ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894556 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

六ツ石山・鷹ノ巣山〜へ理屈より実戦、奥多摩三大急登試登

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー odax
天候晴れ後曇りがち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥多摩湖ダムサイトパーキング(無料)へスクータ駐輪
久々の奥多摩湖、多摩川南岸道路を初利用、アクセス改善されてますネ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
47分
合計
7時間16分
S奥多摩湖バス停07:5808:21登山口09:08989m標高点09:1009:50トオノクボ09:5210:16六ツ石山10:2710:29六ッ石山分岐10:3010:49将門馬場(馬責場)10:5011:01カラ沢ノ頭11:07城山(奥多摩町)11:28水根山(金佐ノ頭)11:55鷹ノ巣山12:1612:39水根山(金佐ノ頭)12:50榧の木尾根-水根分岐12:5113:02榧の木山(長久保山)13:0313:32倉戸山13:3413:441020m地点14:02倉戸山14:0314:50倉戸口バス停14:5415:06大麦代駐車場15:13ふれあい館隣接駐車場15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一般登山道で全般に危険個所はないが、強いて上げると榧ノ木尾根は榧ノ戸山頂稜の急傾斜な西斜面縁の道ではふらつき、躓きでの転落には注意
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今日は奥多摩湖まで、愛車(スクータ)でやってきました
いい天気です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は奥多摩湖まで、愛車(スクータ)でやってきました
いい天気です
2
隠れようたって逃がしません!
ただ、ピントが合って・・・・
なくてナナフシ(^_^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隠れようたって逃がしません!
ただ、ピントが合って・・・・
なくてナナフシ(^_^;)
6
威嚇する?狸の焼き物
ただ、近頃話題の秋田の人食い熊をちょっと想起(冷汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
威嚇する?狸の焼き物
ただ、近頃話題の秋田の人食い熊をちょっと想起(冷汗)
7
これは園芸種?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは園芸種?
1
水根沢沿いからここを右へ
まだ車道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根沢沿いからここを右へ
まだ車道が続きます
アカバナユウゲショウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカバナユウゲショウ
5
あらま、デート虫♡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらま、デート虫♡
5
カクムネベニボタルのよう
♂の触角は櫛の様に枝分かれが長いのが分かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カクムネベニボタルのよう
♂の触角は櫛の様に枝分かれが長いのが分かります
4
ここが登山道入口
民家への私道みたいな感じ
さあ、ここからです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが登山道入口
民家への私道みたいな感じ
さあ、ここからです
急登途中、コガラ達がある樹の根元で遊んでました(撮れず)
見ると樹の株の凹みに水が溜まってます
鳥たちにとって水場のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登途中、コガラ達がある樹の根元で遊んでました(撮れず)
見ると樹の株の凹みに水が溜まってます
鳥たちにとって水場のようです
P989標高点付近が唯一の平坦地
ここから榛木尾根までの区間の中間部が最も傾斜が急です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P989標高点付近が唯一の平坦地
ここから榛木尾根までの区間の中間部が最も傾斜が急です
マルバウツギ(ピンボケ!)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバウツギ(ピンボケ!)
4
榛木尾根に辿り着きました(トオノクボというのかな、道標には記載なし)。ここから傾斜も緩みます。
榛木尾根(下り)は、薄い踏み跡が続いていますが、登山道として整備はされていないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榛木尾根に辿り着きました(トオノクボというのかな、道標には記載なし)。ここから傾斜も緩みます。
榛木尾根(下り)は、薄い踏み跡が続いていますが、登山道として整備はされていないようです。
フタリシズカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フタリシズカ
3
道脇には大きな樹も多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道脇には大きな樹も多い
防火帯の緩やかな尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯の緩やかな尾根
1
静かな六ッ石山で大休止
とここにうれしい来客が!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな六ッ石山で大休止
とここにうれしい来客が!
2
ヒガラ君が寄ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒガラ君が寄ってきました
13
第一種接近遭遇はうれしいんですが・・・・、
「プッ!」(後頭部がなんか、10円ハゲっぽくて…)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一種接近遭遇はうれしいんですが・・・・、
「プッ!」(後頭部がなんか、10円ハゲっぽくて…)
16
あれ、ソッポ向いちゃった。
気分悪くした?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、ソッポ向いちゃった。
気分悪くした?
9
odax「どこ行くだよ!?」
ヒガラ「親父より山ガール!」
 ♂だったのかな〜※
※ヒガラは雌雄同色で判別難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
odax「どこ行くだよ!?」
ヒガラ「親父より山ガール!」
 ♂だったのかな〜※
※ヒガラは雌雄同色で判別難しい
9
クロニンフジョウカイかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロニンフジョウカイかな?
岩ゴロ裸地の山頂ですが、
ふと見ると一角に黄花の小群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩ゴロ裸地の山頂ですが、
ふと見ると一角に黄花の小群落
3
ジシバリでした
ありきたりですが意外に好きです
ニガナより背丈が低いからかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジシバリでした
ありきたりですが意外に好きです
ニガナより背丈が低いからかな
7
鷹ノ巣を目指しますがしばらくはやや地味
マイナーピークコレクション
1将門番場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣を目指しますがしばらくはやや地味
マイナーピークコレクション
1将門番場
1
草花は少ないがヤマツツジは見頃です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草花は少ないがヤマツツジは見頃です
8
鷹ノ巣山が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山が見えてきました
3
南面に草地が広がります
中景のピークは日陰名栗山と高丸山かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南面に草地が広がります
中景のピークは日陰名栗山と高丸山かな
梢ではビンズイが唄う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梢ではビンズイが唄う
3
ライバル※に花束を
※奥多摩三大急登候補の一つ
 ヌカザス尾根擁する三頭山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ライバル※に花束を
※奥多摩三大急登候補の一つ
 ヌカザス尾根擁する三頭山
17
鷹ノ巣山着
30人程が憩い賑やか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山着
30人程が憩い賑やか
7
エネルギーチャージは
オール・フ・わふわスフレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エネルギーチャージは
オール・フ・わふわスフレ
10
遠望は残念
大岳山と御前山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠望は残念
大岳山と御前山
2
帰り路もツツジと日陰名栗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り路もツツジと日陰名栗
3
ウマノアシガタ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウマノアシガタ
3
水根山までの帰り道も
ビンズイのBGM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根山までの帰り道も
ビンズイのBGM
6
三頭山とビンズイ
微かにみえる遠景の山は、方角から御正体あたりか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山とビンズイ
微かにみえる遠景の山は、方角から御正体あたりか
5
これは別個体です
ビンズイは大体樹のてっぺん付近にいるので見つけやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは別個体です
ビンズイは大体樹のてっぺん付近にいるので見つけやすい
3
ひときわ鮮やかなヤマツツジ
見えてるピークは榧ノ木山
これから下るルートですが意外に立派な山容です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひときわ鮮やかなヤマツツジ
見えてるピークは榧ノ木山
これから下るルートですが意外に立派な山容です。
19
鷹ノ巣山に別れの一瞥
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山に別れの一瞥
3
他に花はミツバツチグリ位
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他に花はミツバツチグリ位
1
下山は榧ノ木尾根
花もなくやや冗長な尾根を黙々下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は榧ノ木尾根
花もなくやや冗長な尾根を黙々下る
最後のピーク倉戸山で一息入れて
後は下りだけ・・・・の予定でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のピーク倉戸山で一息入れて
後は下りだけ・・・・の予定でした
蝶にはことごとく振られ
オオミズアオ(蛾)
蝶に比べ嫌われ者ですが、
偏見抜けば美しい色合い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶にはことごとく振られ
オオミズアオ(蛾)
蝶に比べ嫌われ者ですが、
偏見抜けば美しい色合い
4
里近くからやっと花が
ノイバラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里近くからやっと花が
ノイバラ
2
ユキノシタは終盤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキノシタは終盤
1
ヤマタツナミソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマタツナミソウ
4
車道に出て六ツ石山を仰ぐ
右のスカイラインは真の榛木尾根。登路は右端の稜線下の緑濃い植林帯から稜線に突き上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出て六ツ石山を仰ぐ
右のスカイラインは真の榛木尾根。登路は右端の稜線下の緑濃い植林帯から稜線に突き上げる
2
鷹ノ巣行も猛禽は鳶だけ
Tobi or not Tobi,
this is the question.
鳶か鳶以外かそれが問題
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣行も猛禽は鳶だけ
Tobi or not Tobi,
this is the question.
鳶か鳶以外かそれが問題
8

感想/記録
by odax

 家庭諸事情もありましたが、ふと気づくと前回山行から1月も空いてしまった。その間、日記に”急登”考察などと、ぐだぐだ気を紛らしていましたが、その間にますます”急登”に耐えられない緩んだ体に!これじゃいかん‼
 ということで、小なりと言え、近場で”急登”コースを実践踏破してみました。奥多摩三大急登としても取り上げられる六ッ石山榛木尾根へ。ただし、榛木尾根そのものは境へ長く(緩めに)下っている尾根で、一般登山路は水根から榛木尾根トオノクボへ直登する道です。地形図上は水根ートオノクボ間が等高線混んでますし、こっちでいいんですよね?
 榛木尾根を登った感想ですが、989m標高点付近の僅かな平場を除けば、確かにトオノクボまで登りっぱなしです。ですが、989m標高点まではけっこうトラバース気味だったりジグ切ってたりで、さほど急登感はありません。そのあと、トオノクボまでが急登本番で、中間部(1,000〜1,050m)は25〜30°の傾斜でかなり絞られますが、短いのであまり苦にはならないかな。六ッ石山頂でも余力ありの感じ(←のつもり)でした。
 ちなみに、当日取得したGPSデータからみた平均斜度(累積標高差)は、
 ・奥多摩湖〜六石山:13.8°(単純標高差13.4°)
 ・登山口〜六石山:17.1°(単純標高差16.9°)
 ・登山口〜トオノクボ:21.9°(単純標高差21.9°、下り傾斜なし)
 登山口〜トオノクボ間は平均20°越えですから、数字上かなりの急登区間です。

 当日、天気が良かったのは朝だけで、あとは曇りがちで、展望も今一つでした。ですが、六ッ石山頂では、ヒガラが手を伸ばせば届く距離でまで寄ってきて、思わずにっこり。その後、山頂にいた山ガール(単独登山女子)のザックの近くに移動し、しばらく飛び跳ねて見せてくれました。その様子を携帯で撮っていたザックの持ち主に、
 山ガール「なんという鳥でしょうね?」
と、聞かれたので、
 odax「ヒガラだと思います。多分、(ハイカーに)餌をもらって、人馴れしてるんでしょうね。」
 などと話したが、喜んでおられたようなので、”でも、野生動物への餌やりは、(-ω-;)ウーンですが”、との言葉は呑み込みましたが・・・・。
 石尾根では、水根山〜鷹ノ巣山間は展望も開け、ヤマツツジもちょうど見頃(散り始め?)で、それなりに満足しました。でも、30数年前、買ったばかりの一眼レフ手に試写に訪れた石尾根のお花畑は、当時の面影すらも覗えない程貧相で愕然。鹿の食害のせいなのか、レコなどである程度予想は着いていましたが、ともかく心痛い程でした。

 歩きに話を戻すと、六ッ石山の後、石尾根も平坦部分は良かったのですが、水根山・鷹ノ巣山の僅かな登りでぐんぐんペースダウン。(体重)過積載、トレ不足で、夏山に向け不安要素満載です(大汗)。
 下りは、パワーなくとも飛ばせるのでいい調子で下って、最後のピーク倉戸山で一息。さらに、10分ほど降りたところで・・・・、忘れ物に気づきました。
 思わず、"○○ッ○"しました(←あまりにベタなので、伏字で自主規制!)。
 倉戸山への150mの登り返しが、本日一番の急登※だった(汗)というオチ。記念すべき100レコ目も、odaxらしいフィナーレでした。
※あくまで体感上で、実際は20°程度
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/27
投稿数: 1468
2016/6/13 8:13
 急登を味わってきたんですね!
odaxさん、こんにちは。

獲物(花・鳥・昆虫)のあるなし、眺望のあるなしでも体感は変わってしまいますよね。
本日はヒガラとの接近遭遇で身も軽く感じたのでは?

私も以前に手の届く距離までヒガラが来たことがあります。
人にも馴れやすい野鳥なんですかね?
その時の個体は後頭部の毛並みがボサボサで寝癖が付いている様で可愛らしかったです。

後半に出てくるヤマツツジの色は鮮やかですね〜
素晴らしいです
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2016/6/13 16:35
 odaxさん、こんにちは。
いよいよ実践スタートですね。
この辺りの山は、昨年、雲取山に
登ったときに、案外、険しそうだなと
バスの中から見てました。
距離もスピードも、衰え知らずで
うらやましいです。
今回のログの数値を、自分の
過去の登山と比べてみますと
ほぼ同じなのが、白山です。

山での、鳥の撮影、僕は
成功した試しがありません。
そもそも、発見が出来ません。
ヒガラ、可愛いですね。

ヤマツツジ、やはり鹿の
食害を受けるのですね。
そのうち、日本の山は
毒草だけが生き延びる状態に
なりそうな。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1242
2016/6/13 21:57
 大安
 Makoto1959さん、コメありがとうございます。
 カラ類は比較的人の接近を恐れないきもします。従って、鳥を撮るために粘る気のない、ものぐさな小生でも結構レンズに捉えられます。
 人気の山 では、結構人馴れした小鳥chickもいますよね。山レコ でも、手乗りで餌を食べるヤマガラとか、時々拝見します。当日寄ってきたヒガラも餌をもらって味をしめた個体なんだと思います。
 小生、野鳥chickに限らず野生動物の餌付けには、ちょっと眉をひそめる性質です。ですが、やはり至近で遊んでくれるのには、生物好きの目じりが下がり ました(ええ、決して山ガールvirgoとお話しできたせいではありませんヨ )。
 ヒガラとは遊べたし、ヤマツツジは綺麗だったし、これで天気が良ければ な〜。。
 そしたら、こう言ったはずです。
「今日は、ホンに良いおヒガラ※でした 。」
 ※6/11は大安でした
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1242
2016/6/13 22:05
 ツツジは秋も紅い
 komakiさん、コメありがとうございます。
 少しは歩いてrunおかないと、憧れの3K稜線 は約2倍の登高が必要ですからね
 ですが、最後の登り返しが効いた のか、情けないことに2日後の今日も筋肉痛が残っています
 山 で見る鳥chickですが、特に夏場は樹に葉が茂っていると、声はすれども姿は見えず、ですよね 。なかなか難しいです。ですがその中でも、カラ類は比較的近くの梢にも小さな姿を見せてくれます(動きも素早いですが)。また、ビンズイは少し大きめ(小柄なハト位)の体長で、我々山屋と同じく、高い所が好きなようです。なので、鳴き声を覚えておいて、高い梢を探すと結構見つけられますヨ
 30年前の石尾根の防火帯の草原は、高山の派手さはないものの、なかなかきれいなお花畑 でした。花期にはアツモリソウも見られたんですが・・・・。
 ヤマツツジの新芽も鹿の食害の対象になるそうですが、なんとか生き残ってますね。秋には今度はその葉が鮮やかな紅葉を見せてくれるんでしょうか。
 そして、その紅葉の下に鹿がいたり ・・・・(←それは花札🎴!それにあれはモミジ
登録日: 2012/6/3
投稿数: 7723
2016/6/14 21:28
 odaxさん、
奥多摩までもラッタッタでしたか
登山口に着くまでに「くら○と」しそうです
大論文にコメを入れられずに申し訳ございません<m(__)m>
でもすぐに実証研究に着手されるとはさすがです
暫くは斜度20度を求めて東奔西走でしょうか
半袖隊長
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1242
2016/6/14 22:34
 テポドン待望論?
 yamabeeryuさん、「○○ッ○」解釈、ありがとうございます。
 うちのムスダン※の射程距離は、150卅宛紂(うちの)奥様は怖い が、奥多摩位はヘッチャラ です。もっとも、時々打ち上げ失敗で、肩脱臼したりしますがネ
  ※別名ヤックルともいう、赤い原二スクータ「バニちゃん」
 日記の「急登論」は、書きながら考えてます。無用にややこしく考えるのが好きな偏屈親父のただの自己満足です 。ですから、気使いは無用ですよ。もち、チャチャを入れてくださるなら、大歓迎ですがネ
 急登もいいですが、暑くなってきましたので、もう少し涼しい所に行きたいところです。さすがにムスダンでは無理で、もっと長距離弾道弾を用意する必要がありますね
登録日: 2011/2/13
投稿数: 1321
2016/6/16 23:27
 100レコ、おめでとうございます( ´∀`)/~~
odaxさん、こんばんは。

そういえば、◯◯っ◯山へは行きましたが、その先は未踏なんですよ。
そのうち歩いてみたいですね。

私はというと、毎日が多忙で◯◯っ◯する日々。
困ったもんだ〜 (>_<")
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1242
2016/6/17 0:24
 100のレコに100のオチあり
 masataroさん、ありがとうございます。
 小生、不整脈でリタイヤhospitalする前には、多分累計800〜900日位、よろよろユルハイクを再開して山レコ を始めるまでに50日位山に入っています。これで、無登録時代と合算でおよそ1000日位入山したことになります
 リタイヤ前は長打(テント泊)率が 高かったのですが、山レコ後はシングルヒット(日帰り)ばかりで積み重ねています。バントヒット(普段着とかで1Hr前後のセコハイク)も織り交ぜてね
 なに
「もう、テントは負えないだろう
 だって〜
「まだだ、まだおわらんよ !」
「1010日目位までには、10(Ten:テン)10(十:ト)山行を……」
 

 え !?登録前後合わせた数字じゃ〜、
「”オチ”が付くのはわかってた!?※」
 ・・・・・・・・

※日米合算で、ローズのメジャー最多安打越えおめでとう。そして・・・・・
 我らがイチローの発言(”ケチ”が付くのはわかってた)もじってすいませんm(__)m!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ