ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 893879 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

梅雨の晴れ間で快晴の横岳、硫黄岳へ (美濃戸口周回)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー Nezimakidori
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口 (八ヶ岳山荘駐車場)。
駐車料金は 500円/1日。
朝 4 時の時点で一番手前の駐車場は結構埋まってましたが、全体が広いので帰ってきた時にもまだ奥の方には空きはありました。
(ここより更に先にある美濃戸山荘までの道はダートですが、車高の低い普通の車でも入っているので、うまく運転すれば底などを擦らずに行けます)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地蔵尾根、横岳周辺はハシゴや鎖場など多数。
技術的には難度は低いですが、人が多い時などは落石に注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

朝 4 時過ぎ、薄明るい中、美濃戸口を出発〜
2016年06月11日 03:59撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝 4 時過ぎ、薄明るい中、美濃戸口を出発〜
車道をあるいて南沢、北沢の分岐へ。
2016年06月11日 04:38撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道をあるいて南沢、北沢の分岐へ。
まだ薄暗い南沢。
2016年06月11日 04:42撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い南沢。
沢沿いにイワカガミ。
2016年06月11日 05:35撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いにイワカガミ。
2
行者小屋から赤岳。
でも、今日はパスします。
2016年06月11日 06:05撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋から赤岳。
でも、今日はパスします。
1
地蔵尾根は階段なども設置してある急登です。
2016年06月11日 06:28撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根は階段なども設置してある急登です。
1
イワヒゲ。
この辺りから高山植物がたくさん見られます。
2016年06月11日 06:38撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワヒゲ。
この辺りから高山植物がたくさん見られます。
7
お地蔵さんまで来れば稜線まであと少し。
2016年06月11日 06:43撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんまで来れば稜線まであと少し。
4
稜線へ到着。
地蔵尾根を登り切って見える稜線からの景色はいつも素晴らしいです。
2016年06月11日 06:50撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へ到着。
地蔵尾根を登り切って見える稜線からの景色はいつも素晴らしいです。
6
富士山。
2016年06月11日 06:52撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山。
11
金峰山など奥秩父の山々も雲海から顔を出してました。
2016年06月11日 06:52撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山など奥秩父の山々も雲海から顔を出してました。
8
中岳、阿弥陀岳も陽を浴びてます。
2016年06月11日 06:51撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳、阿弥陀岳も陽を浴びてます。
8
では、次は横岳へ。
2016年06月11日 06:53撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、次は横岳へ。
5
杣添尾根。
一度登りたいのですが、駐車場があまりないので土日は難しいかな?
2016年06月11日 06:53撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杣添尾根。
一度登りたいのですが、駐車場があまりないので土日は難しいかな?
クモマナズナ。
2016年06月11日 06:58撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クモマナズナ。
3
ミヤマキンバイ。
2016年06月11日 07:01撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
5
振り返って赤岳。
2016年06月11日 07:04撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って赤岳。
8
オヤマノエンドウ。
2016年06月11日 07:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ。
8
稜線の至る所でたくさん咲いてました。
2016年06月11日 07:14撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の至る所でたくさん咲いてました。
5
チョウノスケソウ。
2016年06月11日 07:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウノスケソウ。
7
横岳山頂に到着。
2016年06月11日 07:36撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳山頂に到着。
3
次は硫黄岳です。
2016年06月11日 07:43撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は硫黄岳です。
5
キバナシャクナゲ。
2016年06月11日 07:45撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ。
4
今日は遠くもよく見えて、北アルプスも。
穂高から槍。
2016年06月11日 07:56撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は遠くもよく見えて、北アルプスも。
穂高から槍。
7
硫黄岳の最後の登り。
2016年06月11日 08:07撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の最後の登り。
2
登りの途中で振り返って大同心。
何故そんな形になった?って感じの凄い突起です。
個人的にはゲーム「アンチャーテッド4」のリバタリアにあった山を思い出したね・・・って誰も分からないか・・・
2016年06月11日 08:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの途中で振り返って大同心。
何故そんな形になった?って感じの凄い突起です。
個人的にはゲーム「アンチャーテッド4」のリバタリアにあった山を思い出したね・・・って誰も分からないか・・・
5
硫黄岳山頂へとうちゃ〜く。
2016年06月11日 08:18撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂へとうちゃ〜く。
2
北側の爆裂火口。
2016年06月11日 08:18撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の爆裂火口。
4
手前の双耳峰が天狗岳。奥が蓼科山。
2016年06月11日 08:18撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の双耳峰が天狗岳。奥が蓼科山。
5
蓼科の更に向こうの霧ヶ峰。
そして、更に奥には後立山連峰まで。
2016年06月11日 08:29撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科の更に向こうの霧ヶ峰。
そして、更に奥には後立山連峰まで。
南八ヶ岳の山々。
いい天気だ〜
2016年06月11日 08:26撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の山々。
いい天気だ〜
8
ズームにすると権現岳もくっきり。
2016年06月11日 08:27撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームにすると権現岳もくっきり。
2
写真右下が行者小屋ですが、こうして見ると地蔵尾根も文三郎尾根も凄い急登ですよね。
2016年06月11日 08:27撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真右下が行者小屋ですが、こうして見ると地蔵尾根も文三郎尾根も凄い急登ですよね。
5
山頂で休憩後、下山開始。
白砂を抜けますが、こうして見ると白い滝みたいです。
2016年06月11日 08:35撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で休憩後、下山開始。
白砂を抜けますが、こうして見ると白い滝みたいです。
2
稜線を外れると樹林帯。
2016年06月11日 08:53撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を外れると樹林帯。
赤岳鉱泉。
多くの人で賑わってました。
2016年06月11日 09:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉。
多くの人で賑わってました。
1
北沢経由で下山。
赤岳の名の通り、川の底が赤いです。もちろん真っ赤ではなく銅の色みたいです。
2016年06月11日 09:24撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢経由で下山。
赤岳の名の通り、川の底が赤いです。もちろん真っ赤ではなく銅の色みたいです。
2
沢沿いを歩きますが、この辺りの景観は良いですね。
2016年06月11日 09:29撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いを歩きますが、この辺りの景観は良いですね。
3
しかし、残念なことに途中から車道に。
2016年06月11日 09:55撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、残念なことに途中から車道に。
1
苔の森に光が入って輝いてました。
2016年06月11日 09:59撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の森に光が入って輝いてました。
3
美濃戸山荘へ到着。
しかし、ここからまだ車道歩きは続きます。
2016年06月11日 10:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘へ到着。
しかし、ここからまだ車道歩きは続きます。
てくてく歩いて美濃戸口へ帰還。
あんまり食料補給しなかったからはらへった〜
2016年06月11日 10:44撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てくてく歩いて美濃戸口へ帰還。
あんまり食料補給しなかったからはらへった〜

感想/記録

梅雨の晴れ間を狙って八ヶ岳へ行ってきました。
去年のちょうど同じ時期にも赤岳に登っているのですが、その時もド快晴で絶景を堪能できましたが、今日も文句なしの天気でしたね。

今年最初の八ヶ岳でしたが、やっぱり個人的に大好きな山域ですね、特に南八ヶ岳は。
勿論、景色やコースの良さが一番の理由ですけど、東京から登山口まで車で 2 時間程度と言うアクセスの良さはホントにコスパ的にも素晴らしいです。今シーズン、機会があればまた何度か訪れたいものですね。
訪問者数:446人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ