ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894906 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

楓沢苔の洞門散策

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー bigbang
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間23分
休憩
3分
合計
3時間26分
Sスタート地点13:2414:37楓沢15:59楓沢16:0216:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
入口の紋別橋付近には駐車スペースがないので離れたところに駐車。苔の洞門の連続でわくわくしながら散策を楽しめます。どんなルートなのか下調べで往復しましたが、基本は楓沢に沿って歩き、通れない個所を迂回路で巻くルートです。難しい個所もないので隠れた名所になるのは間違いない。
コース状況/
危険箇所等
神秘的な苔の洞門の世界/迂回路のピンクテープを見失わないこと
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

支笏湖国道横の散策路の橋には楓沢の銘があった。
2016年06月11日 13:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖国道横の散策路の橋には楓沢の銘があった。
国道の入り口は、この紋別橋。
2016年06月11日 13:32撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道の入り口は、この紋別橋。
15分ほど歩くと苔の洞門の始まり。
2016年06月11日 13:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほど歩くと苔の洞門の始まり。
だんだん深くなる。ひんやりした風が通り抜ける。
2016年06月11日 13:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん深くなる。ひんやりした風が通り抜ける。
倒木が道を塞いる個所があるが問題なし。
2016年06月11日 13:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が道を塞いる個所があるが問題なし。
両岸、垂直に切り立った苔の崖。
2016年06月11日 13:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両岸、垂直に切り立った苔の崖。
1
ファンタスティックな道が続く。
2016年06月11日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ファンタスティックな道が続く。
2
踏み跡に沿ってくるとこの大きな洞窟に至るが、迂回路はピンクテープに従い手前の左手の沢側を登る。
2016年06月11日 14:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡に沿ってくるとこの大きな洞窟に至るが、迂回路はピンクテープに従い手前の左手の沢側を登る。
ここからは切り立っていて登れない。
2016年06月11日 14:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは切り立っていて登れない。
1
左手の迂回路で始めテープを見落として左手の沢筋を行ってしまったが行き止まりで、引き返しテープを見つけ、ロープが張ってある坂を登る。
2016年06月11日 14:25撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の迂回路で始めテープを見落として左手の沢筋を行ってしまったが行き止まりで、引き返しテープを見つけ、ロープが張ってある坂を登る。
再び洞門に戻る。
2016年06月11日 14:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び洞門に戻る。
1
苔で覆われている洞門内を進む。一体、どこまで続くのか?
2016年06月11日 14:35撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔で覆われている洞門内を進む。一体、どこまで続くのか?
1
良く投稿されている流木を利用した段差乗り越え個所。ロープで縛られ、ハーケンも打たれていた。
2016年06月11日 14:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く投稿されている流木を利用した段差乗り越え個所。ロープで縛られ、ハーケンも打たれていた。
2
迂回路からここに出るが、この下は狭い垂直の断崖で通れない。
2016年06月11日 14:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路からここに出るが、この下は狭い垂直の断崖で通れない。
明るい沢筋の道を歩く。
2016年06月11日 14:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい沢筋の道を歩く。
このままと思いきや岩がごろごろ、先は断崖。迂回路のピンクテープに従う。
2016年06月11日 14:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このままと思いきや岩がごろごろ、先は断崖。迂回路のピンクテープに従う。
迂回路は踏み跡もはっきりし、要所にピンクテープがある。
2016年06月11日 14:53撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路は踏み跡もはっきりし、要所にピンクテープがある。
この雰囲気、いいですね。
2016年06月11日 15:21撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雰囲気、いいですね。
まだまだ続いているが時間切れで引き返す。
2016年06月11日 15:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続いているが時間切れで引き返す。
2
撮影機材:

感想/記録

支笏湖観光の名所の苔の洞門が閉鎖されて残念な思いをしていましたが、ヤマレコの投稿写真から一度行ってみたいと思っていました。苔の洞門に劣らないくらい素晴らしい苔の連続で、自然の神秘に触れられるアドベンチャーワールドのルートでした。結構、歩いている人も多く、要所にはピンクテープが付けられており、迷うことはないと思います。下り時は見落としやすいので要注意です。
訪問者数:282人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/11/2
投稿数: 11
2016/6/13 12:39
 楓沢、ニアミスでした〜!(^^)!
bigbangさん、はじめまして!

11日、自分も楓沢に行っていました〜!
良いところですよね〜、感動しました。

車に戻られる登山の方を見かけましたが、時間帯的にbigbangさんのような気がします。
登録日: 2015/8/12
投稿数: 3
2016/6/13 18:13
 Re: 楓沢、ニアミスでした〜!(^^)!
コメント、ありがとうございます。
出かけるのが遅かったのと、駐車スペースを探していて遅くなってしまいました。コースタイムによると1時間くらい前を先行していたのですね!なかなか他では見られない光景、雰囲気ですよね。風不死岳はいろいろな顔のある山ですね。いつかどこかで会えるかも知れませんね。怪我や健康に気をつけてこれからも山歩きを楽しみましょう。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

倒木 ハーケン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ