ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894043 全員に公開 沢登り甲信越

多宝山−弥彦山(田ノ浦から)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー shiremono
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
田ノ浦コース林道終点に駐車。
10台ほど止められるスペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
11分
合計
5時間27分
Sスタート地点07:1811:16多宝山11:2411:36大平公園11:3711:46弥彦山九合目分岐点11:55弥彦山11:5712:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前回入りそこなった沢をたどった。小滝が少なく、ガレ、黄色い粘土の固まったような岩、腐りかけた枝と落葉の堆積物が多かった。ところで地形図上でGPSの軌跡を見ると、軌跡が本来の沢の位置よりも山側にずれている。沢を一本まちがった可能性がある。そのうちにもう一度行って確かめることにしたい。
ファイル 天気図2016年06月11日12時.png (更新時刻:2016/06/11 17:11)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 時計 カメラ 携帯電話 GPS 地形図 コンパス 行動食 飲料 ヘルメット (ハーネス) カラビナ スリング ロープスリング 下降器 登高器 補助ロープ20M 補助細引き20M ミニバイル レインジャケット 防寒着 ヘッドランプ 予備電池 救急用品 非常食 保険証 ツェルト ナイフ

写真

田ノ浦コースと別れて1つめの小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田ノ浦コースと別れて1つめの小滝。
1
上にもう一段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上にもう一段。
2つめの小滝。奥のもう一段を登るとナメになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つめの小滝。奥のもう一段を登るとナメになる。
このナメを慎重に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このナメを慎重に。
2
3つめの小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つめの小滝。
左に曲がっているのが楽しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に曲がっているのが楽しい。
前回の長大な滝。左の溝から乾いた岩を伝ってあっさり上まで登れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の長大な滝。左の溝から乾いた岩を伝ってあっさり上まで登れた。
2
左の斜面を懸垂で下降。途中の立木にロープスリングが残置されていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の斜面を懸垂で下降。途中の立木にロープスリングが残置されていた。
1
補助ロープは20Mなので滝全体は30メートルくらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補助ロープは20Mなので滝全体は30メートルくらい。
2
ここを登るには中間支点の技術が必要。その場合補助ロープは不可。1人で登るのは現実的ではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登るには中間支点の技術が必要。その場合補助ロープは不可。1人で登るのは現実的ではない。
2
今回計画した支沢に入った。初めから枯れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回計画した支沢に入った。初めから枯れている。
1
小滝はほとんどない。田ノ浦の沢に登ろうと思い立った時の想像にむしろ近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝はほとんどない。田ノ浦の沢に登ろうと思い立った時の想像にむしろ近い。
1
これくらいの小滝がほんの少しある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これくらいの小滝がほんの少しある。
あまり水が流れないらしく堆積物が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり水が流れないらしく堆積物が多い。
大平公園に近い道に出た。許可車両なら車も通行可能。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平公園に近い道に出た。許可車両なら車も通行可能。

感想/記録

前回の長大な滝が気になってしかたがないので寄り道をした。滝があらわれた時にその滝だということがすぐにはわからなかったほど、実際の大きさはたいしたことがなかった。20メートルの補助ロープを目安にすると、滝の長さは50メートルもなく、せいぜい30メートルほどだった。印象というのはあてにならないものだ。

前回は滝の下部の岩に近寄って触ってみることをせずに斜面を巻いた。実際には滝の下部はそこまで立っておらず、滝の左の溝が意外と登りやすかった。滝の中上部のナメの左端の岩は乾いており、そこをたどると靴のグリップに不安を感じることなく上まで登ることができた。ただし、最上部の水の落ち口では濡れた岩の上に立たざるをえなかった。そこでは前回と同様に一足ごとに長い時間をかけた。

滝の左斜面を懸垂で下降した。支点になる立木に不自由はしないが、急斜面がはじまっているので油断できない。ロープをセットするときにはセルフビレイをとった。10メートルも下らないところに手頃な立木があったので支点をつけかえると、補助ロープが下まで届いた。

そのロープに登高器をつけて、もう一度滝の下部だけを空身で登ってみた。流水の左はホールドが多く、何よりも岩がそれほど滑らなかったので、安定して登ることができた。登りきった先の足だけで立っていられるところでロープにATCをつけ、滝の左の溝を下降した。もう一度、今度はザックを背負って流水の右を登ってみた。やはり安定して登ることができた。

今回もまだ安全対策上の問題があるが、なにしろ気持ちがすっきりした。
訪問者数:264人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ