ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894844 全員に公開 ハイキング中央アルプス

空木岳 日帰り登山

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー yorktown
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
6/10 金曜日
18:30 名古屋の自宅を出発 東名高速道路 名古屋ICから中央道へ
20:50 駒ケ岳SA到着 車中泊
6/11 土曜日
3:40 駒ケ岳SA出発駒ケ根ICで高速道路を降りる。(2,510円)
駒ヶ根ICで下車後、目の前の信号を右折し駒ヶ根高原へ向かい、切石公園から駒ヶ根高原スキー場方面へ左に入る。スキー場を過ぎてすぐに古城公園・磐田の森方面の看板があるので右に入る。
公園に手前の橋を渡ってすぐに右に入り古城公園となる。公園を過ぎると舗装された林道を道なりにどんどん進み途中から未舗装路となり道も荒れているので車高の低い車は注意が必要です。
駒ヶ根ICから登山口までの距離は約10Km 時間は約30分掛かります。
林道終点は15台ほどの駐車スペースがあります。
4:30 林道終点に到着ほぼ満車の状態。

※下山後、車の後輪タイヤがパンクしておりスペアタイヤに付け替えおっかなびっくりに麓まで降りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間34分
休憩
1時間25分
合計
8時間59分
S空木岳登山口駐車スペース04:1804:23林道終点04:2404:47タカウチ場(池山分岐)04:4805:19池山尾根水場05:2005:44尻無05:54マセキ平05:5506:33大地獄06:3406:37小地獄06:3806:50ヨナ沢ノ頭06:5107:30空木平カール分岐点07:4007:54空木岳避難小屋07:5508:16空木平カール08:38駒峰ヒュッテ08:3908:52空木岳09:3709:44駒峰ヒュッテ10:00駒石(駒石山)10:1510:37空木平カール分岐点11:07ヨナ沢ノ頭11:0811:22小地獄11:26大地獄11:59マセキ平12:0012:07尻無12:0812:26池山尾根水場12:2812:53タカウチ場(池山分岐)12:5413:12空木岳登山口駐車スペース13:17林道終点13:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準CTは、登りの6時間の所、今回は4時間20分
降り5時間の所、今回は3時間15分でした。
コース状況/
危険箇所等
‥仍蓋ータカウチ場ー池山小屋 ハイキングコース(遊歩道)のような感じ道も良く整備されていて安心して歩けます。

池山小屋―マセナギ よく整備された登山道危険個所は有りません。

B臙蝋ー小地獄ー迷尾根―ヨナ沢の頭 この池山尾根登山道の核心部分。
鎖場、はしご場の連続で切れ立った場所も多数あって注意が必要な部分。

ざ木平避難小屋―駒峰ヒュッテ 残雪が有り登山道が隠れた個所が有ります。
雪上歩きで軽アイゼンが有ると便利です。踏み抜き多し。

ザ霾ヒュッテー山頂 階段でよく整備されています。

Χ霾ヒュッテ―駒石ルート 整備されていて危険個所は有りません。眺望が楽しめる登山道です。
その他周辺情報露天こぶしの湯 610円
露天風呂・内湯・サウナ・水風呂があって露天風呂からは、南アルプスの眺望が楽しめます。水風呂はキンキンに冷えていて登山後の足のアイシングにピッタリ。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 登山道には虫が多く防虫ネットを持って行けば良かったです。

写真

林道終点駐車場は午前4時過ぎにも拘らず既に満車。
ギリギリとめる事が出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点駐車場は午前4時過ぎにも拘らず既に満車。
ギリギリとめる事が出来ました。
2
路肩駐車抑制の注意書看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路肩駐車抑制の注意書看板。
1
駐車場横に登山口が有ります。登山ポストもこの場所。
自分は、ネットで提出済です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場横に登山口が有ります。登山ポストもこの場所。
自分は、ネットで提出済です。
1
この登山道は至る所に案内看板が有って安心して進めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登山道は至る所に案内看板が有って安心して進めます。
日の出!朝日がまぶしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出!朝日がまぶしいです。
水場。姿は見えませんでしたが蛙がゲコゲコ鳴いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。姿は見えませんでしたが蛙がゲコゲコ鳴いていました。
1
グリーン絨毯が見事です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グリーン絨毯が見事です。
1
はしご場も有ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はしご場も有ります。
マセナギ辺りは、穏やかな登山道が続き歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マセナギ辺りは、穏やかな登山道が続き歩きやすいです。
ここからが厳しい登山道に豹変します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが厳しい登山道に豹変します。
重太郎新道もビックリの難所の連続。
慎重に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道もビックリの難所の連続。
慎重に進みます。
1
南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
1
木曽駒ヶ岳・宝剣岳も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳・宝剣岳も見えます。
1
仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳が見えました。
3
登山道は、階段とかしっかり良く整備されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は、階段とかしっかり良く整備されています。
1
やっと空木岳が見えました。
長かった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと空木岳が見えました。
長かった!
1
雪が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が残っています。
空木平避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木平避難小屋。
中はかなり綺麗です。窓も有って寝袋とかも置いて有りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はかなり綺麗です。窓も有って寝袋とかも置いて有りました。
1
外にあるトイレ。トイレットペーパー・流し用の水完備。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外にあるトイレ。トイレットペーパー・流し用の水完備。
まさかの雪渓。
登山道が隠れていて、この雪渓を直登します。
アイゼンを持っていなかったので人の足跡をたどって1歩1歩慎重に登りますが途中で踏み抜き頻発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさかの雪渓。
登山道が隠れていて、この雪渓を直登します。
アイゼンを持っていなかったので人の足跡をたどって1歩1歩慎重に登りますが途中で踏み抜き頻発。
2
駒峰ヒュッテ。営業前です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒峰ヒュッテ。営業前です。
ヒュッテから山頂を望みます。
山頂は近いですが、空気が薄いからかヒュッテから山頂区間が一番しんどかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテから山頂を望みます。
山頂は近いですが、空気が薄いからかヒュッテから山頂区間が一番しんどかったです。
3
山頂にある案内看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にある案内看板。
1
ガスの中、木曽駒ヶ岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中、木曽駒ヶ岳方面。
2
北岳の横には富士山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の横には富士山が見えます。
4
ヒュッテが小さく見せます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテが小さく見せます。
中央アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
北アルプスが見えると聞いたのでよく目を凝らしてみると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスが見えると聞いたのでよく目を凝らしてみると。
槍ヶ岳の穂先が見えました。
2016年06月11日 09:09撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳の穂先が見えました。
1
北岳の横には富士山が見えます。
2016年06月11日 08:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の横には富士山が見えます。
3
ヒュッテ方面の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ方面の登山道
1
南駒ケ岳訪問の縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ケ岳訪問の縦走路。
2
岩場を登ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登ってみます。
岩場の上に立つと寒いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の上に立つと寒いです。
雲が取れてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れてきました。
飛行機が近い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛行機が近い!
2
雲が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が出てきました。
次回は行ってみよう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回は行ってみよう!
2
ガスってきたので下山する事にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきたので下山する事にします。
何でこんな場所にこんな岩がって言う個所が多数あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何でこんな場所にこんな岩がって言う個所が多数あります。
1
こんな所にも!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所にも!
1
山頂を見上げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を見上げます。
駒石
人が昇る事も出来ます。
石の大きさが分かります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒石
人が昇る事も出来ます。
石の大きさが分かります!
3
駒石横で昼食タイム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒石横で昼食タイム。
1
下山後に駐車場で発見した池山案内板。
登山前には気が付きませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後に駐車場で発見した池山案内板。
登山前には気が付きませんでした。
1
下山後は、露天こぶしの湯でサッパリ。
この日の山行の締めくくりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は、露天こぶしの湯でサッパリ。
この日の山行の締めくくりです。
1
撮影機材:

感想/記録

木曽山脈の最高峰空木岳。
以前から気になっていた山ですが、今の時期、北アルプスには雪が残っていて行けないので、この山に登る事にしました。
池山尾根登山道の標準コースタイムが11時間と長丁場なので早朝に登山開始するために近くで前泊することに決めて駒ケ岳SAで前泊しました。
トラックが多く、照明も明るく熟睡できませんでしたが3時前に起きて登山口に向かいます。駐車場は、ほぼ満車。他府県ナンバーが目立ちます。
登山道は良く整備されていて、バリエーションルートも多数あって道を変えながら登山が楽しめます。
但し眺望が楽しめるようになるのは最後の方で、道中ほとんど眺望がきかない林の中を延々と進みます。
そしてまさかの雪渓登り。何度も滑りながら登りましたが雪渓区間長かったです。

それと登山道に虫がいっぱい!飛んでいます。
身体にまとわりついてくるので防虫ネット持って行った方が良いです。
昼に食べたラーメンの中にも何匹も入ってきました。

下山後に車がパンクしておりを自分でスペアタイヤに交換して麓まで降りガソリンスタンドでパンク修理。登山後疲れ切った身体、一時はどうなるかと途方にくれました。

登山道でキヤノンのデジカメIXYを拾いました。
露で、びしょ濡れでしたが電源は入りました。
6月7日の写真が保存されていたので4日間放置されていたようです。
交番に届けましたので、お心当たりの人はメッセージ下さい!
詳細お伝えします。
訪問者数:541人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ