ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894486 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 (黒戸尾根をピストン)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候上は晴れているんだけど,ガスの多い,湿っぽい一日。
なんとか山頂での大展望に間に合ってよかった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白川渓谷駐車場に駐車(無料)。
午前4時前に到着したが、すでに1/3ほどは埋まっていた。
(525K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
44分
合計
9時間17分
S尾白川渓谷駐車場04:1304:18竹宇駒ヶ岳神社05:28笹の平分岐06:20刃渡り06:33刀利天狗07:37七丈小屋07:40小休止07:4709:13甲斐駒ヶ岳09:5010:44七丈小屋11:48刃渡り12:30笹の平分岐13:25竹宇駒ヶ岳神社13:30尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
刃渡り,五合目小屋跡から七丈小屋までのはしごの連続,八合目から上の岩場と
難所はいくつもありますが,鎖やはしごなどがよく整備されていて,
総じて登りやすい登山道だと思いました。

写真

尾白川渓谷駐車場。けっこう人がいますね。こんなに朝早いのは,みなさん,黒戸尾根日帰りピストンなんでしょうね。
2016年06月11日 04:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷駐車場。けっこう人がいますね。こんなに朝早いのは,みなさん,黒戸尾根日帰りピストンなんでしょうね。
それでは,出発します。はじめての黒戸尾根。ドキドキわくわくです。
2016年06月11日 04:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは,出発します。はじめての黒戸尾根。ドキドキわくわくです。
5分ほどで竹宇駒ヶ岳神社。
2016年06月11日 04:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで竹宇駒ヶ岳神社。
その裏手に,尾白川を渡る吊橋。
2016年06月11日 04:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その裏手に,尾白川を渡る吊橋。
十二曲りを登っていきます。
2016年06月11日 04:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十二曲りを登っていきます。
笹の平で,横手からの登山道が合流。
2016年06月11日 05:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平で,横手からの登山道が合流。
ササ原のゆるやかな斜面を登っていきます。朝日もさしてきて,気持ちいいです。
2016年06月11日 05:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ原のゆるやかな斜面を登っていきます。朝日もさしてきて,気持ちいいです。
1
針葉樹林の中の苔むした登山道。南アルプスらしいですね。
2016年06月11日 06:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹林の中の苔むした登山道。南アルプスらしいですね。
刃渡りです。鎖が手すりのように設置してあるので,安心です。
2016年06月11日 06:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りです。鎖が手すりのように設置してあるので,安心です。
1
今日はこんな感じ。上空は晴れているけど,下からガスがどんどんわき上がってくる。今のところ,八ヶ岳は見えていますが…。
2016年06月11日 06:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこんな感じ。上空は晴れているけど,下からガスがどんどんわき上がってくる。今のところ,八ヶ岳は見えていますが…。
刀利天狗に到着。
2016年06月11日 06:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刀利天狗に到着。
五合目の手前,やっと正面に甲斐駒山頂が見えてきました。
2016年06月11日 07:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目の手前,やっと正面に甲斐駒山頂が見えてきました。
五合目を通過。
2016年06月11日 07:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目を通過。
ここから七丈小屋までの間は,はしごの連続です。こんな長いのとか…。
2016年06月11日 07:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから七丈小屋までの間は,はしごの連続です。こんな長いのとか…。
木の桟道を渡って,その向こうにまた急なはしごとか…。
2016年06月11日 07:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の桟道を渡って,その向こうにまた急なはしごとか…。
やっと七丈小屋に着きました。はしごの登りの連続で消耗した。(>_<)
2016年06月11日 07:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと七丈小屋に着きました。はしごの登りの連続で消耗した。(>_<)
1
まだまだはるか上に,甲斐駒の山頂部が見えます。ここでエネルギー補給。
2016年06月11日 07:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだはるか上に,甲斐駒の山頂部が見えます。ここでエネルギー補給。
まだ,かろうじて八ヶ岳が見えてますね。
2016年06月11日 07:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ,かろうじて八ヶ岳が見えてますね。
八合目御来迎場に到着。正面に甲斐駒がでっかく見えました。
2016年06月11日 08:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場に到着。正面に甲斐駒がでっかく見えました。
1
雲海に鳳凰三山が浮かぶ。その向こうには富士山。
2016年06月11日 08:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に鳳凰三山が浮かぶ。その向こうには富士山。
3
甲斐駒山頂はまだ晴れ間の中でしょう。ガスでおおわれる前に,山頂にたどり着けるか…。
2016年06月11日 08:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒山頂はまだ晴れ間の中でしょう。ガスでおおわれる前に,山頂にたどり着けるか…。
岩穴の中に,残雪をめっけ。
2016年06月11日 08:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩穴の中に,残雪をめっけ。
赤石沢奥壁が大迫力です。
2016年06月11日 08:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石沢奥壁が大迫力です。
定番のアングル。大岩に突き立てられた不動明王の剱と,鳳凰三山・富士山。
2016年06月11日 08:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
定番のアングル。大岩に突き立てられた不動明王の剱と,鳳凰三山・富士山。
3
登山道は,この険しい山稜を右手から回り込むようにして登っていきます。
2016年06月11日 08:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は,この険しい山稜を右手から回り込むようにして登っていきます。
1
山頂の祠がすぐそこに見えてきました。やっともう少しです。
2016年06月11日 09:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の祠がすぐそこに見えてきました。やっともう少しです。
とうとう山頂に到着しました(T_T)。仙丈ヶ岳が出迎えてくれているかのようです。
2016年06月11日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう山頂に到着しました(T_T)。仙丈ヶ岳が出迎えてくれているかのようです。
7
こちらは北岳と間ノ岳。山頂がガスにつつまれる前に登ってこられてよかった。(*^_^*)
2016年06月11日 09:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北岳と間ノ岳。山頂がガスにつつまれる前に登ってこられてよかった。(*^_^*)
3
黒戸尾根を見下ろす。最後はホントにしんどかったなぁ。
2016年06月11日 09:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸尾根を見下ろす。最後はホントにしんどかったなぁ。
同じく黒戸尾根日帰りピストンのお兄さんに撮ってもらいました。
2016年06月11日 09:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく黒戸尾根日帰りピストンのお兄さんに撮ってもらいました。
9
今年は35年ぶりに,白峰三山を歩きに行こうと思ってます。
2016年06月11日 09:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は35年ぶりに,白峰三山を歩きに行こうと思ってます。
2
鋸岳はガスにおおわれてきました。
2016年06月11日 09:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳はガスにおおわれてきました。
それでは下っていきましょう。当たり前ですが,登ってきた分下らなければなりません。
2016年06月11日 09:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは下っていきましょう。当たり前ですが,登ってきた分下らなければなりません。
七丈小屋を通過。
2016年06月11日 10:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋を通過。
刃渡りを通過。
2016年06月11日 11:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りを通過。
笹の平を通過して…。
2016年06月11日 12:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の平を通過して…。
下りに下って,尾白川にかかる吊り橋です。もう下らなくていい…。
2016年06月11日 13:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りに下って,尾白川にかかる吊り橋です。もう下らなくていい…。
1
尾白川渓谷駐車場に戻ってきました。黒戸尾根日帰りピストン完了。やっぱり根性が要ったな〜。
2016年06月11日 13:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾白川渓谷駐車場に戻ってきました。黒戸尾根日帰りピストン完了。やっぱり根性が要ったな〜。
2

感想/記録

6月のうちに登っておきたいルートがありました。
一昨年の6月には,便ヶ島からの聖岳。昨年6月には,青木鉱泉からの鳳凰三山と,
なぜか6月の梅雨の晴れ間に,南アルプスへ向かっていたボクでしたが,
今年の6月は「甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根に行こう」と考えていたのです。

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根は標高差2200m,日本アルプス屈指の急登コース。
ヤマケイアルペンガイドには
「近年ではハードな登高が敬遠されて,このコースを登る登山者はきわめて少ない」
と書いてありますが,なんのなんの,
このヤマレコでも,黒戸尾根日帰りピストンは,剱岳の早月尾根とならんで,
足自慢(?)の方々に人気の定番コースですよね。
ボクも一昨年に,早月尾根を日帰りピストンしたので,次は黒戸尾根でした。

高速道路のPAで前夜泊して,登山口の尾白川渓谷駐車場に着いたのは午前4時前。
すでにけっこうな数の人たちが準備をしています。皆さん,黒戸尾根でしょう。
ボクも準備をして,4時過ぎに出発。
今日は山靴ではなく,トレランシューズ(アルトラ ローンピーク)をチョイスしてみました。

尾白川にかかる吊り橋を渡って登り始めてから,笹の平をすぎ,刃渡りまで,
登山道は大きな段差も少なくて,とても歩きやすいのが印象的でした。
黒戸山北斜面の巻き道をすぎると,五合目小屋跡まで思っていたより下っていって,
帰り道の登り返しが思いやられます。

そして,五合目から七丈小屋までのハシゴと鎖。
20ヶ所以上あるようですが,これがなかなか消耗しました。
すでに標高差1500m近く登高した身には,ハシゴや岩場のヨッコラショが堪えたのです。

八合目にやってくると,正面に岩をまとった甲斐駒ヶ岳。
「ウオーッ」と感動するはずの景観なのに,そんな余裕もあまりなく,
最後の標高差300mを,ひたすら根性で登り切りました。

やっとついた甲斐駒山頂。
山梨県側からガスがどんどんわき上がっていましたが,なんとか晴れ間に間に合いました。
間近に,仙丈ヶ岳や北岳・間ノ岳をながめて,充実感でいっぱいになりました。

山頂に30分ほど滞在して,今度は標高差2200mの下りです。
右ヒザのバクダンに火がつかないよう,できるだけ衝撃を与えないように,
でも,なるたけスムーズに下ることに注力しました。

黒戸尾根ピストンから1日たって,山に行ってもほとんど筋肉痛なんてならないのに,
太ももとおしりが筋肉痛です。
さすがに,それだけ激しい登り下りだったということですね。

甲斐駒山頂間際の登りでは,
「このルートにはもう二度と来ない」と思いながら足を動かしましたが,
今朝,NHK-BSの「日本百名山」とBS-TBSの「日本の名峰・絶景探訪」で
黒戸尾根を登る出演者を見ながら,昨日見た情景を思い出していたら,
また登りたくなってきてしまいました。
う〜む,こういうのも「山には魔物が住む」と言うのでしょうか…。
訪問者数:570人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ