ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894688 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 マスキ嵐沢(沢登り講習)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー kamog(CL), その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝沢林道ゲート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■マスキ嵐沢(枡木嵐沢)
  丹沢の中でも最近は言わずと知れた初心者沢。
  遡行距離もそれ程長くはなく、適度な滝とナメが点在する。
  また沢の中の読図にも適している。
  上流部には3連続の涸棚があり、特に最後の涸棚10mはクライミングとしては
  それ程難しくはない直登が楽しめる。

  下降は現在は廃道となってしまったが北側に下り西丹沢自然教室に下りる径路、
  そして最近は箒沢権現山からマスキ嵐沢と藤嵐沢の界尾根に当たる南尾根を使い
  大滝沢林道に下りるルート取りをするパーティも増えてきた。
  ただここ2〜3年、後者ルートの踏み跡と点在するテープはちょっと危ない
  ルート取りになっていて、西側にトラバースする箇所を見落とすと、藤嵐沢
  への急な斜面に下りてしまう。
  これにより最近、藤嵐沢の上流部に迷い込み滑落して救助要請するケースも
  発生しているので、しっかり地図読みできる人でないとリスクも発生すること
  に充分注意してほしいと思います。
  むしろ踏み跡を少し下りてから、西側にトラバースして右手に発生するマスキ
  嵐沢の支流を下に見ながら降りる尾根に乗るようにした方が自然だ。
  この尾根に乗り少し下れば傾斜も緩み比較的平坦なセクションになる。
  地形図を見ればそれは明確。

今回は沢の中での読図、下降尾根における正しい尾根の選択方法を中心に
受講者さんに指導いたしました。

沢登りは楽しい冒険ですが、地図を読めない人たちだけで入ってはいけないし、
ある程度クライミングができないと入ることは厳しいものです。
一般登山道で転んだり滑ったりしてしまう人がいきなりこの遊びをしない方が
よいでしょう。
少なくとも南八ケ岳や北アルプスの岩稜尾根ルートは問題なく登ったり下ったり
できる人たちの次のステップとして捉えるべきです。
そうなるように一般登山道をしっかり歩いて経験を積んでください。
(これから沢登りを始めたい人への救助隊員としての助言です)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

大滝沢林道ゲートからいざ出陣。暑くなりそうだねぇ。
2016年06月11日 09:25撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝沢林道ゲートからいざ出陣。暑くなりそうだねぇ。
マスキ嵐沢入渓点
2016年06月11日 10:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マスキ嵐沢入渓点
少々シャワーも今日は気持ちよい
2016年06月11日 10:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々シャワーも今日は気持ちよい
大滝15m
2016年06月11日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝15m
その上の靴型の滝6m(勝手に命名しているだけですが)
2016年06月11日 11:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上の靴型の滝6m(勝手に命名しているだけですが)
上流部の涸棚
2016年06月11日 12:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流部の涸棚
快適なクライミングができます
途中残置ハーケン3つ
終了点はグージョンボルト,RCCボルト、リングボルトが各1つずつ
2016年06月11日 13:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なクライミングができます
途中残置ハーケン3つ
終了点はグージョンボルト,RCCボルト、リングボルトが各1つずつ
さぁ詰めです
2016年06月11日 14:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ詰めです
地形図見る限り「東に進路を取れ」
2016年06月11日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図見る限り「東に進路を取れ」
最後の詰め
2016年06月11日 14:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の詰め
南北に走る稜線に上がりました
2016年06月11日 14:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南北に走る稜線に上がりました
箒沢権現山山頂
2016年06月11日 14:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒沢権現山山頂
南尾根(マスキ嵐と藤嵐の界尾根)出だしには明瞭な踏み跡が付いてしまった。少し前まではほとんどなかったのにね(残念)。
でもちょっと左回り過ぎだ。地形図見て西南西の尾根に忠実に乗った方がよいのにな。
2016年06月11日 15:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尾根(マスキ嵐と藤嵐の界尾根)出だしには明瞭な踏み跡が付いてしまった。少し前まではほとんどなかったのにね(残念)。
でもちょっと左回り過ぎだ。地形図見て西南西の尾根に忠実に乗った方がよいのにな。
尾根末端は植林尾根になる
2016年06月11日 16:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根末端は植林尾根になる
大滝沢林道に下りました
2016年06月11日 16:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝沢林道に下りました
撮影機材:
訪問者数:377人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ