ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893120 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

五勇谷を遡り五勇山へ 烏帽子岳からモハチ谷を下る

日程 2016年06月09日(木) [日帰り]
メンバー kokusyou
天候曇りのち雨、そして晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
Sスタート地点08:3015:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
樅木林道ゲート前8:30〜五勇谷取付点9:20〜縦走路出会い11:10〜五勇山11:20〜12:20烏帽子岳12:50〜五勇谷林道14:50〜ゲート前15:10
コース状況/
危険箇所等
このルートはほとんどの登山者が歩かないので危険な箇所が多数あります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

五勇谷の取付点
2016年06月09日 09:20撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五勇谷の取付点
五勇谷
2016年06月09日 09:40撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五勇谷
縦走路出会い付近。この標識で本当に助かりました。
2016年06月09日 11:18撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路出会い付近。この標識で本当に助かりました。
オオヤマレンゲ
2016年06月09日 12:09撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲ
1
烏帽子岳頂上にあった焼酎が半分はいった上パック。
一体なにを考えているんだ!
2016年06月09日 12:43撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳頂上にあった焼酎が半分はいった上パック。
一体なにを考えているんだ!
モハチ谷に向かってシャクナゲの群落を下る
2016年06月09日 12:50撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モハチ谷に向かってシャクナゲの群落を下る
モハチ谷の岩場
2016年06月09日 13:13撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モハチ谷の岩場
モハチ谷の沢の水が流れ始める
2016年06月09日 13:58撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モハチ谷の沢の水が流れ始める
モハチ谷と五勇谷との合流地点
2016年06月09日 14:37撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モハチ谷と五勇谷との合流地点
五勇谷林道への登りあがった地点
2016年06月09日 14:49撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五勇谷林道への登りあがった地点
撮影機材:

感想/記録

1 1998年に熊本日日新聞社から発行された「熊本百名山」に「五勇山・烏帽子岳」を執筆された民俗学者で今は亡き江口司さんが辿ったルートを歩くことにしました。
2 今まで2回ほど五勇谷経由で登りましたが、いつも五勇山と烏帽子岳の縦走路の中間あたりに出てしまってうまくいきませんでした。また、烏帽子谷頂上からモハチ谷経由で下りたこともありませんでした。
3 出発点は樅木林道五勇谷橋手前のゲート。ゲートから150mほど行った所に国見岳登山口の標識があり、そこを右折して五勇谷林道に入り、50分位歩いて急な右カーブがある砂防ダムの右側が五勇谷の取付点です。
4 五勇谷ルートの詳細
砂防ダム9:20〜第1回沢分岐(右)9:35〜第2回沢分岐(左)9:55〜第3回沢分岐(左)10:20〜第3回沢分岐から直ぐ右に分岐〜沢に沿って登る〜苔むした岩がゴロゴロある〜スズタケが現れはじめる〜縦走路11:20
5 縦走路には出たが、五勇山の手前か、過ぎたあたりか見当がつかなかったので、とりあえず右に行ったところ小さな白い標識があったので五勇山の手前であることがわかった。標識には鉛筆で「助かります」と書かれていたが、私も本当に助かりました。10分程で五勇山に到着。
6 五勇山から烏帽子岳の縦走路は、スズタケが覆いかぶさるところが多く雨も降っていたので、沢歩きの途中雨具を着たのが正解でした。
7 烏帽子岳頂上からモハチ谷を下りるのは雨が降っていたので迷いましたが、五勇谷の沢登りがうまくいったので実行することにしました。
8 最初はシャクナゲの群落をかきわけながら、次に急斜面のガレ場、ザレ場、岩場と何でもありの危険地帯を通り、40分程で沢に水が流れ始めましたが、渡渉する度に岩が滑り多少ケガもしました。
9 最後に、五勇谷は大自然が素晴らしく何回でも行きたいルートですが、モハチ谷は今までの沢歩きの中で最も危険なルートでした。単独行はよしたほうがいいと思います。
訪問者数:141人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ