ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894135 全員に公開 ハイキング奥秩父

甲武信ヶ岳、毛木平から周回。

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー yamatosora
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間0分
休憩
42分
合計
9時間42分
S毛木平06:0406:32大山衹神社06:3306:45慰霊碑06:4707:40なめ滝07:4208:57千曲川・信濃川水源地標08:5809:51甲武信ヶ岳09:5310:41三宝岩10:4410:46三宝山10:5011:31尻岩11:55武信白岩山12:0112:13武信白岩山(北峰)12:1413:07大山13:2314:01十文字小屋14:0214:06十文字峠14:0815:16水場(五里観音)15:1715:46毛木平15:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

午前5時40分で駐車場は満車。登山口は駐車場の左奥。トイレもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前5時40分で駐車場は満車。登山口は駐車場の左奥。トイレもあります。
1
哀愁漂う石仏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
哀愁漂う石仏。
4
緩やかな登山道を進んでいきます。鳥の声が響いていい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登山道を進んでいきます。鳥の声が響いていい感じ。
2
本日の安全登山を祈願。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の安全登山を祈願。
この時は木漏れ日を眺めて、頂上からの風景に期待したものだが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時は木漏れ日を眺めて、頂上からの風景に期待したものだが・・・
4
丸太橋がコースにはいくつもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋がコースにはいくつもあります。
登山道は花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は花畑
4
要所要所にリボンあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要所要所にリボンあり。
ミズゴケに覆われた岩が源流の雰囲気を感じさせてくれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズゴケに覆われた岩が源流の雰囲気を感じさせてくれる。
2
ナメ滝へ到着。ここはマップ上のポイントになっている。標準で1時間40分。その標準時間の歩みで到着。ふと思う。標準時間とは男性の歩み?女性の?さらにはどの世代の平均値なんだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝へ到着。ここはマップ上のポイントになっている。標準で1時間40分。その標準時間の歩みで到着。ふと思う。標準時間とは男性の歩み?女性の?さらにはどの世代の平均値なんだろう?
4
岩の上を滑るように水が流れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上を滑るように水が流れている。
5
この橋はどちらも行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋はどちらも行けます。
千曲川・信濃川水源地標の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千曲川・信濃川水源地標の標識。
6
この上に沢の流れは見えない、木の下の窪みから水が出ています。大河の一滴はここから生まれているんだね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この上に沢の流れは見えない、木の下の窪みから水が出ています。大河の一滴はここから生まれているんだね。
4
水源地標からは急登にて奥秩父主脈縦走路へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源地標からは急登にて奥秩父主脈縦走路へ。
山頂直下のガレ場に息を切らせると、甲武信ヶ岳の山頂にたどりつきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下のガレ場に息を切らせると、甲武信ヶ岳の山頂にたどりつきました。
18
展望は・・・ちょっと残念だった。この時期は仕方がないな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は・・・ちょっと残念だった。この時期は仕方がないな。
三宝山を経て十文字峠へ向かう。鞍部に下り、登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山を経て十文字峠へ向かう。鞍部に下り、登り返す。
三宝山の山頂。ここでランチとした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山の山頂。ここでランチとした。
5
次の武信白岩山までは300mぐらい下り。120m登り返す。鞍部に尻岩と呼ばれる大きな岩があった。確かにお尻だね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の武信白岩山までは300mぐらい下り。120m登り返す。鞍部に尻岩と呼ばれる大きな岩があった。確かにお尻だね。
5
ここからは武信白岩山へ急登が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは武信白岩山へ急登が始まります。
大きな岩がごろごろ出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩がごろごろ出てくる
この辺りのシャクナゲはまだ見頃です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りのシャクナゲはまだ見頃です。
6
大山辺りも満開です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山辺りも満開です。
7
クサリ付きハシゴを登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ付きハシゴを登る。
2
晴れていれば展望も素晴らしいのだろけど、今日はガスって何も見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば展望も素晴らしいのだろけど、今日はガスって何も見えない。
武信白岩山は大きな岩の積み重なる岩山だ。今は岩場がもろくて山頂に登ることができない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武信白岩山は大きな岩の積み重なる岩山だ。今は岩場がもろくて山頂に登ることができない。
2
十文字峠まではピークが2つ。かなり息がきれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠まではピークが2つ。かなり息がきれる。
雲が流れる。おーい雲よ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が流れる。おーい雲よ。
いくつかのクサリ場を下り、木の根がはびこる道を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかのクサリ場を下り、木の根がはびこる道を下る。
十文字小屋到着。今日は満員とか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字小屋到着。今日は満員とか。
5
十文字峠からは唐松林の中を八丁坂ノ頭に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠からは唐松林の中を八丁坂ノ頭に向かいます。
1
この橋を渡れば毛木平まであとわずか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡れば毛木平まであとわずか。
3
お疲れさま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れさま。
7

感想/記録

甲武信ヶ岳を日帰りで歩いてきました。
西沢渓谷入口から行くか、毛木平から登るか迷ったのだけど
どちらのコースであっても1泊コースが主流みたいですね。
歩き終わってみると、確かにこの山は泊まって楽しんだ方がいいな。
今回はマイカー登山に便利な毛木平から日帰りの周回をすることにしました。
でもこの周回コース、どちらの方向から回るかも思案のしどころです。
レコでは小屋泊りの方達は時計回り
日帰りではほとんどの方が反時計回りになっている。
ということで俺もナメ滝側から歩いてみました。
水源地票から甲武信ヶ岳山頂までは一部急登だけれど
あとは緩やかなハイキングコースだったし
下りの十文字峠方面の状況はよく知らない事もあって、
下山も楽勝と思っていました。


甲武信ヶ岳を踏み三宝山頂からの下山は
長い下りで尻岩からは岩稜あり、鎖場あり、ハシゴありの急登、急坂でした。
だどり着いた駐車場ではちょいヘロヘロ気味です。
比喩だけど小仏トンネルを先頭に渋滞30キロの気分だった。


都心からのアクセスに毛木平はちょっと不便だけれど
沢沿いの道も癒やせるし、後半はアドベンチャーだしw
奥秩父の魅力がギッシリ詰まった山行きだった。
また来るぜ甲武信ヶ岳。


訪問者数:544人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ