ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892920 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

岳沢ー奥穂ー西穂 一泊縦走

日程 2016年06月04日(土) 〜 2016年06月05日(日)
メンバー shinnagata
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
1時間0分
合計
6時間30分
S上高地08:0009:20岳沢小屋09:5011:50紀美子平12:0013:50奥穂高岳14:1014:30奥穂高岳山荘
2日目
山行
7時間10分
休憩
30分
合計
7時間40分
奥穂高岳山荘06:3008:20ジャンダルム08:3011:50西穂高岳12:1013:40西穂山荘13:0013:30奥穂高口ロープウェー乗り場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
残雪が所々あり迂回

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック ザックカバー 行動食 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター ヘッドランプ 筆記用具 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ ヘルメット

写真

奥穂から小屋方面に降りる途中、宿の看板があってから直ぐに雪壁がありまだトレースは無く、皆迂回してるようでした。アイゼン履くのが面倒だな、と思い、下から見て右側を降りましたが岩が浮いてたりであまり良くなかった。小屋で聞いたら左側を廻って行くみたいでした。翌日は左を登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂から小屋方面に降りる途中、宿の看板があってから直ぐに雪壁がありまだトレースは無く、皆迂回してるようでした。アイゼン履くのが面倒だな、と思い、下から見て右側を降りましたが岩が浮いてたりであまり良くなかった。小屋で聞いたら左側を廻って行くみたいでした。翌日は左を登りました。
3
奥穂側から今回の目標の一つ、結局正面を直登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂側から今回の目標の一つ、結局正面を直登。
8

感想/記録

初めての奥穂ー西穂ルート。
雪山、クライミング、アイス、ミックスとこの数年続けてるので単独で行ってみました。無理そうなら引き返すつもりでしたが、なかなか楽しく進めました。
天気予報は1週間前から二転三転、穂高に来るか、南アにするかなかなか決断出来ませんでしたが、金曜の時点で土曜日は晴れ、日曜は一時雨とあったので計画通り穂高にしました。結果土曜の夜中に山頂付近雨・雪が降りましたが特に影響が出るほどでは無かったので良かったです。
今年は暖かいのか雪はほとんど残っていなく、重太郎新道の後、吊尾根で1度だけアイゼンを付けました。
装備もそれなりの冬を想定しましたが、好天に恵まれ早朝以外半袖でした。
登山を始めた頃のあこがれジャンダルムにも行けたので良かったです。
今度は西穂側から行きたいと思います。
訪問者数:697人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

アイゼン 直登 ジャンダルム 吊尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ