ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894998 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳 3度目の八ヶ岳200名山

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー yoichi_ueda, その他メンバー9人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・上信越自動車道の東部湯の丸インターからもおよそ2時間で唐沢鉱泉につきます。
・唐沢鉱泉手前は未舗装路ですが、普通車でも唐沢鉱泉下の無料駐車場(20台程度)まで行く事ができます。ただ7時到着時点で路駐でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間12分
合計
8時間2分
S天狗岳登山口駐車場07:0507:08唐沢鉱泉07:1007:57唐沢鉱泉分岐08:0209:03第一展望台09:31第二展望台09:3210:16天狗岳10:2510:46東天狗岳11:2311:31天狗の鼻11:3312:35中山峠12:3612:41黒百合ヒュッテ12:5113:52渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐14:57唐沢鉱泉15:0215:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・整備された登山道で危険個所はありません。
・登山ポストは唐沢鉱泉にあります。
その他周辺情報・登山口にある唐沢鉱泉は日帰り入浴(700円)が可能です。
・洗い場3つ、浴槽は2つ。内一つはサウナようでしょうか温度は低めです。
(男女同じような作りのようです)
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

唐沢鉱泉から反時計回りで登ります。出発後早くも八ヶ岳の雰囲気が満載です。
2016年06月11日 07:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉から反時計回りで登ります。出発後早くも八ヶ岳の雰囲気が満載です。
木の根が網の目のようです。
2016年06月11日 08:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根が網の目のようです。
第一展望に到着。青空見れた!
2016年06月11日 08:56撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望に到着。青空見れた!
30分後、第二展望に到着。赤岳と阿弥陀がその存在感は圧巻です。
2016年06月11日 09:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分後、第二展望に到着。赤岳と阿弥陀がその存在感は圧巻です。
1
正面はこれから登る西天狗。
2016年06月11日 09:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面はこれから登る西天狗。
1
西尾根のハイライトです。でも決して難しくありません。
2016年06月11日 09:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根のハイライトです。でも決して難しくありません。
だいぶ登ってきました。左の尾根を登ってきました。
2016年06月11日 10:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。左の尾根を登ってきました。
西天狗山頂に到着。
2016年06月11日 10:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗山頂に到着。
さあ、東天狗にお昼を食べに向かいましょう。
2016年06月11日 10:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、東天狗にお昼を食べに向かいましょう。
西天狗と違い、東天狗は岩山の装いで男性的。
2016年06月11日 10:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗と違い、東天狗は岩山の装いで男性的。
2
通過してきた西天狗は女性的な印象です。
2016年06月11日 10:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通過してきた西天狗は女性的な印象です。
1
東天狗に登頂。ここでお昼にします。
2016年06月11日 10:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗に登頂。ここでお昼にします。
東天狗から下山中。天狗の奥庭と中山峠の分岐点。
2016年06月11日 11:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗から下山中。天狗の奥庭と中山峠の分岐点。
天狗の奥庭の先には百名山の蓼科山。遠望は今日はお預け。
2016年06月11日 11:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭の先には百名山の蓼科山。遠望は今日はお預け。
ぐんぐん高度を下げ、もうすぐ中山峠です。
2016年06月11日 12:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐんぐん高度を下げ、もうすぐ中山峠です。
左に行けば5分で黒百合ヒュッテ、右に下れば1時間20分でしらびそ小屋。左に行きます。
2016年06月11日 12:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に行けば5分で黒百合ヒュッテ、右に下れば1時間20分でしらびそ小屋。左に行きます。
平らな木道は歩きやすいです。
2016年06月11日 12:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな木道は歩きやすいです。
黒百合ヒュッテでトイレをお借りしました。200円協力お願いします。
2016年06月11日 12:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテでトイレをお借りしました。200円協力お願いします。
黒百合ヒュッテから約2時間かけてゆっくり下山します。
2016年06月11日 13:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテから約2時間かけてゆっくり下山します。
渋の湯との分岐。標識をよくみて唐沢鉱泉へ。
2016年06月11日 13:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋の湯との分岐。標識をよくみて唐沢鉱泉へ。
自然が作り出したハートマーク。
2016年06月11日 14:03撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然が作り出したハートマーク。
1
この橋を渡ればまもなく周回完結です。
2016年06月11日 14:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋を渡ればまもなく周回完結です。
唐沢鉱泉の源泉。苔と水面の色彩が美しい。
2016年06月11日 14:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の源泉。苔と水面の色彩が美しい。
到着!さあ、温泉に入るぞ。
2016年06月11日 14:56撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着!さあ、温泉に入るぞ。
撮影機材:

感想/記録

今回で3度目となった天狗岳。

この一週間、会社の仲間10人で登るという事と、とうとう梅雨に入ってしまったという事が重なり、天気図とにらめっこの日々を送ってきました。

幸い週末の天気は晴れマーク、雲の量が少し多いのが気に掛りましたがみんなで天狗岳に行く事にしました。

参加したメンバーは、本格的な登山経験がないメンバーが大半。そのため、事前に地元の独鈷山で足慣らしをする準備も行いました。

天狗岳へは西尾根経由で登り、黒百合平経由で下山する反時計回りのルートを選択しました。

このルートは西尾根に出るまでは遠望は望めませんが、八ヶ岳の象徴と言っていい苔を楽しみながらむ登る言ができるお勧めのルートです。

そして、天狗岳への最短ルートで体力的にも楽だと思います。

今回の山行は、梅雨の晴れ間に恵まれ、唐沢鉱泉の温泉にも入れ最高の気分転換になりました。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ