立G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありませんが、千蛇谷の分岐で迷いました。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ サングラス ストック アイゼン ピッケル
共同装備 地図(地形図) GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 カメラ ロープ

写真

ガスと風のため、車内でしばらく待機。
意を決して?6:50に鉾立登山口を出発。
ガスで真っ白のため、写真は少なめです。
2016年06月05日 06:50撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスと風のため、車内でしばらく待機。
意を決して?6:50に鉾立登山口を出発。
ガスで真っ白のため、写真は少なめです。
1
登山口を出発してから1時間45分経過。御田ヶ原。まだガスってます。
2016年06月05日 08:39撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口を出発してから1時間45分経過。御田ヶ原。まだガスってます。
3
11:40 ガスも晴れました!そして、無事山頂へつきました〜♪
2016年06月05日 11:42撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40 ガスも晴れました!そして、無事山頂へつきました〜♪
9
山頂直下の岩場の間にたくさん雪がつまっていて、岩のそばには大きな空洞が・・・。慎重に下山します。
2016年06月05日 11:58撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場の間にたくさん雪がつまっていて、岩のそばには大きな空洞が・・・。慎重に下山します。
4
大きな岩なので、小2のムスコ、足が届きません。
でも岩場は大好き♪
2016年06月05日 12:13撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩なので、小2のムスコ、足が届きません。
でも岩場は大好き♪
5
千蛇谷より、大好きなシリセードを開始♬
2016年06月05日 12:45撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷より、大好きなシリセードを開始♬
7
ここは千蛇谷への新道です。
2016年06月05日 12:57撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは千蛇谷への新道です。
4
行きに迷った千蛇谷への新道の分岐です。
ここより下にある旧道への分岐もこれと同じ道標が立っています。
2016年06月05日 13:02撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きに迷った千蛇谷への新道の分岐です。
ここより下にある旧道への分岐もこれと同じ道標が立っています。
2
賽の河原まで、さらにシリセード下山♬
2016年06月05日 13:55撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原まで、さらにシリセード下山♬
2
14:40 鉾立登山口に帰ってきました。
飯豊山&鳥海山、たのしかった!

2016年06月05日 14:53撮影 by Canon IXY 90F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:40 鉾立登山口に帰ってきました。
飯豊山&鳥海山、たのしかった!

10

感想/記録

前日の飯豊山を19:00ごろ出発し、途中のパーキングエリアで仮眠をとりながら移動。鉾立に到着したのが、6:00過ぎでした。鉾立ビジターセンターの駐車場はガスで真っ白。おまけに風が強く、しばらく車内で待機していました。
ふと隣の車を見ると、ヤマレコで山行記録を拝読させていただいているunchikutareo様ご家族ではありませんか!ずうずうしくもお声かけさせていただきました。ガスの中、nchikutareo様ご家族、出発されるということ。こちらもムスコを起こし準備をはじめました。

登山口から、幻想的なガスの中を秋田県の高校山岳部のさわやかな若者たちと前後しながら七五三掛まで登りました。高校生の大会があったようで、七五三掛まではデポ機が雪面にたくさん置いてあり、ガスの中でも道に迷う心配はありませんでした。

当初、七五三掛からは千蛇谷を経由して頂上を目指そうと思っていました。そこで鉄梯子を下り、アイゼン・ザイルをつけ雪渓をトラバースしはじめましたが、ガスの切れ間から下の急斜面が見え、ムスコには危険と判断。七五三掛までもどり外輪山方向へ歩いていきました。するとそこには(旧道分岐より距離にして30mくらい、標高差5mくらいのところに)旧道と同じ道標で、新道への案内があるではありませんか♪新道の整備された道を、千蛇谷へ標高差50mくらい下っていきます。千蛇谷からはガスも晴れ、青空に‼(*^▽^*)! 
頂上直下の最後の岩場で下山されてきたunchikutareo様にお会いし、楽しいお話しをさせていただきました。ムスコもさらにテンションアップ!一気に頂上まで駆け上がっていきました。

下山時には空は晴れ渡り、素晴らしい眺望を楽しみながらの山歩きでした。
鳥海山は遠目に見ても美しい山ですが、山中でも、空の青、新緑、残雪のコントラストが格別です。残りわずかな梅雨入り前にぜひ!

訪問者数:697人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ