ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894970 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

富士山(吉田口)

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー SHIMAYAN
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の茶屋手前のスペースに駐車
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
0分
合計
7時間10分
S中の茶屋06:5014:00中の茶屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:55 中の茶屋 7:20 馬返し 8:22 五合目佐藤小屋 9:04 七合目花小屋 9:55 八合目白雲荘 10:41 九合目鳥居 11:01 山頂(久須志神社)11:42 12:46須走口六合目長田山荘 13:19 吉田口六合目 13:53 馬返し 14:09 中の茶屋
コース状況/
危険箇所等
9合目より上は一部残雪あり。
下りもツボ足でいけば滑り止め&ストックなしで通行可能。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

浅間神社方面から車で中の茶屋へ。
2016年06月11日 06:32撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社方面から車で中の茶屋へ。
中の茶屋手前の駐車スペース。
2016年06月11日 06:53撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の茶屋手前の駐車スペース。
このあたりたまに熊出没ブログにも情報出てくるエリアです。
2016年06月11日 06:54撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりたまに熊出没ブログにも情報出てくるエリアです。
馬返しに向かって上りアスファルトをRUN。
レース中で一番辛い区間です。
2016年06月11日 07:00撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返しに向かって上りアスファルトをRUN。
レース中で一番辛い区間です。
馬返し到着。
2016年06月11日 07:22撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返し到着。
安全祈願して山に突入。
2016年06月11日 07:23撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全祈願して山に突入。
こんな感じのハザードが多数。
2016年06月11日 07:26撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じのハザードが多数。
新緑が鮮やか! 徐々に斜度がきつくなります。
2016年06月11日 07:34撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が鮮やか! 徐々に斜度がきつくなります。
階段も所々。 下りは杭があって歩きにくいです。
2016年06月11日 07:36撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も所々。 下りは杭があって歩きにくいです。
昔の山岳信仰の雰囲気が至る所に見られます。
スバルラインで五合目スタートでは味わえない雰囲気。
2016年06月11日 07:43撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の山岳信仰の雰囲気が至る所に見られます。
スバルラインで五合目スタートでは味わえない雰囲気。
スバルライン開通後 このルートの人数が減り廃業した山小屋の残骸がいくつもあります。
2016年06月11日 07:52撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スバルライン開通後 このルートの人数が減り廃業した山小屋の残骸がいくつもあります。
樅?の新芽が鮮やか。
2016年06月11日 07:54撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樅?の新芽が鮮やか。
所々倒木ありますが、通行には影響なし。
2016年06月11日 08:16撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々倒木ありますが、通行には影響なし。
五合目の手前でガスの中に突入。
2016年06月11日 08:18撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目の手前でガスの中に突入。
ようやく佐藤小屋到着。 
ここから先は砂礫と岩のステージ。
2016年06月11日 08:23撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく佐藤小屋到着。 
ここから先は砂礫と岩のステージ。
6合目山岳指導センターから山頂方向を望む。
ガスの中からジグザグルートと山小屋群が見えてきました。
2016年06月11日 08:37撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目山岳指導センターから山頂方向を望む。
ガスの中からジグザグルートと山小屋群が見えてきました。
7合目まではひたすらこれの繰り返し。
2016年06月11日 08:44撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目まではひたすらこれの繰り返し。
これも富士山ならではの雄大な光景。
2016年06月11日 08:51撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも富士山ならではの雄大な光景。
高度を上げ、ガスの上に出てきました。
2016年06月11日 08:55撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げ、ガスの上に出てきました。
7合目手前から岩場スタート。
2016年06月11日 09:22撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目手前から岩場スタート。
いつもこの辺りから脹脛がつり始めます。
本日も左右ともつりました。
2016年06月11日 09:37撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもこの辺りから脹脛がつり始めます。
本日も左右ともつりました。
岩石帯を抜け8合目付近。
2016年06月11日 09:45撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩石帯を抜け8合目付近。
天気は最高。 雲海が広がって眼下の景色はあまりよく見えません。
2016年06月11日 09:58撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は最高。 雲海が広がって眼下の景色はあまりよく見えません。
このあたりから登山道脇にも雪渓が現れます。
2016年06月11日 10:06撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから登山道脇にも雪渓が現れます。
9合目鳥居が近づいてきました。
高山病の兆候もなく順調。
2016年06月11日 10:35撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目鳥居が近づいてきました。
高山病の兆候もなく順調。
9合目鳥居の先から腐った雪の上を通過します。
下りは少し怖いですが、ゴムアイゼン装着まではせずクリア出来ました。
2016年06月11日 10:50撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目鳥居の先から腐った雪の上を通過します。
下りは少し怖いですが、ゴムアイゼン装着まではせずクリア出来ました。
いよいよゴール。
2016年06月11日 11:02撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよゴール。
到着!
2016年06月11日 11:03撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!
剣が峰周辺はまだ雪があったので今回はパス。
2016年06月11日 11:11撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰周辺はまだ雪があったので今回はパス。
雲海の上。 最高の気分。
2016年06月11日 11:18撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の上。 最高の気分。
下山道の雪かきも進んでます。
2016年06月11日 11:59撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道の雪かきも進んでます。
途中で須走口に向かって下っていることに気付く。。。
2016年06月11日 12:17撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で須走口に向かって下っていることに気付く。。。
須走口6合目長田山荘より吉田口へトラバースするルートを選択。
2016年06月11日 12:36撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口6合目長田山荘より吉田口へトラバースするルートを選択。
この道を辿ります。
2016年06月11日 12:40撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道を辿ります。
気持の良いトラバースルート!
2016年06月11日 12:41撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持の良いトラバースルート!
所々溶岩流を横切ります。
2016年06月11日 12:49撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々溶岩流を横切ります。
芸術品!
2016年06月11日 12:52撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芸術品!
山中湖と忍野付近を望む。
灌木帯と溶岩の砂礫帯が交互に展開されます。
2016年06月11日 12:55撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖と忍野付近を望む。
灌木帯と溶岩の砂礫帯が交互に展開されます。
砂礫帯の高山植物に癒されます。
2016年06月11日 12:57撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫帯の高山植物に癒されます。
カンバ帯。
雪の重みによる伏状更新の枝ぶりがお見事。
2016年06月11日 13:00撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カンバ帯。
雪の重みによる伏状更新の枝ぶりがお見事。
結果的に楽しいトラバースルートでしたが、ガスがかかるなどコンデイション悪かった時を考えると、やはりルートミスは絶対避けないと不味いですね。
2016年06月11日 13:00撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結果的に楽しいトラバースルートでしたが、ガスがかかるなどコンデイション悪かった時を考えると、やはりルートミスは絶対避けないと不味いですね。
ようやく吉田口ルートの匂いがしてきました。
2016年06月11日 13:03撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく吉田口ルートの匂いがしてきました。
無事に吉田口6合目へ到着。
2016年06月11日 13:14撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に吉田口6合目へ到着。
無事下山!
2016年06月11日 14:58撮影 by DMC-FT5, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山!

感想/記録

快晴 ほぼ無風の絶好のコンディション。
長袖ウェアでしたが、山頂でもシェルを着ることなく過ごせました。
下山時に須走口分岐は過ぎ吉田ルートの下山ルートと勘違いして走り出し、途中で何か変だぞと思い地図などで状況確認して須走口へ下っていることに気付く。
6合目長田山荘から吉田口へトラバースするルートを辿り事なきを得るが、視界が悪かった時を考えるとこのようなミスはあってはならないと痛感。

2年ぶりの富士山だったので高山病を気にしながらレースペースより落として上る。
高度順化は思ったより良く山頂滞在40分の間も頭痛などはなし。
今日のタイムを除けば、登山競争本番に向けて良い感じ。
訪問者数:199人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ