ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892905 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160608_風吹岩_七兵衛山

日程 2016年06月08日(水) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間46分
休憩
2分
合計
1時間48分
S岡本八幡神社16:4516:55保久良神社17:09金鳥山17:29風吹岩17:3017:37甲南パノラマ道分岐17:52七兵衛峠17:5317:57七兵衛山18:02打越峠18:16山の神18:33岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
夕方に時間ができたので、いつもの散歩コースの風吹岩に。七兵衛山まで足を伸ばしました。

-----

七兵衛峠(通称)の案内板の地図に書かれているルートのうち、目に付いたもの。これらを見ます限り、この案内板は、少々古いもののようです。
向かって左端、斎場を火葬場と表記しています。
八幡谷の山の神から仏舎利塔の方へ抜けるルートが描かれている。

○横池雄池の下へ伸びる点線
横池雄池の直下は、ハブ谷右俣横池雄池南北路(仮称)のように見えますが、南下した終点が、森林管理歩道(水平道)から木漏れ日広場を通ってここの七兵衛峠までのルートの、森林管理歩道付近に合流しています。この南の合流箇所は、森林管理歩道(水平道)が急カーブしてその西は現在通行禁止になっている箇所です。
この感じでは、ハブ谷右俣横池雄池南北路の南下の途中で南北の谷筋に下りずに、そのまま尾根筋を南下することができれば、このあたりに着きそうです。
今年初めにこのあたりを探索した限りでは、谷筋に下りずに尾根筋を下ることは、藪と茂みに遮られて、困難なようでした。

○横池雌池の下へ伸びる点線
横池雌池の南西端から、木漏れ日広場の方へ下るルートの、鉄塔の手前で右カーブして木の手すり道を下るポイントあたりまで描かれています。この案内板には描かれていない木の手すり道は、近年、有志の方が整備された以前には、記録に見ることがないようです。

○黒五谷を五助ダムの下へ下る点線
黒五峠から打越峠へのルートの途中で芦屋カンツリー倶楽部の南から黒五谷を下ってくるルートが合流したポイントの左手にルートが続いています。斜め十字路のようになっています。この左手に続く部分は、国土地理院地図に描かれているものの、通行した記録をネット上で見ることが少ないルートです。通行を試みて断念した記録もあります。
2012 年 4 月 29 日に通行した記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-185441.html
2016 年 3 月 26 日に黒五谷が住吉側に注ぐところに行った方
http://atom1000.sakura.ne.jp/160326kurogo/160326kurogo.html
2014 年 10 月 17 日に黒五谷が住吉側に注ぐところに行った方
http://sac-report.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-382f.html
2008年 5 月 13 日に黒五谷を住吉川から遡上した方
http://pikku2000.blog64.fc2.com/blog-entry-386.html

○黒五谷を五助ダムの下へ下る点線に打越山の西から北上合流する点線
打越山のすぐ西のこの十字路から北上するルートは、ネット上で存在が示されているものはありません。北上して次いで東進し、打越峠から黒五峠へのルートの途中に西から合流する鉄塔巡視道はあると思われます。

○八幡谷の山の神から西の仏舎利塔への実線
八幡滝第二堰堤の工事の前には、航空写真でルートが確認できます。現在は黄色と茶色の線の接合部に堰堤があり、ここを通った記録で見ることができるものはありません。
この接合部から南下して八幡谷谷筋に戻れば、この案内板には描かれていませんが、八幡谷西巻道(仮称)になるはずです。
コース状況/
危険箇所等
今日は下りました八幡谷(山の神)から打越峠までのルートは、猪が掘り返しているようで、荒れてきています。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 サブザック 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 保険証 携帯 時計 タオル ストック 半袖シャツ

写真

保久良山から金鳥山へ登る途中、北向きの登りの中ほどでやや右カーブするところ、ベンチがある前に、今年も咲き始めました紫陽花。
2016年06月08日 17:03撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保久良山から金鳥山へ登る途中、北向きの登りの中ほどでやや右カーブするところ、ベンチがある前に、今年も咲き始めました紫陽花。
3
金鳥山風吹岩ルート旧鉄塔に残っていました、本山村史の誤りをそのまま伝えている紙片。
2016年06月08日 17:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山風吹岩ルート旧鉄塔に残っていました、本山村史の誤りをそのまま伝えている紙片。
2
風吹岩から眺めます夕方の大阪湾。
2016年06月08日 17:29撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩から眺めます夕方の大阪湾。
4
横池の北、甲南パノラマ道を西進して、七兵衛峠まで来ました。七兵衛峠にあります案内地図板。

七兵衛峠は、近年付けられた通称のようで、この峠にあるこの案内板には、錆びた箇所の上に後から「七兵衛峠」の文字が書かれています。
2016年06月08日 17:53撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横池の北、甲南パノラマ道を西進して、七兵衛峠まで来ました。七兵衛峠にあります案内地図板。

七兵衛峠は、近年付けられた通称のようで、この峠にあるこの案内板には、錆びた箇所の上に後から「七兵衛峠」の文字が書かれています。
1
七兵衛山から眺めます夕日の中の神戸市東灘区。
2016年06月08日 17:57撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七兵衛山から眺めます夕日の中の神戸市東灘区。
6
打越峠から山の神まで下ってきました。
2016年06月08日 18:16撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠から山の神まで下ってきました。
1

感想/記録

あちこちで蜘蛛の巣が顔に絡まりました。昨日のけっこうな降雨の後でしたので、あちこちぬかるんでいて、岩の上はよく滑りました。
訪問者数:173人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ