ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893417 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

【古賀志山】の裏側を探検(チャリ使用)

日程 2016年06月10日(金) [日帰り]
メンバー K-azm
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇都宮森林公園駐車場 トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間51分
休憩
0分
合計
2時間51分
S赤川ダム駐車場14:0114:09古賀志山・北コース登山口16:50古賀志山・北コース登山口16:52赤川ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
舗装林道はチャリで走りました。
各林道の終点地点からは踏み跡があれば少し歩いてみました。
今日走った林道と取り付きから歩いた登山道?には危険な箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料水 地図 コンパス GPS

写真

今回はあちこち探検したいのでチャリ持ってきました(笑)
しかしこの時間... たっぷり寝てきました!
2016年06月10日 14:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はあちこち探検したいのでチャリ持ってきました(笑)
しかしこの時間... たっぷり寝てきました!
5
林道より分岐1本目の終了地点 倒木の向こうに踏み跡ありましたので少し登ってみましょう♪
2016年06月10日 14:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道より分岐1本目の終了地点 倒木の向こうに踏み跡ありましたので少し登ってみましょう♪
2
沢が崩壊したような登山道?ですが危険も無く歩きやすいです。
2016年06月10日 14:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が崩壊したような登山道?ですが危険も無く歩きやすいです。
踏み跡しっかりありますね
2016年06月10日 14:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡しっかりありますね
踏み跡はこの後広葉樹林帯へ向かい、地図で確認するとこのまま559Pの稜線に行けると判断し今日は戻ります。
2016年06月10日 14:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡はこの後広葉樹林帯へ向かい、地図で確認するとこのまま559Pの稜線に行けると判断し今日は戻ります。
分岐2本目の最終地点 ここも取り付きの踏み跡ありました。
2016年06月10日 14:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐2本目の最終地点 ここも取り付きの踏み跡ありました。
1
ちょっと歩いてみます。こちらも稜線に向かって続いていそうです。 ここで引き返します。
2016年06月10日 14:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと歩いてみます。こちらも稜線に向かって続いていそうです。 ここで引き返します。
林道本道?の最終地点です。 ここは先日鞍掛山からの尾根縦走の時に下りてきた場所です。 ここから林道を引き返します。
2016年06月10日 15:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道本道?の最終地点です。 ここは先日鞍掛山からの尾根縦走の時に下りてきた場所です。 ここから林道を引き返します。
ゼーゼーいって林道を上っている時に一眼レフで真剣に写真を撮っている方が一人いらっしゃいました。それがこの花でした。?(笑)
2016年06月10日 15:12撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゼーゼーいって林道を上っている時に一眼レフで真剣に写真を撮っている方が一人いらっしゃいました。それがこの花でした。?(笑)
4
林道を分岐して鞍掛尾根方面(さらに奥地)へ向かいます。 林道を倒木が塞いでます。先に道はありましたのでチャリ担いで越えました。
2016年06月10日 15:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を分岐して鞍掛尾根方面(さらに奥地)へ向かいます。 林道を倒木が塞いでます。先に道はありましたのでチャリ担いで越えました。
林道最終地点 ここは分け入った形跡ありませんでした。 引き返し次の林道へ向かいます。
2016年06月10日 15:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道最終地点 ここは分け入った形跡ありませんでした。 引き返し次の林道へ向かいます。
林道を分岐して峠のような箇所を越えてきました。 しっかりした取り付きを発見。登ってみます。
2016年06月10日 15:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を分岐して峠のような箇所を越えてきました。 しっかりした取り付きを発見。登ってみます。
あらすぐに開けた展望地にでました。鞍掛山がよく望めます。
2016年06月10日 15:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらすぐに開けた展望地にでました。鞍掛山がよく望めます。
2
しっかりした踏み跡。そこのピークまで行ってみますね。
2016年06月10日 15:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした踏み跡。そこのピークまで行ってみますね。
ずーっと森林公園方向に踏み跡が続いてました。
2016年06月10日 15:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーっと森林公園方向に踏み跡が続いてました。
1
少し戻って今度は鞍掛尾根方面へ登ってみます。このさき道は木段などでしっかり整備された道になりました。 急登でしたが睡眠時間をパワーに変えてすいすい登っていきます(笑)
2016年06月10日 15:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って今度は鞍掛尾根方面へ登ってみます。このさき道は木段などでしっかり整備された道になりました。 急登でしたが睡眠時間をパワーに変えてすいすい登っていきます(笑)
1
鞍掛山への道標を発見 ここは先日歩いた尾根でしょうきっと(記憶なし) この道標をみて満足です。チャリに向かって下山します。
2016年06月10日 15:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛山への道標を発見 ここは先日歩いた尾根でしょうきっと(記憶なし) この道標をみて満足です。チャリに向かって下山します。
さらに林道の先はなんと行き止まりでした。地形図では点線になっている箇所ですね。ここだけにこの花が咲いていました。 引き返して別の分岐へ向かいます。
2016年06月10日 15:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに林道の先はなんと行き止まりでした。地形図では点線になっている箇所ですね。ここだけにこの花が咲いていました。 引き返して別の分岐へ向かいます。
3
青いテープが張ってありました。 自己責任で注意して進みました m(__)m
2016年06月10日 15:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青いテープが張ってありました。 自己責任で注意して進みました m(__)m
危ない箇所はこれ?
2016年06月10日 16:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危ない箇所はこれ?
いやいや倒木も多数でした...
2016年06月10日 16:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやいや倒木も多数でした...
先に道はありそうでしたのでここでも担ぎです。
2016年06月10日 16:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に道はありそうでしたのでここでも担ぎです。
1
でた先、こちら側にはこの表記が m(__)m
2016年06月10日 16:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でた先、こちら側にはこの表記が m(__)m
別の林道を上って最終地点 ここは踏み跡ありませんでした。 戻ります。
2016年06月10日 16:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の林道を上って最終地点 ここは踏み跡ありませんでした。 戻ります。
本日1本目の林道分岐の手前にありました。規模としては林道というより作業道程度。歩いて進んでみますが途中で引き返します。途中に山中に向けて踏み跡1箇所ありました。そこはちょっと薮っぽかったです。
2016年06月10日 16:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日1本目の林道分岐の手前にありました。規模としては林道というより作業道程度。歩いて進んでみますが途中で引き返します。途中に山中に向けて踏み跡1箇所ありました。そこはちょっと薮っぽかったです。
林道 鞍掛線とありました。現在通行止めのようです。 注意して進んでみます m(__)m
2016年06月10日 16:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道 鞍掛線とありました。現在通行止めのようです。 注意して進んでみます m(__)m
これがみたかった。峠付近に森林公園方面から林道を横断して登山道が鞍掛尾根方面に向かって走ってました。その先が先程の展望地と鞍掛尾根だと思われます。今度歩いてみます。
2016年06月10日 16:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがみたかった。峠付近に森林公園方面から林道を横断して登山道が鞍掛尾根方面に向かって走ってました。その先が先程の展望地と鞍掛尾根だと思われます。今度歩いてみます。
1
林道の先ではまさに工事中でした。見つからないようにUターンして戻ります。m(__)m
2016年06月10日 16:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の先ではまさに工事中でした。見つからないようにUターンして戻ります。m(__)m
1
今日はこの花があちこち林道脇に咲いてましたね。
2016年06月10日 16:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの花があちこち林道脇に咲いてましたね。
3
今日、まず分岐した東屋に戻ってきました。 往きはここを左折して沢の左側を上へ進みました。
2016年06月10日 16:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日、まず分岐した東屋に戻ってきました。 往きはここを左折して沢の左側を上へ進みました。
ちっちゃいダム? 堰堤?
2016年06月10日 16:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちっちゃいダム? 堰堤?
対岸にはいつも登っていく中尾根の東端取り付きの岩が。よくあんな所登っていくな(笑)
2016年06月10日 18:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸にはいつも登っていく中尾根の東端取り付きの岩が。よくあんな所登っていくな(笑)
2
こちらは古賀志山への一般道の北コース入口付近 自己責任で鉄骨を渡るか、少し手前で対岸から歩いてくるようですよ。
2016年06月10日 16:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは古賀志山への一般道の北コース入口付近 自己責任で鉄骨を渡るか、少し手前で対岸から歩いてくるようですよ。

感想/記録
by K-azm

今日は会社が全社一斉有給取得推奨日のため休みでした。← マジです。さぼってないです(笑)

以前から気になっていた近場の古賀志山の裏側に枝分かれして走る舗装の林道。
その各々の最終地点と、そこからきっと山中に入って山や尾根に登れるのではないか? その好奇心を満足させるためチャリは使用しましたが林道全てを巡って確認してきました。

結果、その何箇所かの林道最終地点からは踏み跡もありしっかり歩けることが確認できました。今後この界隈を楽しむ際のバリエーションが増えたと思いました。
まずはあの見晴らしがいいしっかりした踏み跡を辿って鞍掛尾根へ辿り付き、その尾根を歩いて559Pへ。その辺りから下山ルートを探してどこかの林道最終地点へと下りてみたいですね。

このレコ作成中にハイパーVソールが届きました。一部の達者な方々の間で話題になっているグリップ力が凄いという普通のスニーカー?作業靴?(笑) 古賀志山界隈はコースによっては岩場も多数ありますので、このハイパーVを履いてよじ登ってみましょう♪ 楽しみです。

今回は反則技のチャリ使用で申し訳ありませんでしたが、チャリって凄いですね。10Km超えを3時間ですからね。しかし上りは意外と楽ではないですよ。斜度がきつくなると歩いた方がどんなに楽か(笑) 一番軽いギヤにして汗だくでした。でも下りは文句なく楽だし風をきって気持ちいいです。 楽しかったです♪
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/19
投稿数: 562
2016/6/11 12:10
 チャリ探検、いいですね。
 自分も以前、古賀志山を歩き始めたころ、馬蹄形縦走したくて舗装された林道を探検したことあります。自分はチャリは持っていないので、車で回ったのですが、やっぱり小回りがきかず不自由でした。でも、そおおかげで、たいてい林道終点からはふみ跡があるし、迷っても何とかなることがわかり、今は思い切って歩いています。
 古賀志のほか、富屋・篠井アルプス関係も探検したことあります。ここも随分と林道がありますが、何とかなることが分かりました。駐車地も発見できたし。

 それにしても、車では小回りききませんし、駐車にもこまります。チャリは自分、山歩き始めて以来の爐匹Δ靴茲Α購入しようかな?”課題の一つです。
登録日: 2015/3/10
投稿数: 837
2016/6/11 17:38
 お疲れさまです
ホームグラウンドの調査…余念がないですね!!
さすがです(^-^)
自分のホームグラウンドはちょっと遠いので…(笑)少しずつ探検していきたいと思ってます。

自分もチャリ出動させてみようかなぁ〜
登録日: 2013/2/18
投稿数: 238
2016/6/11 18:44
 Re: チャリ探検、いいですね。
akagera02さん こんばんわ。

いきなりですが是非チャリ買って下さい(笑)
体力維持にももってこいです。
正直、坂道上がると山よりキツイです。
また、平地でも長くゆっくり走れば有酸素運動になり心肺が鍛えられます。その場合、遠くまで行けて楽しいです。私はよく山の手に向かい峠を上り静かでメジャーではない蕎麦屋に行くのを楽しんでいます。そして登山と違い下りはヒューって風を切って楽チン&気持ちいいです♪
ただ、登山と違い自分がちゃんとしていればほぼ安全という訳ではなく、私は歩道をゆったり走っていて路地から出てきた車に真横から轢かれたこともあります(痛)

でも外で遊ぶ派にはいいおもちゃだと思います。是非ご検討下さい(笑) 最初は車に容易に積める折り畳み式がよろしいかと。
登録日: 2013/2/18
投稿数: 238
2016/6/11 18:59
 Re: お疲れさまです
taka0129さん こんばんわ。

いえいえここ古賀志山はホームではありません。駆け出しのひょっこです(笑)
古賀志王もいますし、この界隈を歩いているとお詳しそうなご年配の方に多くお会いします。長年そして頻繁に歩いているようです。そしてその諸先輩方々とお話をしていると必ずといっていい程昔はクライミングをかじった事があり、ロープを持ってきており、さらに懸垂下降ができるとの方が多いです。 この界隈は岩場が多いという典型なのでしょうか? 皆さんしっかり技術も持って頼もしい方々です。

まぁ強いて言わせていただけるのであれば私のホームはやはり岩山ですかね(笑) ここならば子供の頃からですから一日の長は感じます。鎖でぶーらぶらです(笑)
そのホームで明日は岩トレに参加させてもらってきます。しっかり覚えて自分のものにしたいと思います! が、記憶力がね~(困)

チャリ勝負ならまだ負けないと思いますよ(笑) 森林公園裏の激坂で勝負ですか(笑)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 倒木 堰堤 東屋 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ