ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894115 全員に公開 講習/トレーニング六甲・摩耶・有馬

夏山に備えてボッカトレ 有馬三山(H28)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー kobechuoshiraHitotokedosinyuppisachiyo-kwi05188m_moritaayacofcsugasaeco88daigakuchancerrobetutokorokazu1043(CL), toshiki2015ohdebaraarrow1025, その他メンバー18人
天候曇り後晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
スタート:神戸電鉄 有馬温泉
ゴール:神戸市バス 六甲ケーブル下
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
38分
合計
5時間33分
Sスタート地点09:1809:41妙見寺09:48落葉山10:20灰形山10:2111:04湯槽谷山11:0611:21湯槽谷峠12:22極楽茶屋跡12:5513:15六甲石ころ亭フードテラス13:18六甲枝垂れ13:19六甲ガーデンテラス13:24みよし観音14:07油コブシ14:0914:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
有馬バスターミナル9:00集合ケーブル下手前広場15:00到着
<コースタイム>有馬バスターミナル9:05→9:30妙見寺→10:12灰形山→11:05湯槽山→12:10極楽茶屋跡(昼食)12:58→13:10油コブシ分岐→14:25東屋→14:50ケーブル下手前広場
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 トランシーバー

写真

有馬温泉で集合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬温泉で集合
スタート地点は足取りも軽い
2016年06月11日 09:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点は足取りも軽い
1
コアジサイ
2016年06月11日 11:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイ
1
尾根筋
2016年06月11日 11:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋
1
一休み
2016年06月11日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休み
1
むせるような草いきれが顔を包む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むせるような草いきれが顔を包む
3
例会はストレッチとリーダーの挨拶で締め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例会はストレッチとリーダーの挨拶で締め
1
3班の集合写真
2016年06月11日 14:12撮影 by DMC-FH5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3班の集合写真
2

感想/記録

夏山登山教室1回目のボッカトレーニングということで、出発前にザックの計量を行いました。規定の1.5〜2倍ものボッカをされるツワモノの方々、見習いたいところですが、ちょっとハードルが高そうです。
妙見寺で準備体操とミーティングを済ませた後は6班に分かれ班ごとの行動になり、順次出発しました。
灰形山までの最初の登りは、いきなりの急登で体が荷重に不慣れなためバランスをとりつつ、ゆっくり登って行きます。梅雨の晴れ間のせいか蒸し暑く、汗が噴き出ます。小休止の度に水分、塩分、カロリー補給を行い、バテないように気をつけました。
小休止の後も急登は続きます。所々に咲いているガクアジサイに癒され、急登、激下りの階段、やせ尾根を、1班CLの「あともうちょっとでつくで〜」「自分のペースで登っていいで、がんばろ」の掛け声に励まされながら、湯槽谷山、極楽茶屋まで班のメンバーで励まし合い、登り切りました。
極楽茶屋の昼食時、冷たいデザートの差し入れに暑さがスッと下がり、ほっとしました。
昼食後は下山開始です。ここからは下りのみ、ずいぶん気も楽になったのですが前半でSLのいった通り、背中の荷重がずっしりと感じ初め、いかに気を紛らわすそうかと思っていたところ、前を歩いていたOさんとSLの会話に爆笑!!!

Oさん「下山は‘‘のぶしこぶし‘‘ですよね」
SL「油コブシです」
Oさん「?油のぶし?」
SL「油コブシ」
Oさん「ええ?のぶしこぶしだと思っていた!」

Oさんのパンチの効いたボケに冷静に返すSLの間合いが妙におかしくて、その後は皆で悪乗りした会話を楽しみながら無事に「油コブシ」を通過し、ケーブル下手前の広場に到着しました。天気が心配でしたが梅雨の晴れ間に恵まれ、夏山に向けての十分なトレーニングになったと思います。
今回は登山教室の方を含め7名のビジターさんの参加ありました。下山後、感想をお伺いすると「しんどい思いをしたけれど、楽しかった」「普段一人で登るので大勢で登る山も楽しい」とのことでした。好印象を持ってもらえてよかったです。(KA)
<コース状況>危険個所なし。よく整備されている。
<特記事項>2名のリタイアがあり、スタッフが付き添いケーブルカーで下山。ヒヤリハットなし。

2015年06月14日(日)夏山に備えてボッカトレ 有馬三山(H27)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-659857.html

感想/記録

7月末に予定している夏山山行のためのボッカトレーニングコース。出発から急登があり、背中の水が肩に食い込む。この日は、梅雨の晴れ間で気温も上がり、汗が滝のように流れ落ち、給水する頻度も増す。一人でこのルートをボッカしたら、間違いなく途中で重荷を下すことでしょう。班のメンバーの励ましや、頑張っている姿を見て、最後まで歩け通せたと思い返します。もちろん、7月末に行く”甲斐駒仙丈”のイメージを脳裏に浮かべていることも大切ですね。
この後も、トレーニング、勉強会がスケジュールされています。皆さん頑張りましょう。
訪問者数:453人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ