ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894765 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

編笠山・権現岳

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー kagechiyo
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
7:00に観音平の駐車場に到着しましたが満車でした。
やむを得ず駐車場から少し下った所に路駐しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
2時間22分
合計
9時間21分
S観音平07:1908:10雲海08:1608:53押手川08:5810:17編笠山10:4811:09青年小屋11:1811:50のろし場11:5712:05西ギボシ12:2112:27東ギボシ12:3712:45権現小屋13:1713:17縦走路分岐13:1913:21権現岳13:3314:11三ッ頭14:1414:16三ツ頭分岐14:1714:55木戸口公園15:02ヘリポート跡15:0715:58八ヶ岳横断歩道分岐16:0116:34観音平16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は全体的に整備されていて迷う心配はないと思います。
その他周辺情報温泉:スパティオ小淵沢(\820)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 カッパ(1) トレッキングポール(2) 医薬品(1) GPS(1) コンパス(1) 地図(1) 行動食(1) 水(1) エマージェンシーシート(1)

写真

観音平から見る編笠山。
2016年06月11日 07:22撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平から見る編笠山。
観音平からしばらくは平坦な道を歩きます。
2016年06月11日 07:26撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平からしばらくは平坦な道を歩きます。
少しずつ傾斜が増してきます。
2016年06月11日 07:55撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ傾斜が増してきます。
雲海に到着しました。
2016年06月11日 08:16撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に到着しました。
が、ガスで何も見えませんでした。
2016年06月11日 08:16撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、ガスで何も見えませんでした。
雲海を過ぎると岩が目立ち始めます。
2016年06月11日 08:18撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海を過ぎると岩が目立ち始めます。
ガスがかかっている分、涼しくて歩きやすいです。
2016年06月11日 08:25撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかっている分、涼しくて歩きやすいです。
登山道が岩だらけになるところも多いです。
2016年06月11日 08:47撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が岩だらけになるところも多いです。
押手川。
本当に川なんてあるのかと思ってましたが、ありました。
2016年06月11日 09:01撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
押手川。
本当に川なんてあるのかと思ってましたが、ありました。
押手川は編笠山山頂方面と青年小屋方面への分岐点です。
2016年06月11日 09:02撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
押手川は編笠山山頂方面と青年小屋方面への分岐点です。
山頂方面へ進みます。
ここからはどんどん標高を上げていきます。
2016年06月11日 09:19撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面へ進みます。
ここからはどんどん標高を上げていきます。
イワカガミ。
2016年06月11日 09:42撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
1
雲の上に出ました。
2016年06月11日 09:43撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の上に出ました。
富士山もなんとか見えてます。
2016年06月11日 09:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もなんとか見えてます。
岩だらけになった登山道を直登します。
2016年06月11日 09:57撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩だらけになった登山道を直登します。
樹林帯を抜けるとすぐ山頂です。
2016年06月11日 10:22撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるとすぐ山頂です。
ガスが上がってくる前になんとか山頂に到着しました。
2016年06月11日 10:26撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが上がってくる前になんとか山頂に到着しました。
3
これから向かう権現岳がよく見えます。
2016年06月11日 10:46撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう権現岳がよく見えます。
1
青年小屋へ一旦下ります。
2016年06月11日 10:55撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋へ一旦下ります。
なかなか険しい感じです。
2016年06月11日 10:55撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか険しい感じです。
青年小屋までは岩の上を歩いていきます。
下りは良いですが登りは大変そうです。
2016年06月11日 11:07撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋までは岩の上を歩いていきます。
下りは良いですが登りは大変そうです。
青年小屋に到着。
本当に赤ちょうちんがありました。
2016年06月11日 11:15撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋に到着。
本当に赤ちょうちんがありました。
権現岳へ向かいます。
ここからは一気に登山者が少なくなります。
2016年06月11日 11:35撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳へ向かいます。
ここからは一気に登山者が少なくなります。
編笠山。
2016年06月11日 11:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山。
あの平らな山頂は蓼科山でしょうか。
2016年06月11日 11:53撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの平らな山頂は蓼科山でしょうか。
どこを歩くのか、という感じです。
2016年06月11日 11:53撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこを歩くのか、という感じです。
のろし場に到着。
2016年06月11日 11:56撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場に到着。
ミツバオウレンかな。
2016年06月11日 12:01撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレンかな。
1
なかなかスリルがあります。
2016年06月11日 12:01撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかスリルがあります。
ミヤマキンバイ。
2016年06月11日 12:10撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
1
ザレた斜面を登っていきます。
2016年06月11日 12:10撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた斜面を登っていきます。
のろし場方面を振り返る。
実際に取り付いてしまえばそれほど怖くないです。
2016年06月11日 12:11撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場方面を振り返る。
実際に取り付いてしまえばそれほど怖くないです。
ギボシのトラバース道へ向かいます。
この辺でガスに追いつかれました。
2016年06月11日 12:23撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシのトラバース道へ向かいます。
この辺でガスに追いつかれました。
トラバース道。
鎖もあるし、足場もしっかりしているので難しくはないです。
2016年06月11日 12:31撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道。
鎖もあるし、足場もしっかりしているので難しくはないです。
権現小屋が見えました。
2016年06月11日 12:35撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現小屋が見えました。
1
ギボシのてっぺん。
踏み跡がありましたが行く人もいるんでしょうか。
2016年06月11日 12:42撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギボシのてっぺん。
踏み跡がありましたが行く人もいるんでしょうか。
稜線を辿って権現小屋へ向かいます。
2016年06月11日 12:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を辿って権現小屋へ向かいます。
キレット方面。
2016年06月11日 12:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット方面。
1
ハクサンイチゲ。
2016年06月11日 12:46撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
1
ハクサンイチゲの蕾?
2016年06月11日 12:46撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲの蕾?
1
権現小屋に到着。
大休止を取りました。
2016年06月11日 12:49撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現小屋に到着。
大休止を取りました。
なかなか楽しい道でした。
2016年06月11日 13:12撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか楽しい道でした。
1
阿弥陀岳。
2016年06月11日 13:19撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳。
1
山頂へ向かいます。
2016年06月11日 13:19撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ向かいます。
権現岳の山頂には剣がありました。
あと狭いです。
2016年06月11日 13:30撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の山頂には剣がありました。
あと狭いです。
1
おそらくあの尾根を下って行くのだと思われます。
2016年06月11日 13:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらくあの尾根を下って行くのだと思われます。
三ツ頭手前から権現岳。
2016年06月11日 13:52撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭手前から権現岳。
権現岳の岩場を通過すると格段に長閑な道になります。
2016年06月11日 13:59撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の岩場を通過すると格段に長閑な道になります。
三ツ頭。
2016年06月11日 14:15撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ツ頭。
1
前三ツ頭の分岐。
木戸口公園の方へ進みます。
2016年06月11日 14:20撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前三ツ頭の分岐。
木戸口公園の方へ進みます。
樹林帯を下ります。
2016年06月11日 14:32撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を下ります。
日当たりの良い所はとても暑い。
2016年06月11日 14:40撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの良い所はとても暑い。
一瞬だけ権現岳が見えました。
2016年06月11日 14:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬だけ権現岳が見えました。
編笠山と青年小屋。
2016年06月11日 14:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山と青年小屋。
木戸口公園に到着。
2016年06月11日 14:59撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木戸口公園に到着。
ヘリポート跡。
開けてます。
2016年06月11日 15:08撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート跡。
開けてます。
みんなまっすぐに育ってます。
2016年06月11日 15:44撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなまっすぐに育ってます。
水場がありましたが、余裕があったので素通り。
2016年06月11日 15:54撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場がありましたが、余裕があったので素通り。
八ヶ岳横断歩道に出ました。
2016年06月11日 16:05撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道に出ました。
観音平へ向かいます。
歩きやすい。
2016年06月11日 16:06撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平へ向かいます。
歩きやすい。
ズミ?
2016年06月11日 16:21撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズミ?
1
松ぼっくり的な何か。
2016年06月11日 16:33撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ぼっくり的な何か。
八ヶ岳横断歩道の入り口です。
2016年06月11日 16:36撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道の入り口です。
歩道入り口からちょっと歩けば観音平でした。
2016年06月11日 16:37撮影 by SLT-A37, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩道入り口からちょっと歩けば観音平でした。
撮影機材:

感想/記録

赤岳の南にある編笠山と権現岳に登ってきました。

今回の登山は夏に向けて体の具合を確認することを目的としていて、
 ・標高差1000m以上
 ・行動時間が10時間程度
という2つの課題を設定して計画を立てました。

編笠山は遠くから見るとなだらかな山容ですが、実際に登ってみるとなかなかしんどいです。
序盤こそ傾斜もゆるく道もしっかりしていて気持ちよく歩けましたが、
押手川の分岐から山頂までは一気に標高を上げるので息が切れました。

ギボシに取り付いた辺りは足元がザレていて石を落とさないように少し神経を使います。
トラバースする辺りは鎖があるので難しくありませんでした。

体の具合の方ですが、
下山中に去年怪我した膝に痛みが出たくらいで、特に問題なく歩くことができました。
膝も多少腫れましたが治療の必要もないようなので、今年の夏もアルプスに行けそうです。
訪問者数:307人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ